THE BARQUE OF DANTE







"Final Victory"




中国出身のメロスピ、クサメタルバンドの1stアルバム。


少林寺等の中国武術カンフー映画等で一目置かれつつも、最近はやれパクリだの
海賊品だのだの公害だので世界に悪名を轟かせている感のあるかの大国から
ついにメロスピ、クサメタルバンドが姿を現した!国柄的にパンク、ハードコア系は
アンダーグラウンドで多々いそう
なイメージがあってこういったクサメタルは
実に意外
なんだが、ごく一部のマニアの間で本作は局地的に話題になっており、
その音楽性たるやキラキラ系のシンセフィメールVoクワイア等を導入し
クサく疾走する本格的なB級メロスピで、音質、ヴォーカル、演奏はB級らしく
非常に稚拙
なんだがクサさはしかとあるぞ!

1曲目は波のSEストリングスシンセバグパイプの音色が顔を出し、穏やかな
笛の音色
いかにも向こうっぽいイントロで続く2曲目は例によって音質こそ
スカスカ
なれどやけに東方っぽい(爆)クサめのリードギターと共に疾走開始!
ヴォーカルはいきなりフィメールVo交じりのクワイアで、これまた例によって
線は細くいかにもB級クサメタル
リズム感も怪しいんだが(爆)クサメロを
歌い上げB級クサメタラーにはご馳走だろう!
ギターもモタり気味の上に
運指も実に拙い
ながら必死でピロピロしており微笑ましいな・・・(爆)。
3曲目はストリングスで幕を開け意外と正統派寄りのリフも登場、ヴォーカルは
やはりクワイアも混ざりクサさを放つが単独で歌うと実にヘナチョコだな・・・!
ギターはなかなかピロピロと頑張っているぞ!インストパートはギターとシンセの
ソロバトル
になるがバッキングギターが無いのがショボいのう・・・!4曲目は
ピアノ線の細いヴォーカル切々とした哀愁を放ち女性Voも顔を出すバラード。
女性Voのほうがずっと上手いなぁ・・・!(爆)
後半の生ヴァイオリンソロが良いぞ。
5曲目はノリの良いリズムでどこか正統派っぽいムードを醸し出すもAメロは
リフが無くなり淡々とした印象も見せるのう・・・!
後半は雰囲気が変わり
ちょいとダークになりいかにもシンセなショボさのある笛の音も顔を出すぞ。
6曲目はクサめのギターキラキラしたチェンバロ系シンセ様式美系のクサさ
放つが疾走はせず実にショボいヘナチョコデスVoも顔を出すのう・・・!サビでようやく疾走し
メロスピ然としたクサさ
を放つぞ!ネオクラシカルなギターソロ構築感があるな。
後半はシンセソロも顔を出しプログレメタル風のムードを放とうとしているが
この辺はまだまだアレンジ的に未熟冗長さを放つ要因になっちまっているわい・・・!
7曲目は民謡的なムード漂うシンセ牧歌的な空気を放ちバンドサウンドは無い
非常にクサいメロディーが聴けるフォーキッシュな曲。後半は盛り上がり
民謡ライクでありつつそのメロディーラインからは中華ムードが感じ取れるのう・・・!
そして8曲目は何とDRAGONFORCEの“My Spirit Will Go On”のカヴァーだ!当然の事ながら
全てにおいて本家には遠く及ばないストリングス系のアレンジもバックで顔を出しており
個性は出そうとしているだろうか!?全体的には原曲に忠実なカヴァーなんだが
逆に学園祭バンドっぽくもなっちまっているな・・・!(爆)


国柄を感じさせない、欧州辺りに多々いそうな本格的ヨーロピアンB級メロスピ、
クサメタル振りを見せており、
何も言われずに聴けばイタリア辺りのバンドだと
思ってしまう
ようなインターナショナル振りを見せ付けておる!歌詞も普通に
英語詩だしな・・・!
だがメロディーに関しては流石に国柄が出る部分なのか
一部のクサメロはどこか東方ライクなフレージングで、東方やNUMBER GIRL、
ASIAN KUNG-FU GENERATION
がいかに中華メロを取り入れて曲作りしているか
よく判るのう・・・!全てにおいて愛すべきB級クサメタル!かつて輸入盤漁りを
しまくっていた往年のクサメタラーが泣いて喜ぶバンドである!







満足度 79% お気に入り曲 Final Victory  Last Moment  Immortal King







もどる


inserted by FC2 system