Silhouette from the Skylit







"THE WORLD WILL NEVER SAVE YOU"




日本のデジタルエモメタルバンドによる2ndミニアルバム。


メタルシーンにおいてここ近年有望なバンドが次々登場している福岡から現れたバンドで、
本作は彼らの通算2作目のミニアルバムとなっており、音楽的にはいかにもイマドキらしい
デジタル系のシンセ
を全面に押し出したエモ、スクリーモ、メタルコア系のサウンドだが、
それだけでは無く叙情的なピアノの音色を前面に押し出しておりエモいキャッチーさの
演出に一役買っており、
ヴォーカルもスクリーモでありながらもシャウト、デスVoは
ごく僅かにしか使われておらず
大半がエモ系のクリーンVoとなっており、そこまで
ゴリゴリのエクストリームメタルでは無いユルさも感じさせるのう・・・!

1曲目はピアノ、デジタルリズムに始まりメタルコア、スクリーモ寄りのバンドサウンドに
イマドキらしいデジタルシンセが乗りチャラさを演出、ヴォーカルは弱弱しいシャウトも
申し訳程度
に顔を出すが大半はエモと言うかJ-ROCK寄りのクリーンVoがメインとなっており
それなりにはキャッチーだろうか!?ギターソロはオーソドックスなロック風のプレイである。
2曲目も得意のピアノエモ寄りのバンドサウンドが聴ける軽快なアップテンポチューンで、
ストリングス系のシンセも顔を出し一応はシンフォニック要素も見られるがメタルコア、
スクリーモ
と言うよりもエモに近いスタイルだな。3曲目は再びメタルコア寄りのリフに
デジタルサウンド
を大々的に融合させたいかにもイマドキらしいアップテンポチューンで、
サビはJ-ROCKらしいチャラめのキャッチーさがあるな。中盤以降はピアノとストリングス系の
シンセ
が顔を出し雰囲気が変わるのう・・・!4曲目はエモらしい軽めのギターデジタル音
目立ったアトモスフェリック色濃い曲。5曲目は過去曲のピアノアレンジヴァージョンで、
チェロアコギソロも聴けるがヴォーカルはエモ系のナヨナヨさが強いなぁ・・・!


イマドキらしさ満点のデジタルメタルコア/ピコリーモだが、随所で顔を出すピアノが
叙情性
を放っておりチャラさの中にキャッチーさ、メロウなムードを感じさせてくれるのう・・・!
やはり個人的にこういう短小軽薄なミーハーさ漂う軟派なデジタルサウンドはまったくもって
好みでは無いんだが、叙情的かつドラマティックピアノストリングスは良いので
そういうアレンジをメインにしてくれれば個人的に嬉しいのう・・・!まぁ今後はどんどん
セルアウトしてチャラくなっていってしまうんだろうなぁ・・・!(爆)




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 70% お気に入り曲 SPRING







もどる


inserted by FC2 system