Studio φ







"Another dimension tour"




日本のゲームミュージックカヴァー/アレンジアルバム。


東方以外のアレンジ/カヴァーオリジナル等を様々な名義で多数手がけてきた
キャリアあるミュージシャンの最新アルバムで、猫も杓子もアレンジと言えば東方、東方
なっちまってもう大分経つが本作は久々のファイナルファンタジーアレンジだ!
しかもよくあるHM/HRではなく何とパンク、メロコア系のアレンジという世にも珍しい
スタイル
を見せておる!古き良き往年の日々、シーンが一つの方向だけを向いてしまう以前、
自由度が高かったあの頃に思いを馳せる事の出来る貴重な1枚だと言えよう!
ちなみに全曲インストである。

1曲目はかつての定番曲“ビッグブリッヂの死闘”のアレンジでとりあえずパンク、
メロコア
とされてはいるも演奏は意外とタイト普通にハードロックである!(爆)
まぁ軽快なノリは確かにパンキッシュなんだがこの纏まった演奏、タッピング等も
導入したピロピロ気味のギター、
一部で顔を出すハモンド普通にHM/HR
看板に偽りアリってな塩梅だがメタラーにはこれくらいタイトなほうがウケるだろう・・・!
2曲目は明るい軽快なノリが確かにメロコア的ムードを放つもインストギターが
リードメロディーを奏でている
んで聴きようによってはDRAGONFORCEっぽくもあるか!?(爆)
3曲目は軽快なドラム、ベースによる疾走感がまさにパンク、メロコアなれどギターの
メロディーはFFらしい勇壮さがありツインリードも登場、HRとパンクの折衷振りが
中々に面白いファストチューンである!
後半で唐突にギターがスカ風になるのも
印象的だな。4曲目はうって変わって妙なオシャレ感のあるジャジーな出だしから
一気に疾走!このアンサンブル、メロ等もはやパンクではなく十分にHM/HRなんだが
それでもコード進行からはオシャレ感が漂っているのう・・・!5曲目はキレのある
ギターのカッティング
で疾走しパンクムードを出しつつもリードギターはメタルという
まさにクロスオーヴァー感漂う(?)1曲に仕上がっているな・・・!6曲目はオルガン
音色が緊迫感を放ち手数多いドラムが暴れカオティックで怪し気なギターも顔を出し
そして疾走するシリアスな曲だ!7曲目はホーンで始まり明るく軽快に疾走しつつ
ホーンが鳴り響くスカ系のファストチューンだがリフがメタルなんでスカコアならぬ
スカメタル
と言った所だろうか・・・!?(爆)


大半の曲は知らんのだが(爆)非東方のアレンジモノは今聴くと逆に新鮮で良いのう・・・!
パンク、メロコアアレンジだがFFは元がメタルやプログレなんでバンドサウンドアレンジだと
どうしてもHM/HR要素が強くなるし本作は演奏がタイトなんで余計にメタル色が濃くなっており
メタラーとしては逆に嬉しくなるな(笑)。東方に飽きて久しい身としてはもっとこういう
非東方アレンジが増えてくれると嬉しいのだがやはりグレーゾーンだから難しいのか!?




オフィシャルサイトで見てみる




満足度 78% お気に入り曲 ビッグブリッヂの死闘  深い碧の果てに & 大森林の伝説
はるかなる故郷  最後の闘い







もどる


inserted by FC2 system