SUCH GOLD







"Misadventures"




アメリカ出身の高速テクニカルメロディックハードコアバンドによる1stアルバム。


アメリカニューヨーク州ロチェスターから2009年にデビューした若手メロコアバンドで、
本作以前にEPやデモ等もリリースしておりアルバムとしては本作が初の1枚になるようだ・・・!
音楽的にはライトで軽快な疾走感漂う青臭いメロコアが基本なんだが、売れ線ポップパンク、
青春パンクブーム
とうの昔に過ぎ去った昨今、今も生き残っているこの手のバンドはどれも
やけにメタリックだったりテクニカルになってたりしている印象があり、彼等もそういった
今風のメロコアらしいテクニカルでファストな要素を導入しており、音は軽くライトなんだが
ギターやドラムが手数の多いキメやオブリを多用しておる!

1曲目はギターの軽快な刻みに始まりテクニカルなキメも見せつつ疾走!やはり基本は
青臭さ漂うメロコアで、音作りも軽めでヴォーカルも青さ満点のメロコア歌唱なんだが
ギターがオブリをそこかしこで放り込み後半でもピロピロギターが聴けるのう・・・!
2曲目もまたアップテンポのメロコアだが淡々としたムードもありテクニカルなキメも多用されているぞ。
3曲目もやはり軽快さがあり、ヴォーカルも早口で捲し立てメロコアらしい軽快さ、ライトさ
見られるも、途中ちょいとアグレッシヴな面も顔を出すぞ。4曲目はこれまたメロコア要素が
前面に押し出された軽快なファストチューン
となりシンプルに展開、5曲目は穏やかさを見せつつ
ギターやドラムはテクニカルなキメを披露しこれまた疾走するぞ!6曲目は淡々とした中に
やはりテクニカル要素を導入
しており、7曲目も淡々としつつ疾走テクニカルさも見せているな・・・!
8曲目もまたメロコアらしい疾走感を見せつつ僅かながらそれなりには無骨な面もあるか!?
9曲目も同様にテクニカルなギターを放り込みつつノリの良さを披露しており、10曲目はベースがそれなりに
自己主張
しつつもやはり疾走!11曲目はまた軽快さを見せつつも落ち着きのある
アップテンポ
だが、その後はライトな疾走感を放つのう・・・!


高速テクニカルメロコアだが、ヘヴィさメタリックさは皆無でスカスカなライトさが目立っており
ヴォーカルもごくごく普通のメロコア歌唱でメロディーラインもそこまでインパクトがある訳では
無い
んだが、それでも随所で見られるキメやオブリは確かにテクニカル変態的な側面すら
見せておるのう・・・!俺はメタラーなんでやはりもっとヘヴィなほうが好みだし、メロコアらしく
1曲1曲が短くテクニカルな割りにギターソロの類も殆ど無い
というのが惜しく感じられるのう・・・!
まぁやはりメタルヘッズよりもメロコアキッズのほうが楽しめる1枚だろうな。




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 67% お気に入り曲 Another Day  Higher Places







もどる


inserted by FC2 system