SiM








"SEEDS OF HOPE"




日本のミクスチャーラウド/エモ/スクリーモメタルバンドによる2ndアルバム。


ラウド、モダン系のメタルエモ、スクリーモ要素を混ぜ合わせ、その上さらに
スカやレゲエやダンス、デジタル系のスタイルも貪欲に取り入れ最新型の
ミクスチャーサウンド
をプレイし話題を呼ぶ国産バンドである!本作は彼らの通算2作目の
フルアルバム
らしく、音楽的にはまさに上記したようなミクスチャー系だが、
基本的にはエモ、スクリーモモダンメタルの融合が根底にあり、サビはある意味
チャラさすら感じさせるキャッチーさ
を見せておりこの辺が非メタル界隈で
話題を呼んでいる要因
なのだろう・・・!

1曲目はモダンさを感じさせるリフワークスクリーモ然としたシャウトが登場、
ドラムが手数の多さを見せつけクリーンVoとシャウトを混ぜたヴォーカルも顔を出し
いかにも今風のメタルコア寄りスクリーモってなムードを放ち、サビは加工気味の
クリーンVo
チャラいミーハーなキャッチーさを見せるぞ!2曲目もまたキャッチーな
ノリを放つアップテンポのスクリーモチューン
で、中盤以降は穏やかでユルめなムードを
醸し出すのう・・・!
3曲目はモロにレゲエかったるいムードを放つ極めてユル〜い
イントロ
に続いてメロコア的に爆走!その後のシャウトパートのバックがスカなのも
面白くノリの良さを見せているな・・・!後半はリズム落ちのビートダウンが顔を出すぞ!
4曲目は煌びやかなアコギで幕を開けエモさを湛えた穏やかさを見せつつも軽快な
ノリの良さ
を放ち、スカっぽいライトさもあるがメロコア風の疾走感もありメロディーは
ちょい哀愁を湛えた感じで良いな。
後半はレゲエとなるもアコギは憂いがあるぞ。
5曲目はスクリーモ的なギターで幕を開けスローテンポ淡々としたムードを演出、
レゲエをそのままメタルサウンドでやった
ような曲調だろうか!?6曲目はレゲエ、ヒップホップ、スカ
ラウドなバンドサウンドを加えメロコア的な疾走感も披露、特にミクスチャー要素の
強い楽曲
じゃのう・・・!7曲目は怪しげなスカの要素を押し出しつつもバンドサウンドは
ハードさ
がありスカだけどスカスカじゃない(ダジャレ)のは良いな。後半ではへヴィな
ビートダウン
も顔を出すぞ。8曲目はアップテンポかつグルーヴィーなモダンさを放つ
リフ
が聴けるもスカ要素も登場、サビはキャッチーさ、軽快さを見せているな・・・!レゲエ要素もあるぞ。
9曲目はメロコア寄りながらも怪しげなムードを演出、トレモロ系のリフワークが印象的で
サビはやはり今風のキャッチーさを見せているな。10曲目は疾走感あるメロコアなれど
へヴィなミドルパートも顔を出しやはり一筋縄では行かないのう・・・!11曲目はメカニカルな
印象のあるリズム
キャッチーなコーラスが乗りつつメロコアライクな疾走感も見られるぞ。
12曲目は古臭さのある加工が施された音作りレゲエ風なムードを醸し出し、ヴォーカルは
イマドキらしいデジタル加工を見せるユルめの短い曲。13曲目はワイルドさのあるギターに始まり
モダンさを見せつつもどこかブルージーな気だるさを演出するスローチューン。
途中からまたレゲエ要素が顔を見せ始めるぞ。14曲目はへヴィさのあるモダンなリフで幕を明けるも
その後はレゲエとなりユルめのムードを醸し出し始めちまうのう・・・!サビは再びへヴィリフ
顔を出しミドルテンポキャッチーさも見られるぞ。


レゲエ、スカとスクリーモ、ラウドロックを融合させたスタイルとの事だが、
意外といかにもなレゲエパートは少なく、チャラさこそあれどキャッチーさの
目立ったノーマルなスクリーモチューン
がメインなのでコッテコテな黒めの
レベルミュージックを苦手とするメタラー
にも親切なバンドだろう(爆)。
いかにもイマドキらしい軽薄なチャラさ
も目立っているが、デジタルサウンド
頼り過ぎず基本はメタリックなバンドサウンドなのも好印象である!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 70% お気に入り曲 KiLLiNG ME  Misery  Faster Than The Clock







"LiFE and DEATH"




日本のミクスチャーラウド/エモ/スクリーモメタルバンドによるミニアルバム。


スクリーモ、ラウドロックスカ、レゲエ、ヒップホップ等といったレベルミュージック
要素を導入した最新型ミクスチャーバンドで、本作は6曲入りのミニアルバムとなっており
意外とバンドサウンドメイン嫌味無くミクスチャーサウンドを出せていた
前作と比べると相当にチャラいデジタルサウンドスカ、レゲエ、ヒップホップ要素が
全面に押し出された
印象があるか!?

1曲目はモダンなへヴィさを放つメタリックなリフパンク系のヴォーカルが乗り
スクリーモ色濃いシャウトも登場し疾走!パンクとラウド系のメタルを融合させたような
雰囲気を放っているが、全体的にはスクリーモメタルと言えそうな感じだな・・・!
中盤はデジタル風のベースレゲエ的な気だるさを放ちミクスチャー的な側面も
見せ始めるぞ。
2曲目もまたモダンさ満点のへヴィリフで幕を明けるも、その後は
うって変わってスカ的なリズムも顔を出しやはりミクスチャー要素が強いのう・・・!
サビはキャッチーさを放つぞ。3曲目は怪しげなレゲエ要素を前面に押し出した
気だるくコミカルな曲調
だが、その後はスカ的な軽快さを見せ始め一応はラウドで
サビもキャッチー
だが確実にメタラーには受けないだろうなぁ・・・!4曲目は妙に
穏やかでマイルドなムードを演出、
どこかアダルトとすら言えそうな雰囲気があるも
その後はモダンながらもメロコア的なノリを放ち疾走!メロコアがメタルになったような
曲調だと言えよう!
中盤はハードさを残しつつもまったりした展開になるな。
5曲目もモダンなへヴィさを見せるもその後はかったるいレゲエと化し実に微妙である(爆)。
サビはまたチャラいキャッチーさがあるな。6曲目はモダンなへヴィリフ今更ながらの
ラップ
が乗り時代遅れのラップコア、ラップメタル風のムードを醸し出すが、その後は得意の
レゲエ風スタイル
を見せ始め加工Voはいかにもイマドキなデジタル風味を放っているのう・・・!


ゴリゴリにモダンなへヴィリフ、スクリーモ系のヴォーカルスタイルにスカ、レゲエ、
ダンスミュージックの要素
を混ぜ合わせた新手のミクスチャーバンドで、
どちらかと言ったらパンク畑で有名なバンドらしくHM/HR界隈では全然知名度が
無いんだが(爆)
まぁスカやレゲエはメタラーにはウケないんで仕方無いな。
キャッチーさが相当に強く演奏も悪くないんで、スカ、レゲエ要素を無くせば
メタラーにも喜ばれそう
だがこういったミクスチャーの姿勢が彼らの持ち味なのだろう。




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 67% お気に入り曲 Get Up, Get Up  Amy







"PANDORA"




日本のミクスチャーラウド/エモ/スクリーモメタルバンドによる3rdアルバム。


HM/HR界隈では蚊帳の外扱いだが、パンク、エモ、ラウドシーンではビッグネームと
なりつつある
期待の若手による最新フルレンスアルバムで、レゲエ・パンクを自称しており
そういう要素も確かにあるが、実際に聴いてみると思った以上にエモ、スクリーモ、
メタルコアの要素が強く、
確かにチャラい面も目立っているが、そこまでレゲエやスカ、
ヒップホップ要素がメインな訳では無く
むしろ味付け程度の使用頻度なんでメタル者も
何とか聴けなくは無いサウンド
に仕上がっているだろうか!?

1曲目は勢いのある音作りながらもリズムはスロー淡々としたムードを醸し出すが、
その後はメロコアをメタリックにしたような音作りで疾走!ワンコーラス程度の短い曲で、
2曲目はそこまでゴリゴリでは無いが、モダン寄りのへヴィリフが顔を出しグルーヴィーさを
醸し出すも、
ヴォーカルは今風にデジタル加工されたクリーンとなりサビはダンサブルで相当に
チャラく
この辺がまたイマドキらしいのう・・・!後半は気だるくサグなムードを放つ
YOチェケラッチョメーンなヒップホップ
となるも、その後はリズム落ちのビートダウンで
モッシュを誘発するぞ!
3曲目は気だるいムードが確かにレゲエっぽさを感じさせるも、
それ以上にエモい側面が目立っており10-FEETに通じる面もあるだろうか!?4曲目はハードコア寄りの
メロコア
に接近した疾走チューンながらキャッチーさはしかとあり、サビもまた相当に
メロコアライクである!
まぁ中盤はドゥープなレゲエ、ヒップホップになってしまいガッカリなんだが・・・!(爆)
5曲目もまたチャラくもサグなノリを見せ、その後はモダンなメタルコア系のリフが顔を出し
我々を喜ばせてくれるが、ヴォーカルはレゲエ要素が目立っておりやはりチャラく軽薄だな・・・!
後半はビートダウンだがそれでもやはりチャラさはあり、ラスト付近はインド映画の
ダンスシーンで聴けるような雰囲気
が漂っているのう!(爆)6曲目は手数の多いギターが
軽快さ
を放ちモダンなリフも聴けるが、ノリ自体はチャラめのメロコア風である。
7曲目はシンセが珍しく叙情的なムードを醸し出すも、そのままレゲエ、ヒップホップ的な
ディープさのあるデジタルリズム
が顔を出しいかにもワルなギャングムードを演出、そのまま
ダンサブルになりどうもこういう曲を聴くと最近のボリウッドムービー、インド映画を思い出してしまうなぁ(笑)。
ラジニカーント!シャー・ルク・カーン!アーミル・カーン!
サルマン・カーン!リティック・ローシャン!アミターブ・バッチャン!(爆)

8曲目はこれまたレゲエっぽい気だるさを放つスローチューンだが、サビはテンポアップし
メロコア色濃いキャッチーさ
を見せるぞ。9曲目もまた気だるいレゲエ要素を醸し出すスロー曲となり
サビはオシャレ感があるなぁ・・・!珍しくギターソロも顔を出しそれなりにはエモーショナルな
泣き
も見せているか!?10曲目はベースラインが目立ちつつメロコア寄りな曲調になるも、
ヴォーカルパートデジタルレゲエと化すぞ。11曲目はモダンなへヴィリフで幕を明けるが
ヴォーカルパートはこれまたレゲエとなってしまうも、その後はチャラくもメロコア的に疾走するぞ!
12曲目はパワフルな勢いを見せるモダンな爆走メロコアチューンだ!まぁその後のリズムはスカ系になるが
怪しさも漂っておりこれまたインド映画の曲として無理矢理楽しもう(笑)。13曲目はメロコア的なノリ
見せつつもこれまたレゲエやスカの要素が混ざってくる胡散臭い曲である。


上記したよう確かにレゲエやスカ、ヒップホップ要素を取り入れておりイケてるムード、
チャラい空気が濃く漂っている
んだが、あくまでもメインはスクリーモ、メタルコア、
ラウド系
メロコアやエモに通じるキャッチーさも強く、好悪分かれるだろうが
洗練されたクオリティーの高いイマドキ風エクストリームメタルをプレイしておる!
やはり個人的には余計なチャラさは排して硬派に攻めて頂きたいんだが、この短小軽薄な
ミーハーさ、軟派さ
こそがイマドキのイケてるローティーンの価値観なのだろう・・・!
メタルコアとして聴くと好みとは遠い部分もあるが、個人的に全曲インド映画の
サントラ
だと思えば結構楽しめるな(爆)。あとは甲高い女性Voが加われば
インド映画ソングとして完璧なんけどなぁ(笑)。脳内で無理矢理群舞シーンを想像して聴こう!(笑)
リティック・ローシャンボリウッドで最も身体能力の高い俳優として知られているが、
右手の親指が二本あるんでカレー食うシーンも左手で食うんだぜ!(関係無い)




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 メタルコアとして聴くと70%、ボリウッドムービーのサントラと
解釈して聴くと82% お気に入り曲 WHO’S NEXT  BRAiN  Dreaming Dreams







もどる


inserted by FC2 system