THE AMERICAN MOVIE







"Wear is"




日本のポップパンクバンドによる1stアルバム。


北九州で結成された若手5ピースバンドのデビューアルバムで、アメリカンポップスと
メロコア、ポップパンクの影響
を受けているらしく、音楽的にはそんな感じの明るく
キャッチーで青臭いポップパンク
となっているが、海外のこの手のバンドが何だかんだで
タイトな演奏、メロコアとしては上手いVoを聴かせてくれる
のに対し、彼等はどうにも
ヴォーカルが弱弱しくヘロヘロしており、声量も安定感も無く稚拙さが
目立っており
そこがかなり気になるのう・・・!

1曲目は早速の青臭さを感じさせるポップパンクで、ヴォーカルがかなりヘロヘロで
ヘタクソ
な上に途中でエフェクト頼りのシャウトも登場、2曲目は穏やかさもありつつ
ハードなバンドサウンドも聴け、Voがまた滅茶苦茶貧弱で埋もれておるなぁ・・・!
3曲目はメロコア的な疾走感を放つ、ポップパンクとしては珍しいファストチューン
4曲目は荒々しいギターが聴けつつ穏やかな青臭さが見られ、5曲目はクリーンギター
メインで、サビで盛り上がるよくあるバラード風。6曲目も穏やかでまったりした印象のある
ポップス色濃いミドル曲で、途中テンポアップもするぞ。7曲目もまた何か大人しく
淡々とした感じ
だな・・・!8曲目はアコギ弾き語りバラードで、9曲目は久々にハードな音作りで
軽快さを見せるポップパンク
となり、拙いながらタッピングも聴けるぞ。10曲目も軽快なアップテンポで
細かいギターもバックで顔を出し、11曲目はサビで盛り上がるクリーンギター弾き語りバラードだな。


特にこれと言った個性は無く、よくあるオーソドックスなミドルテンポ中心のポップパンクで、
演奏自体はそこまで問題は無いんだが、ヴォーカルがとにかく弱く不安定この手の
バンドの中でも相当に稚拙じゃのう・・・!
メロディー自体も大してフックは無く、
その上やけに穏やかで大人しい曲もアルバム中盤で目立っておりどうにも煮え切らず、
色々な意味でまだまだアマチュアの域から脱し切れていないのが欠点だな。
どうやら映画のサントラみたいな曲をやりたくて結成したらしいが、だったら
RHAPSODY OF FIREみたいなシンフォニックメタルやれや!
ツッコミたくなるのは俺がメタラーだからか!?(爆)まぁ演奏技術、Vo、作曲スキル
全てにおいて不可能
なのは目に見えているのだが・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 60% お気に入り曲 Call me when you fall down







もどる


inserted by FC2 system