SWANKY DANK







"The Love Was Gone・・・"




日本のオルタナエモバンドのミニアルバム。


2年間で100本に及ぶライヴをこなした叩き上げの3ピースバンドで、音楽的には
とりあえずはオルタナエモ等と称されているがただのオルタナとは異なり演奏は
メタリックなハードさ、タイトさがあり特にドラムが手数多くHM/HRばりにパワフルな
ヒッティング
を見せておりなかなかに只者ではなくオルタナと侮れない部分があるぞ!

1曲目は軽めのギターを聴かせつつもバンドサウンド自体はなかなかにハードな
タイトさがあるミドル曲
でヴォーカルはちょいとクセがある下手ではなくギターの
バッキングもライトな音色ながら凝っておりドラムの音作りなんかメタル寄りである!
ちょいと淡々としているサビは爽快感があるな。後半はドラムが手数多いプレイ
披露しておりそこいらのエモ、オルタナドラマーとは異なるスキルを見せつけているのう・・・!
2曲目も演奏はハードで引き締まっているがミドルテンポで気だるいヴォーカルラインは
オルタナと称されるのも頷けるムードがあるか!?3曲目はハードなアンサンブルを下敷きに
しつつもライトなギターが手数多く自己主張しドラムもやはり目立ちまくっているアップテンポ曲だ!
4曲目はエフェクトの掛かったギターが浮遊感を放つもポストロックにはならず軽快な
ノリを醸し出すアップテンポ曲。
5曲目は淡々としたベースが聴けその後はやはり
軽快なノリになるもシンバルがやけに目立っておるわい!
6曲目はアコギが穏やかさを見せヴォーカルも日本語オルタナらしい
歌唱
を披露するバラード系の曲。


オルタナエモでありつつもそんじょそこらの歌詞だけのスカスカクソバンド共とは
明らかに異なるタイトさ、ハードさがしかとありドラムがこの手のバンドとしては
異質のパワフルさを見せておる!だがミドルテンポ主体気だるいムードをプンプンに放つ
楽曲自体は確かにオルタナ的な側面がありヴォーカルも下手ではないがオルタナっぽい
高音のナヨナヨ感、女々しさがあるな・・・!
オルタナと呼ぶにはメタリック過ぎる
かと言ってメタラーが喜ぶような音楽性では無くターゲットとなる
リスナー層を絞るのが難しいバンド
と言えるやも知れぬ・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 70% お気に入り曲 Pick Up The Pieces







もどる


inserted by FC2 system