ジ・アズキウォッシャーズ







"Inonci"




日本のオールドスクール・デスメタル・ポップバンドによる1stアルバム。


まだ正式にリリースはされていないが、バンド側からコンタクトを受け
このタイミングでレビューさせて頂く事になった1枚
である!
現代のジャパニーズメタルバンドで今最も勢いがあるのは言わずもがなの
エクストリームメタル勢
で、勿論正統派/メロパワ、メロスピ系も有望なバンドは
数多くおり、同人メタルヴィジュアルメタル勢一段落付いて来た感がある中、
第三の勢力とも言えそうなバンド勢がここ近年数多く排出されておる・・・!
極楽浄土Ailiph Doepa、キバオブアキバコミックバンドとはまた異なる
非シリアス系バンドがかなり目立っており、PHANTOM EXCALIVERをここに
カウントするかどうかは悩み所だが(笑)、
これら一連のサブカル色濃いバンドに
また一組有望株が現れた!
それが今ここに紹介するジ・アズキウォッシャーズである!
どうやら2回もUSツアーを慣行しているようで叩き上げの実力派である事が伺えるが、
その音楽性は“オールドスクール・デスメタル・ポップバンド”を自称している通り
かなりカオティックなんだが、所謂カオティックコアでは無くメロデス、メタルコア的な
要素
を見せたかと思えば急に正統派っぽくなったり歌謡曲クサくなったり、いい意味で
ダサくなったりと近代的サウンドとオールドスクールな古臭さを縦横無尽に融合しておる!
ちなみにVIGILANTEの大本浩史氏エンジニアとして名を連ねているぞ。

1曲目は早速のメタルコアなリフに始まるも、Voは弱めながらHM/HR風にハイトーン
歌おうとしておりエキゾチックなフレーズグロウル、ベースのスラップも登場!
ギターソロは歌謡曲、演歌的なメロディーだな・・・!2曲目は妙に爽やかなポップ感
醸し出すがグロウルも登場、中盤はまた怪しげなVoが聴け、ラストはファンク風の
スラップベース
で幕だ。3曲目も何やら牧歌的な雰囲気があるも、途中で疾走し
シンガロング
グロウルも聴け、途中ベンチャーズ的なサーフロック要素も見せ
その後はSLAYER的なスラッシュメタル化するぞ!4曲目も何やら軟弱ポップス風なんだが
歌謡ギターも登場、中盤はドゥームメタル的な重苦しさが見られつつも何故か中華風だな。
後半はCACOPHONYのような変態不協和音ギターが聴けるぞ!5曲目はメロコア風の青臭い
疾走感を放っているが、
途中からメタリックになり喚きデスVoも登場、6曲目はやけに穏やかな
空気
を見せるバラードだが、やはり途中から雰囲気が変わり爽やかさをキープしたまま
メタリックさを放ち、さらにグロウル等も登場!7曲目は歌謡曲的いい意味でダサい
ギターフレーズ
が聴けつつ泡のようなシンセも目立ち、J-POP的なユルめの
爽やかさ
も強いんだがギターソロは強引なシュレッドである!8曲目はモダンなヘヴィリフが聴けるも
クリーンVoが妙に爽やかミスマッチ感があるなぁ・・・!9曲目は怪しさ漂うギターに始まり
ドゥーミーなヘヴィさがあるも、やはりクリーンVoがソフト浮いている感があるか!?
歌謡曲的なメロディーグロウルも聴け、後半はデスメタル要素が見られるぞ。
10曲目は胡散臭いコーラスに始まり無骨なリズムが聴けるが、やはり穏やかさも目立っており
マイルドでソフトなポップス風ハードロックだろうか!?中盤は喚きシャウト
グロウル等も登場するのう・・・!


国産エクストリームメタルの影で暗躍するサブカルメタル勢にまた新たなバンドが
名乗りを上げた!まだまだ音は軽くヴォーカルもデス、クリーン共に非力さを感じさせるが
演奏は何気にタイト
でやっている事はかなり面白く、このまま洗練され説得力が身につけば
Ailiph Doepaとはまた異なる変態メタルとして開花するであろう・・・!まぁ現時点では曲展開が
まだまだこなれておらず、ただただ面白い要素を片っ端から繋ぎ合わせただけのような
印象もあるが、こういう変態要素を好むキワモノメタラーにはたまらんだろうな(笑)。
ユルめのJ-POP要素が強いのが個人的好みでは無く、それよりも
エクストリームメタル要素を増強して貰いたいのだがどうだろうか!?




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 77% お気に入り曲 ツタンカーメン風ふでばこ  瞰望岩







もどる


inserted by FC2 system