アメリカンアニメ超人気作“ザ・シンプソンズ”幻の回 Thirty Minutes Over Tokyo







アメリカンアニメ超人気作“ザ・シンプソンズ”幻の回
Thirty Minutes Over Tokyo





ザ〜、シ〜ンプソ〜ンズ♪


パーパッパパーパッパ、パパパパ〜♪






ダニー・エルフマンによる楽曲が印象的なオープニングで御馴染みアメリカンアニメが
世界に誇る超人気作“ザ・シンプソンズ”!
アメリカはFOXテレビ1989年の放送開始から
およそ480話以上が放映されておりアメリカアニメ史上最長寿番組として知られるビッグネーム!
2009年には20周年を迎えまぁガンダムのほうが長いんだけど(爆)、一つの内容だけで
ここまで長く続いたアニメ
はアメリカでは類を見ず“ファミリー・ガイ”“サウス・パーク”、
“キング・オブ・ザ・ヒル”、“フューチュラマ”
等といったフォロワー同系統の流れを汲む
アニメ作品
も数多く登場、日本でもCCレモンのCM等で知られておりWOWOWでも放映、最近では
スカパーのFOXチャンネルでその姿を拝む事が出来る他DVDのボックスセットも売れているようで
よく「アメリカのちびまる子」等と言った扱われ方をしているが、本作の大ファンとして知られる
デイヴ・ムステインが日本でまる子を見かけ「オイ、あいつは何者だ!」と日本のスタッフに問い
「日本のバート・シンプソン」と返答されるも「バートのクールさの足元にも
及ばないぜ!」
と返したのは有名だろうか・・・!?

そんなシンプソンズ、基本的にはとりあえず主役である中年男ホーマー・シンプソン(原子力発電所勤務、帰りに背中に
ひっ付いた燃料棒素手で掴み車の窓から外に放り投げる)を中心にその家族
メインとなってストーリーが進行、女房のマージ、長男のバート、長女のリサ、次女のマギー
愛犬サンタズリトルヘルパー、愛猫スノーボール2世(1世は交通事故で他界)で
構成されたシンプソン家や彼らを取り巻く面白おかしい隣人達がかなりブラックで風刺的な
ギャグ
をこれでもかというほど連発しつつも根底にあるのは家族愛という、大人が見ても・・・
というか大人にこそ見て欲しい良質のアニメとなっておる!

アメリカでは最高峰の知名度を誇りホーマーがよく発する「D'oh!」オックスフォード英和辞典
2001年度版に追加
されるほどで、我々の中にも何かの拍子に驚いたりなんかしたヤツ
よく「どっ!」とか言っていたのはこれが発祥である!(爆)何?そんなヤツ見た事無いって?
さては平成生まれだな!!

他にも数多くのVIPがゲストとして(声)で参加しており俳優、役者、アスリート、
コメディアン
(ウォッチメンに非ず)からミュージシャンまで幅広く登場、今は亡き
マイケル・ジャクソン
エルトン・ジョン、エルヴィス・コステロからThe Rolling Stones、
MxPx、Fall Out Boy、Blink-182、Sonic Youth、Ramones、Red Hot Chili Peppers、
The Smashing Pumpkins、Green Day
等などビッグネームが軒を連ねておりHM/HRの世界からも
Metallica、Aerosmith、Guns N' Roses、Journey、さらにはSpinal Tapまで登場、プログレの
先祖(?)The Moody Blues
まで顔を出しておりその幅広さにはただただ驚かされよう・・・!


そして今回紹介するのは、そんなシンプソンズの中でも日本で放送される事も無く
DVDにも収録されず
国内限定で幻と化してしまったエピソードである!その名もズバリ
“Thirty Minutes Over Tokyo”!一言で言うとシンプソン一家が日本に旅行に行く
エピソード
なんだが、ここで描かれる日本の描写まさに発禁モノ!ハリウッド映画で
よくある中途半端に中国が混ざったりニンジャが出てくるようなインチキ日本程度の
底の浅さではない!(いい意味で)冒涜と皮肉に包まれまくった凄まじく危険極まりない
内容なのだ!
今回はそこの所をズバズバグリグリと徹底的に突っ突いて行くつもりじゃ!
さてそれでは諸君、覚悟はいいかい!?




本編を見る












おまけページにもどる

トップにもどる


inserted by FC2 system