THAUROROD







"Upon Haunted Battlefields"




フィンランド出身のシンフォニック/メロディックパワーメタルバンドによる1stアルバム。


AMBERIAN DAWNのメンバーが在籍しているらしいフィンランド産の新人バンドで、
音楽的にはシンセエピック的な勇壮さを持ったシンフォニックサウンドを披露し
ちょいとペイガン/ヴァイキング風味も感じさせるクサさを見せるメロパワで、
クオリティーは高く演奏もタイトに纏まっているのだが、いかんせんヴォーカルが
いかにもB級な野暮ったさ
があり好みが分かれるだろうなぁ・・・!

1曲目はシンセを配しつつ早速のパワフルな疾走感を見せ北欧らしさを演出、
ちょいとヴァイキングメタル的なフレーズも顔を出す硬派なメロパワとなるぞ!
サビは勇壮かつクサいコーラスで、ギターソロメロディアスだがそれなりに
テクニカルな面も感じさせてくれるだろうか!?後半は煌びやかなシンセエキゾチックな
ムードを放つぞ。
2曲目はちょい淡々とした印象もあるミドル〜アップテンポだが
ブラストも炸裂!メロディーはなかなかに優雅な印象もあるな・・・!中盤はまた
雰囲気が変わり語りと共にシンフォニックさを放ちデスVo、ブラスト、トレモロで
爆走するぞ!
3曲目は明るいキャッチーさのあるリードギターが顔を出しまるで
80年代メロハーのようなムードを放つミドル〜スロー曲だが、中盤で大仰さ満点の
ホーン
勇壮なシンフォニックさを演出するぞ!4曲目はアコギ、ヴォーカルが
落ち着きを見せるマイルドな出だし
からクサいギター、大仰なホーンが顔を出しその後は疾走開始!
キャッチーさ、叙情性を持ったメロパワ
となり哀愁も漂っているか!?ギターソロも流麗かつ
ドラマティック
じゃのう・・・!5曲目は大仰なギター、ホーンと共に早速の疾走感を放ち
ヴァイキングメタル北欧メロパワ美味しい所を掛け合わせたかのようなムードを放つ
キャッチーかつドラマティックなサウンドを聴かせてくれるぞ!後半では壮麗な
ストリングスシンセ、勇壮かつテクニカルなギターソロ
と共にブラストで爆走する!
6曲目はピアノ、アコギがどこか民謡ライクなムードを演出するも、その後は勢いある
バンドサウンド
が顔を出し疾走!淡々としたミドルパートを交えつつもこれまた
大仰で勇壮なホーン
も登場しギターソロもテクニカルな流麗さを見せておるわい!後半はピアノ
フィメールスキャット神秘的な美麗さを演出するぞ。7曲目はタイトでパワフルなリズム
北欧らしい冷気を纏ったシンセも登場、軽快なギターも顔を出すが基本は淡々とした
ミドルテンポ
だな。サビ付近はアップテンポで勢いを見せ、さらに大仰なストリングスシンセに加え
マイルドなピアノも顔を出すのう・・・!8曲目は美麗なピアノで幕を開けメロディアスなギターも登場し
その後は勇壮に疾走!一部でブラストも交えつつ優雅なメロディーラインも顔を出し
サビは大仰に爆走だ!9曲目は優雅かつ穏やかなストリングスシンセに加え
オーケストレーションシンフォニックに盛り上がる繋ぎで、10曲目はイントロから早速の
大仰で勇壮な盛り上がり
を見せるも、いきなりの疾走は無くまずは淡々としたムードを演出、
その後に改めて疾走するぞ!11曲目はピアノに始まり淡々とした穏やかな音作りになる
バラード系のマイルドな曲と見せかけて途中から勇壮に疾走開始!実に大仰な音作りブラストも交え
ドラマティックさ満点のメロパワチューンとなるぞ!そして中盤はまたしても曲調が変わり
今度はピアノ、笛民謡っぽさを演出しそしてノリの良いアップテンポになるぞ。
12、13曲目は日本盤ボーナスで、前者はJUDAS PRIESTの“Metal Gods”カヴァーとなっており
妙に爽やかで明るいアレンジになっており、後者は本作未収録曲のデモテイクでプロダクションは
軽い感じだが違和感は無くなかなかの疾走チューンとなっているぞ。


ヴォーカルだけがいかにもB級メタルなチープさを放っているが、それ以外は良質の
シンフォニック系メロパワ
となっており、大仰さ満点のホーンストリングスシンセ
勇壮さを演出しつつも北欧らしい冷気もしかと纏っており、時折ブラストビートも混ぜる
ドラム
意外なテクニカルさ、流麗さを見せるギターと新人ながらにクオリティーは高いぞ!
これでヴォーカルが音楽性に見合ったレベルであればさらに良くなっただろうなぁ・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 80% お気に入り曲 Warrior's Heart  Cursed In The Past  Scion Of Stars
Tales Of The End  Into The Realms Of Hidden Me







"Anteinferno"




フィンランド出身のシンフォニック/メロディックパワーメタルバンドによる2ndアルバム。


AMBERIAN DAWNの元メンバーを擁し、テクニカルかつ流麗なギターソロに加え北欧らしい
冷たさ、冷気を携えたシンセワーク
大仰なシンフォニックさを演出、それでいて
メロディーラインは部分的にペイガン/ヴァイキングメタル的な要素を備えた良質の
メロパワを聴かせてくれるバンドである!
本作は彼らの通算2作目のアルバムで、
音楽的には前作の流れをしかと踏襲した大仰かつ勇壮なシンフォニックメロパワとなっており、
さらに前作で評判の悪かったヴォーカル交代しておる!新たに加入したシンガーは
線の細いハイトーン系Voでまぁ正直前作とどっこいどっこいなんだが(爆)、それでも
野暮ったさは幾らか薄れただろうか!?

1曲目は優雅でメロウなピアノで幕を開けメロディアスなギターと共に疾走開始!
細さのあるハイトーンVo
も顔を出しサビは優雅さのあるコーラスが聴けるぞ。中盤はピアノに
壮麗なオーケストラ
優雅なクラシカルさを演出、その後はヴァイキングメタル寄りの
勇壮なフレーズ
も顔を出すのう・・・!2曲目はアップテンポキャッチーさと共に勇壮な
パワフルさを演出、
ヴォーカルは相当に女々しい感じ曲調にマッチしておらんのだが(爆)
楽曲自体は良いな。3曲目はちょいとシリアスな勇壮さを醸し出すアップテンポで、
ブラストと共に顔を出すギター、シンセのソロバトルも聴き所じゃのう!4曲目はエモーショナルな
リードギター
と共に淡々としたリズムで展開する落ち着きのあるミドル〜スロー曲。
5曲目は勇壮なギターで幕を開け勢い良く疾走する待ってましたのメロパワチューンだ!
ブラスト
と共に顔を出すキラキラ感満点のソロパートも熱く、その後もメロディアスで
エモーショナルな泣きのギターソロ
が続いていくぞ!6曲目はへヴィさのあるリズムクワイア
大仰なエピックさを醸し出す重厚なスロー曲。後半はピアノやアコギが叙情的な空気を演出するのう・・・。
7曲目は軽快なリズムキャッチーさを放つアップテンポ曲で、珍しくデジタル系の
シンセ
も顔を出し淡々とした部分もあるメロハー寄りの曲調になるぞ。こういう曲調のほうが
本作のヴォーカルはマッチしとるなぁ・・・!
だがサビはメロパワ色濃い疾走感を放つぞ!
ギターソロはネオクラシカルなスウィープを披露しておる!8曲目は10分ある大作で、まず語りで始まり
いかにもエピックメタルなムードを演出、その後は淡々とした音作りになりマイルド気味に
展開
するが次第にオーケストレーションが盛り上がり始めテンポアップ、ギターソロも
流麗かつドラマティックさがありストリングスの音色も実に厳かである!
9曲目はネオクラシカルなシュレッドギターと共に勢い良く爆走!まるでDRAGONFORCEのような
テンションの高さを見せており、ヴォーカルは相当に線が細いんだがクサさはあるのう・・・!
ギターソロ
も何気にメロディアスに構築されておりクサさを放っておる!10曲目はSEで幕を開け
その後は大仰さのあるギター、ホーン系オーケストレーションエピック風味を強烈に醸し出す
淡々としたミドル〜スローチューンである。


シンガーが交代したのは良いが、今度は線の細いハイトーン系で正直パワフルさのある
バンドサウンド
にはあまりマッチしておらず物足り無さが感じられるのう・・・!
まぁそれでも前任者よりは上手く、どちらかと言ったらメロハー系に向いたタイプの
ヴォーカル
なんで音楽性に不向きなだけだろうか!?やはりこういうパワーメタル系のバンドには
ラルフ・シーパーズのようなパワフルなヴォーカルじゃないとアカンな!
とは言え楽曲自体は前作の延長線上にある良質なシンフォメロパワである!
この手の音楽性が好きなら聴いて損の無い1枚だと言えよう!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 82% お気に入り曲 Planet X  Victor  Path







もどる


inserted by FC2 system