Satanic a la mode







"Iron Girls' Power E.P."




日本のメロディックスピードメタルプロジェクトによる1stEP。


2012年秋のM3において一部のクサメタラーの間で話題を集めた新進気鋭の
プロジェクトである!
ジャケだけ見ると何ともASIAN KUNG-FU GENERATIONライクだが
その中身たるや見てくれからは想像もつかぬガチのメロスピ、クサメタル!
シンセやデジタル音
を交えつつも女性Voギターが奏でるメロディーは徹頭徹尾
クッサクサ
でBPMも速く爆走しまくりのクサメロファストチューンがこれでもかと
言うほど連発され新人にして驚愕のクオリティーを見せつけておる!

1曲目はテープ逆回転に始まりモダンさのあるヘヴィリフデジタルサウンド
顔を出すがその後疾走も見せシンセソロも登場するインストでメロディーラインが
どこかイトケンと言うかFF、ロマサガライクな雰囲気があるぞ!続く2曲目は
北欧メタルライクなムードを醸し出すシンセが目立ったガチのメロスピ、クサメタルだ!
ヴォーカルは細めの女性シンガーで忙しなく疾走しつつもベースが結構目立つ部分があり
サビは相当に強烈なクサさを放ちつつピコピコしたシンセも聴けるぞ!ギターソロが
またクサいがその後は一変しジャジーなアレンジを見せ変態的な感性もあるようだな・・・!
ラストのピアノ、シンセもまたクサく叙情的だ。3曲目はどこか和の情緒を持った
メロディーを聴かせるヴォーカル、シンフォニック系シンセ
で幕を開けバンドサウンドも登場、
これまたメロスピ然とした疾走を見せギター、シンセも盛り上がりヴォーカルがまた
強烈なクサメロを歌いつつピコピコシンセも登場、和ライクなサビも強烈じゃのう・・・!
シンセソロも勢いを見せつつやはりクサくその後はピアノデジタルリズムが顔を出し
引き出しの広さを見せつつもリードギターはクサいぞ!4曲目はGALNERYUSっぽいと言うか
冬ソナライクなクサさを見せるギターと共にやはり勢い良く爆走するメロスピでこの曲は
あまりシンセやピコピコ音は使わずギターメインで勝負している印象があるな。テクニカルさも
しかと備わっているギターソロ
もまた聴き所でシンセソロも顔を出すぞ!女性Voもラストで
なかなかのソプラノを披露しておる!5曲目はメロウさのあるピアノが聴ける
アウトロ的なインスト。


一部クサメタラーの間で局地的に盛り上がった存在だけにそのメロスピチューンの
クオリティー
たるや相当なモノでかつてディスクへヴン輸入盤のB級クサメタルを
買い漁っていた若かりし日々
を思い出させるに十分なクサさを放っておる!
これでまだデビューしたばかりの新人だと言うのだからいやはや凄まじい才能が
シーンに現れた
と言えるだろうな・・・!女性Voもよくあるアニソン媚び声では無くメロスピに
マッチした(?)しなやかなソプラノ寄りの声質
で細さはあるがよく歌えており
稚拙では無い所
も高評価すべきポイントである!バリバリのメロスピながらそれだけではない
デジタル系のアレンジセンス
プログレの素養まで持ち合わせており驚かされるが
それだけに今後キャリアを重ねる毎にクサさが薄れたり脱HM/HR、メロスピして
しまうかも知れない怖さ
があるが、この方向性のままクオリティーを向上させればいずれは
シーンのトップに躍り出るのも夢では無いと言えよう!




オフィシャルで見てみる





満足度 82% お気に入り曲 Sleeping Beauty clair de lune  プリズム・ラブ







"骨"




日本のメロディックスピードメタルプロジェクトによる2ndEP。


前作でデビューしたばかりのド新人であるにも関わらず、その驚異的な
クオリティーの高さ
で一躍その名をシーンに知らしめた、ロック番狂わせを
地で行ったプロジェクト
による待望の2作目である!とりあえずはミニアルバム的な
立ち位置の1枚
であるが、アルバム名“骨”!俺達“北斗の拳”と同等かそれ以上に
“花の慶次”が好きなボンクラにとってはもはやアイツしか脳裏に浮かばん!(爆)
「おい骨!退屈でならん ちょっと降りてこい!」

1曲目は煌びやかなシンセで幕を開けアトモスフェリックさと共に民謡ライクな
コーラス系シンセ
が顔を出すも、途中からはストリングス系の音色と共に怪しげな
プログレ風ムード
を演出、さらには後半からカオティックに疾走と、インストでは
あるが決してイントロ的な短い繋ぎでは無いのう・・・!そして2曲目は前作通りの
メロスピチューン
となるがブラストカオティックさも見られただストレートで
クサいだけのメタルには終わらない素養を見せておる!
サビは前作に通じる極めて
キャッチーなメロディー
を聴かせてくれるが中盤はハモンドが顔を出しプログレ化、
ドラマティックさも十分である!
3曲目は怪しげな出だしからブラストで爆走、
ストリングス、ピアノの音色も顔を出し
これまたプログレメタル的な側面が見られるが
ヴォーカルメロディーはやはり良いのう・・・!ギターソロは実にメロディアスで
いい意味で一昔前のJ-POP的なメロディーライン
を弾いておる!4曲目はこれまた怪しげな、
アトモスフェリック系のダークさ
を醸し出すシンセに始まりピアノ、ストリングスが
マイルドさ
を放つインスト。5曲目は妙にオシャレで穏やかなジャズ風のイントロに続き
ギターフレーズが登場、ただのメロディックメタルでは無くやはり極めてカオティックな
要素が強く、
ある意味日本人がやるDIABLO SWING ORCHESTRAと言った趣があるか!?サビは
例によって例の如く凄まじいまでにキャッチーでクサいぞ!6曲目はストリングスが
叙情的なムード
を醸し出しその後は疾走し緊迫感を見せるインスト。どこかRPGのサントラで
ありそうな雰囲気
だな・・・!7曲目はエモーショナルなリードギターで幕を開け明るさのある、
飛翔系のメロスピ
と化しメロディーが実にクサい!前作に通じる、本作としてはストレートな
メロスピチューン
となっており何だかんだでやはりこういう王道の曲が好きだな・・・!(笑)ギターソロも
完全メロディー重視のプレイとなっておりたまらんなぁ・・・!8曲目はメランコリックで
ダークなピアノ
が聴け、その後は笛やストリングス、コーラス系のシンセも顔を出すインスト。
中盤では泣きのギターも顔を出しこれもただのアウトロ的なおまけでは無いちゃんとした曲である!


イマドキっぽいシンセを取り入れつつも徹頭徹尾クサく劇的なメロスピ、クサメタルに
絞っていた前作
と異なり、怪しげでカオティックなプログレメタル<の要素を見せ始めたが
それでクサさ、疾走感が薄れつまらなくなってしまうような事は無くキャッチーさは
健在
で、単純に音楽性の深みが増したという印象があるのう・・・!世の多くのクサメタルバンドが
洗練される毎にクサさが薄れつまらなくなっちまう
のとは見事に対象である!こういう部分が
ファン心理を裏切らない日本のミュージシャンの美点なのだろうな・・・!目立つ欠点は
やはりドラム、シンセ等いかにも打ち込みなプロダクション面だがそれもアルバムを
重ねる毎に向上するだろう・・・!
一部意見で取っ付き易さが薄れたと言う声も
上がるかも知れんが、本作の方向性は進化であると肯定的に受け止めたい所じゃて・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 83% お気に入り曲 赦しの秘跡  Satanic mode -朱よ人の嫉みの綻びを  Hamophilia
Amore de endekomenon -version BONE







"文と繭"




日本のメロディックスピードメタルプロジェクトによる3rdEP。


全く無名の状態から圧倒的なまでに高いクオリティーを誇るメロスピ、クサメタル
生み出し瞬く間にシーンにその名を知らしめた、期待の新人プロジェクトによる
通算3作目の音源である!全3曲入りEPと言うよりもシングルと言えそうな
ボリューム
で、音楽的には変態プログレ方面に走った前作と比べると幾分ストレートな
メロパワ、メロスピ方面
に戻って来た印象がありクサメタラー的には有難い方向性である!

1曲目はダークさのあるシンセオーケストレーションで幕を開けデジタルサウンドも登場、
怪しさ漂うプログレハードと言えそうなムードを放っておりメタルサウンドと共に疾走!
ブラストビート
まで顔を出すインストで、2曲目は怪しげなシンセと共に勢い良く疾走
音作り自体はメロパワ、メロスピ系なんだがデジタルライクなシンセもかなり目立っており
この辺がイマドキらしい感性じゃのう・・・!女性Voのみならず一部で男Voも顔を出すぞ。
途中ちょいとへヴィなリフも顔を出しプログレッシヴな変拍子も炸裂、その後はストリングス
シンフォニックさを演出しギターソロはメロディアスさがあるぞ!イマドキっぽいスペイシーな
シンセ
も目立っているがストリングスの音色はGALNERYUSっぽいか!?クワイア風コーラスも
ドラマティックさを演出しておるわい!3曲目はドラムソロで幕を開けるもその後は妙に
淡々とした落ち着いた曲調
になりハモンドも登場、その後はピアノメランコリックさを
演出する穏やかなインストである。



変態プログレ要素を多少残しつつもかなりストレートな方向性に戻った感があり、
スペイシーなシンセGALNERYUSライクなストリングスが目立ったドラマティックな
女性Voメロパワ、メロスピ
をプレイしておりクサメタラー的には嬉しいスタイルとなっておる!
全体的にシンセが相当派手に舞っており、音色はイマドキ系のデジタル、トランス風だが
シンフォニックな印象もあるのう・・・!ただやはり全3曲のシングルとは言え、ヴォーカル入りの
メロスピチューンが1曲しか無い
と言うのは実に物足りんわい!折角ハイレベルな
スキルを持ち合わせている
のだから、多少時間がかかってもいいんで是非ともフルアルバムを
作って貰いたい
と言うのは全クサメタラーの総意であろう・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 74% お気に入り曲 Perfect incubation







"Symphony #0 in Bm, dark side of the moon"




日本のメロディックスピードメタルプロジェクトによるネット配布デモ音源。


バリバリのメロスピ、クサメタルでデビューしクサメタラーの注目を集めつつも、
実はポストロックアヴァンギャルド、カオティックコア、プログレ等何気に
幅広い素養を持った実力派で、本作は2013年の冬コミで配布されたパスワードを
オフィシャルサイトのページ
で入力するとダウンロード出来る、Web配信全6曲からなる
デモ音源となっており、
音楽的にはメタリックさもあるがそれ以上に相当に
カオティックでアヴァンギャルド
な印象の強い変態系サウンドに仕上がっておる!

1曲目は鐘の音、シンセによるアトモスフェリックなイントロで、2曲目は叙情的な
ピアノ
ほの暗くクラシカルな格調高さを演出し、怪しげな女性Voに加えオルガンと共に
オペラのテノールVoも登場!その後はブラストとトレモロで爆走ブラックメタル的な
ムード
を演出するがアヴァンギャルドな要素も強いのう・・・!3曲目はアコーディオン
顔を出すも、オルガンも聴け優雅さ以上にダークで悲劇的なムードを演出しており
途中からヴァイオリン、アコーディオンが淡々とした展開を見せ始め、怪しげなタンゴ調の
曲調
になっていき変態的なバンドサウンド、コーラス、スパニッシュギターも登場する!
一応はメロスピ的な疾走感、リードギターも聴けるんだがやはりアヴァンギャルドな印象の
ほうが強いのう・・・!
そのまま繋がる4曲目はベースやピアノがテクニカルさを放つ
プログレサウンド
になりメタリックなギターも暴れ、中盤からは怪しげなヴォーカルに
アコーディオン、スパニッシュギター
も顔を出すぞ。5曲目はギターをバックにピアノ、ヴァイオリン
プログレッシヴな空気を醸し出しつつも淡々とした印象を放ち、その後は壮麗かつ
ファンタジックなストリングス
が聴けるのう・・・!6曲目はピアノ、アコーディオン、SEによる
アトモスフェリックアウトロ的なインストである。


多少はHM/HR要素もあるが、それ以上に相当に変態的な要素が強くマイク・パットン辺りに
近い前衛的メタルサウンド
を披露しておる!アヴァンギャルドなプログレオペラ、
クラシック、アトモスフェリック、ブラックメタル、メロスピ
等雑多なサウンドを
縦横無尽に放り込んでおり相当にクレイジーだが、よくあるカオティックコアのような
滅茶苦茶な感じ
ではなくクラシック的なバックボーンを感じさせ音楽的に高度じゃのう・・・!
1stのようなシンプルなメロスピ、クサメタルを求める層には好まれないだろうし、
好き嫌いは分かれそうだが俺らのような好き者にはたまらん音世界である!
この手のアヴァンプログレには珍しい叙情性、クサさ、ファンタジックさもしかとあるしな・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 78% お気に入り曲 全部







"annihilation"




日本のプログレッシヴメタルプロジェクトによる1stアルバム。


デビューEP“Iron Girls' Power E.P.”で、無名ながらに大器の片鱗を感じさせまくる
クオリティーの高いメロスピ、クサメタル
で一気に知名度を上げるも、その後は本来
やりたかったスタイル
なのか変態的、アヴァンギャルドなプログレ要素を見せ始め、
クサメタラーの好みから若干ズレつつもレベルの高さは存分に見せつけてくれた
実力派プロジェクトがようやくリリースした待望のフルレンスアルバムである!
音楽的にはインダストリアル系からシンフォニックメタル、メロパワ等かなり幅の広い
HM/HR
となっており散漫に感じられるかも知れんが、そんな中にあってアニソンメタル的な
ポップさ、キャッチーさ
変態アヴァンギャルドプログレのテクニカルさだけは
どの曲にも共通しており、そういう部分では統一感があるだろうか!?

1曲目は映写機SEに始まりヘヴィさを放ちつつフィメールVoも登場、デジタル音
目立ちインダストリアルな雰囲気を醸し出しており実に怪しげだが、サビは一転して
アニソン/同人メタルらしいキャッチーさを見せているが基本はスローである。
中盤は疾走し弱めだがデスVoも顔を出し今風なポストハードコア風の面もあるな。
2曲目はシンフォニックなオーケストレーションファンタジックな壮大さを演出、
どちらかと言ったらやはりアニソンメタルを大仰にしたような感じで、サビやギターソロは疾走しつつ
アヴァンギャルドなプログレ要素
も見られるな・・・!3曲目は王道路線のギターの刻み
ハイトーンシャウトが炸裂し疾走!ジャーマン的な空気すらあるストレートなメロパワとなるぞ!
ベースもかなり暴れておりテクニカルなプログレ要素もある辺りがSatanic a la modeらしいな。
4曲目は怪しげな雰囲気モノの短い繋ぎで、5曲目はDjentリズムが聴けつつブラストも登場!
デジタル要素
も目立っているな・・・!弱めのデスVoも顔を出すが演奏はかなりテクニカルだな。
6曲目は哀愁漂う優雅なストリングス、ピアノ女性Voが乗るバラード風で、メロディーには
流石のセンスを感じさせてくれるのう・・・!7曲目はプログレメタル臭を発散しまくる
テクニカルさ
が見られ緊迫感を演出、それでもキャッチーさはしかとあり疾走もするぞ!
中盤はブラストに加え弱いグロウルも顔を出すな。8曲目は牧歌的なアコーディオンが聴ける
繋ぎのインストで、9曲目は怪しさ漂うプログレメタルでありつつシンフォニックさもあり、
女性Voは穏やかな感じだな。10曲目は11分ある本作最長曲で、クラシカルなストリングスに始まり
淡々とした空気も放つが、その後疾走メロスピパートも登場!ソロパートもテクニカルかつ
かなりドラマティック
だが、怪しさ満点のシアトリカルなムードも見られるのう・・・!
11曲目はダークさのあるオーケストレーションによる繋ぎで、12曲目は本作中最も明るめの
キャッチーさを放つメロスピチューン
で、やはりテクニカルなソロパートもありつつ
メロディーはかなりポジティヴだな。13曲目はピアノ、女性Voによるバラードで、
バンドサウンドオーケストラ、クワイアも聴けるぞ。


ヘヴィで怪しげなインダストリアルメタルからシンフォニックメタル、
メロパワ、メロスピ
等かなり幅広い方向性のHM/HRが収録されているんだが、
アヴァンギャルドな変態プログレ典型的アニソンメタルの
キャッチーさ
が基本として備わっており、そういう要素を好むメタラーであれば各曲の差はあまり
気にせず楽しめるかも知れんのう・・・!プロダクションはまだ若干軽さがあり、女性Voも
よくある同人女性Voレベル止まりだが演奏面はかなりテクニカルで、
プログレメタルとして十分通用するスキルがある
だろうか!?楽曲構成もよく練られており、
プログレ
でありながらも無駄な冗長さが無く纏まりを見せているのも好印象だな。デビュー当時から
レベルの高さを見せ付けてくれただけあって流石のクオリティーで、
このシーンに思い切り欠けまくっているオリジナリティー、個性もしかと
感じさせてくれる力作だと言えよう!




オフィシャルで見てみる





満足度 84% お気に入り曲 I.D.E. (Interstellar Dimensional Echoes)  Diaspora
prey prayed  Devil's suit  apoptosis







"7th system"




日本のプログレッシヴメタルプロジェクトによる最新EP。


デビュー当時はバリバリのメロスピ、クサメタルだったが、その後はそういったクサさ
キープしつつもよりプログレッシヴでカオティック、アヴァンギャルドである意味オルタナに
通じるサブカルな雰囲気
を強く放つ個性的なサウンドを聴かせてくれるようになった実力派で、
前にリリースされた待望のフルアルバム冷え切って久しい同人メタルシーンにおいて
数少ない良作であった・・・!本作は続くシングルで、他にプログレポストロック方面への
アプローチ
も見せているんだが、ここでは前アルバムに通じるプログレッシヴでカオティック、
アヴァンギャルド
ながら今風な面やサブカル要素も内包した変態デジタルプログレメタルに
仕上がっている・・・!
だがそれ以外でかなり議論ある楽曲が収録されており、
まるでメタラーにケンカを売っているかのような1枚でもあるな・・・!(爆)

1曲目は気だるい女性Voサブカルオルタナ臭を醸し出すも、その後はデジタルシンセ、
モダン寄りのリフ
が聴け疾走しつつ、プログレメタル的な面も強く途中ストリングスも聴け
テクニカルなアンサンブルも顔を出すぞ。2曲目はピアノに始まりクラシックフレーズと共に疾走!
RHAPSODY OF FIREPATHFINDERを混ぜ合わせたかのようなメロスピ、クサメタル
ギターソロなんかイングヴェイの“Rising Force”フレーズが聴けるんだが、後半は
プログレメタル
でこの辺はGALNERYUSだな。ストリングスシンセもYUHKI氏と同じ音だし(笑)。
3曲目は1分の無音による繋ぎで、4曲目は“Painkiller”の拝借ドラムで幕を開け、曲調も
そんな感じで意外なまでに正統派HM/HRなんだが、男Voが余りにも下手糞過ぎメタラーを
バカにしているとか思えん楽曲
である!後半も人をおちょくっているかのような
クソ過ぎる展開
でこれはアカンなぁ・・・!何だ、Satanic a la modeは
メタル嫌いなのか!?(爆)



全体的にはかなりHM/HR路線を向いた仕上がりとなっており、強烈なメロスピ、
クサメタルチューン
が聴けるんだが、なまじプログレポストロックにも精通しているだけに
好きでこういう音を出しているのではなく、「どうせ同人クサメタラーはこういう音
やっときゃ無条件にチンポおっ勃てて喜ぶんだろ?」
的なあざとさを感じさせるな(爆)。
イングヴェイやGALNERYUSのパクリフレーズが見られるのもそう思わせる要因だが、
4曲目は擁護出来んだろう!(爆)ガチのメタラーが聴いたらブチ切れそうだな(笑)。
まぁ実際の所はどうか知らんが、同人メタル・・・同人音楽が斜陽のこの時期
リスナーにケンカ売っちゃアカンじゃろうて・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 曲だけなら75% 志は0% お気に入り曲 iolite







もどる


inserted by FC2 system