SUOTANA







"Frostrealm"




フィンランド出身のメロディックデスメタルバンドによる1stアルバム。


クサメタラーの間で地味に話題にもなっていたフィンランド産の新人バンドで、
音楽的にはまさしくCATAMENIAやKALMAH辺りにかなりの影響を受けたと思しき
キラキラシンセ入りクサメロデスとなっており、ぶっちゃけ個性は感じられず
まんまKALMAHな印象
なんだが、この手のキラキラクサメロデスが好きな
クサメタラー
には喜ばれる音を出しているのう・・・!

1曲目はストリングス系のシンセが目立った早速のクサクサメロデスで、
ブラストで爆走もしており2曲目もシンセが煌びやかかつ北欧らしい冷たさを
感じさせ、
3曲目もシンセを交えつつブラストで軽く疾走、民謡ライクなフレーズも聴けるぞ。
4曲目も基本はシンセ主体だがギターもそれなりに自己主張はしており、
これまた疾走感も見られギターソロも完全メロディー重視だな。5曲目はピアノに
叙情的なツインリード
が聴け、北欧らしい神秘性も感じられその後は疾走!
ただ途中かなり強引でダサい展開から叙情パートに移るのう・・・!6曲目もキラキラシンセ
聴けつつメロウなギターも目立ちミドルテンポで展開、7曲目はメロウなピアノに始まり
北欧らしい泣きを発散するギターも登場、7分ある長めの曲だが
基本は他の曲と同じような感じだな。8曲目はヴァイキングメタル的な
ギターフレーズ
が聴ける軽快なミドル曲だ。


特に個性らしい個性は無く、上記したようまんまKALMAHな印象のキラキラシンセが
主役を張るクサメロデス
で、音の軽さ吐き捨てデスVoの頼り無さも
まさにそんな感じじゃのう・・・!
個人的にはやはりもっとヘヴィで厚みのある、
シンセに頼らないギター主体の慟哭系メロデスが好み
なんで、この軽さには
あんまいい印象は無いんだが、それでもクサさは認めたい所だな・・・!







満足度 80% お気に入り曲 Trail of Abandon  For My Iced Angel
Enclosing Me







"Land of the Ending Time"




フィンランド出身のメロディックデスメタルバンドによる2ndアルバム。


そのお約束的なクサさで一部のクサメタラーの間で話題となっていたバンドによる
通産2作目の最新アルバムで、まんまKALMAH北欧情緒溢れるキラキラしたシンセ、
スカスカ
ながらもクサい憂いを放ち、時にメロディックブラック的な空気も醸し出す
王道キラキラクサクサメロデスは本作でも健在である!音質は相変わらずショボく、
Voもイマドキ珍しいレベルの弱い吐き捨てなんだが、マニアにはそこも嬉しい点か!?

1曲目はシンセによるイントロで、2曲目はそのままチープかつ北欧的なシンセ
共に疾走し、メロブラ要素も見られるクサいファストチューンだ!ピアノの音色も
北欧らしい冷たさ、クサさがあり良いな。3曲目はミドル、アップテンポでどことなく
ペイガン風味あるクサさも見られるぞ。4曲目もペイガン的な勇壮さを放ち疾走!
シンフォニックなシンセも目立ち5曲目はギターがクサいフレーズを多用、勇壮さも漂う
ミドル曲だな。6曲目も勇壮なシンセがクサいペイガン寄りミドル曲。7曲目はシンフォニックな
シンセ
がこれまたペイガン、ヴァイキングメタルっぽさを演出しつつリードギターも目立ち、
8曲目もペイガン的な壮大さを感じさせるミドル曲。途中のメロウなピアノが良いな・・・!
9曲目はメロデスらしい叙情ギターリフブラストが聴ける劇的な疾走曲だ!


基本的には前作同様の、軽くチープながらも昔ながらの北欧情緒漂う
クサメロデス
だが、今回シンフォブラックペイガンメタル的な要素も
見られるようになり、多少はまんまKALMAHな感じから脱出出来ただろうか!?
まぁ個人的にはペイガンメタルより慟哭叙情メロデスのほうが好きなんだが・・・!(爆)
前作に続くスカスカさも個人的には物足りないんだが、北欧クサメロデスが
好きなクサメタラー
には前作に引き続いてたまらん1枚だろうな・・・!




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 80% お気に入り曲 Troutrace  Into the Ice
Land of the Ending Time







もどる


inserted by FC2 system