SUBMARINE SILENCE







"There's Something Very Strange In Her Little Room"




イタリア出身のシンフォニックプログレッシヴロックバンドによる2ndアルバム。


イタリアのプログレバンドであるMOONGARDENギタリストキーボーディストによる
バンドと言うかプロジェクトで、MOONGARDENがGENESISフォロワー的な扱いを受けているのと
同様に本バンド、SUBMARINE SILENCEも相当にGENESISタイプのシンフォニックプログレ
プレイしており、一見明るめのポップな音作りの中に捻くれた不穏さ、ファンタジックな
幻想美
が隠されており、メロトロンやフルート、オルガンシンセが織り成す壮麗な
シンフォニックさ
が思い切り初期のGENESISを思わせる雰囲気を放っておるのう・・・!

1曲目はいきなりのクワイア、メロトロンの洪水叙情派プログレッシャーを
歓喜させるであろうサウンド
を披露!続く2曲目はメロウさ漂うピアノ上品な
格調高さ
を放ちストリングスも登場、3曲目は早速大仰さを放つシンセサウンドが
プログレらしいシンフォニックさ
を見せ、変拍子ドラムと共にようやくヴォーカルが登場、
GENESISっぽい雰囲気を醸し出しておりポップな中にも不安定な不穏さを感じさせるのう・・・!
泣きのギターやオルガン、笛も顔を出すぞ。4曲目はアコギ歪んだオルガン、シンセが
妙なポップさ、ほのぼの感
を演出しておりリズムは軽快だな。中盤のフルートがまた
叙情的かつ優雅で美しいのう・・・!
5曲目はまたシンセがファンタジックな空間系の
ムードを演出、
6曲目はピアノ、ヴォーカルがどこかダークなミステリアスさを見せ
歌い回しがシアトリカル
だな。7曲目はドラムクラシカルなオルガンが顔を出し後半は
淡々とした感じになるぞ。8曲目はシンセがアトモスフェリック系のムードを放ち
ヴォーカル、ストリングスも登場、切々とした空気を放っているな・・・!9曲目はクラシカルな
叙情性を見せるピアノ
ストリングスシンセ、アコギも登場、強烈な美麗さを見せ付ける
泣きのバラード的なインストである!後半のギターもまた泣いておるのう・・・!
10曲目はシンセ、スキャットVoアトモスフェリック的ムードを放つ壮大な繋ぎで、
11曲目は怪しげなヴォーカル、ギター、リズム何とも言えない胡散臭さを演出、ワウを効かせた
ワイルドなギターオルガンも顔を出すぞ。後半は赤ん坊の泣き声アコギや
シンセ
が乗りプログレ的な側面を見せるのう・・・。12曲目はまたシンセが叙情的な雰囲気を演出、
切々としたヴォーカル
も顔を出し実にメロウだな・・・!後半のシンセがまた哀愁漂っているぞ!
13曲目は再び穏やかでマイルドなピアノ呟くようなヴォーカルが顔を出す
短い繋ぎ。14曲目はアコギ、シンセ壮麗なメロトロンが顔を出し叙情的なシンフォさ、
ファンタジックさ
を醸し出す美麗さ満点のインストで、15曲目は穏やかな中に
アトモスフェリックなムード
を内包する耽美なシンセ、呟きVoがメインとなるソフトな曲。
途中でやけにシアトリカルなヴォーカルに続き泣きの余韻を効かせたメロディアスな
ギターソロも聴けるのう・・・。
16曲目はクリーンギター、メロトロンがこれまた
相当に泣きまくりのメランコリックさを放つ叙情的極まりない短いインストで、
17曲目はアコギに始まりヴォーカルも登場、ダークな雰囲気を放ちつつどこか
シアトリカルな印象
もあり、途中からフルートも顔を出しハモンドに続きバンドサウンドになり
淡々とした展開になるがシンセの盛り上がり方はシンフォニックじゃのう・・・!
中盤以降で泣きのギターソロも聴けるぞ。


1曲1曲が短く、曲間が切れ目無く繋がっておりアルバム1枚で1曲の大作と
言えそうな構築美
を見せておるのう・・・!ヴォーカル曲が少なく繋ぎの短い
小曲が結構目立っており
この辺もまたプログレらしい所だな。評判通りの
初期GENESISフォロワー
と言った感じの音作りで、イタリアらしい濃厚なクサさ、
母国語ヴォーカルの暑苦しい哀愁は無く
どちらかと言ったら英国寄りな音作りで
イタリアンプログレを求めると肩透かし
になりそうだが、シンセメインの
シアトリカルなシンフォニックプログレ
を求める向きにはたまらんバンドじゃろう!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 77% お気に入り曲 About Rebecca  Mr. B  Rebecca's Tears
Conversazioni Notturne Al Vittoriale  The Final Wish







もどる


inserted by FC2 system