SUNVOID







"Through The Dazzling Illusion"




スペイン出身のメロディックデスメタルバンドによる1stアルバム。


2009年にスペインで結成された6ピースバンドによる2017年リリースの
デビューアルバムで、どうやら日本盤は限定200枚のようだが特にレアに
なる事は無いと思われる。音楽的にはメロデス時代のIN FLAMESDARK TRANQUILLITY、
CHILDREN OF BODOM、INSOMNIUM
辺りの北欧メロデスに加えDREAM THEATER等の
プログレメタル勢
からも影響を受けており、基本的には叙情的なギター主体の
メロディックデス
なんだが、部分的にシンフォニックだったりデジタルだったりする
シンセやソプラノ女性Voも顔を出し、さらにプログレメタル的な曲構成
先が読めない複雑さを見せ付けているな・・・!

1曲目はオルゴールの出だしからブラスト、ミドル、疾走を交えリードギターが
メインを張りつつシンセも登場、後半ソプラノVoストリングス系シンセも聴けるぞ。
2曲目はメロデスらしいリフと共に疾走しシンセも登場、後半はデジタル系の
シンセによるソロ
も顔を出すのう・・・!3曲目はピロピロギターと共にこれまた疾走しており、
シンフォニックな叙情性も見られギターソロがメロディアスだな。4曲目はクラシカルなピアノ、
ソプラノVoがメランコリックな優雅さを醸し出す劇的なスロー、ミドル曲だ。5曲目は再びメロデスらしい
叙情リフ
が聴け疾走、基本は軽快なアップテンポギターソロが構築されているな。
6曲目はどことなく怪しい雰囲気が漂うモダン寄りのミドル曲。グロウルがなかなかに
ハイテンションだろうか!?7曲目はピアノ入りメランコリックな空気を纏い、
怪しげなリフ
も聴けるミドル〜アップテンポだな。8曲目はメロデスらしく疾走しつつ途中で
ピアノ、ソプラノVoによるメロウなスローパートが登場、後半はプログレメタル化するぞ。
9曲目もメランコリックな叙情性がありつつスローテンポでプログレメタル的な
要素が目立っており、
こういう曲調はあまり好ましくないなぁ・・・!


北欧メロデスを基本としつつストリングス系のシンセソプラノ女性Vo
シンフォニックさも見せており、上記したようプログレメタルの影響もあるんだが
テクニックのひけらかしみたいな事は無く、あくまでも複雑な楽曲構成のみを
取り入れた
感じで逆に劇的さ、先が読めない緻密な構成を楽しめ好印象だな。
デジタル系のシンセは不要だし、メロデスらしいプロダクションの軽さ
惜しいものの、新人のデビュー作としてなかなかに高品質な1枚だと言えよう!




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 82% お気に入り曲 All In  The New Angle  Memories Erased







もどる


inserted by FC2 system