STUDIO BURNING







"JKB48"




日本の慟哭系カヴァーメタルプロジェクトの1stミニアルバム。


元LIGHTNING、現SUM RIZEの激熱男泣きシンガー、JUN氏がGARGOYLE、ANIMETAL
カヴァーを行いABSOLUTE AREAとよく対バンしていた裸体少女、鋼鉄楽団かなで〜る等で
サポートギターを務めていた慟哭系テクニカルギタリスト狂介氏と共に
結成したカヴァープロジェクトで、1stとなる本作は何とアイドル集団AKB48
楽曲を熱くも哀愁漂う男泣きメタルにアレンジしカヴァーしているではないか!
AKB48といえばアレだ、赤穂浪士みたいに47人だか48人くらいいる大所帯
めちゃイケで江頭と闘った(?)日本のコスプレアマゾネス集団だろう!?(爆)
俺はカオティックコア系AKBKのイメージしかなく当然曲のほうはまったく
知らん
が今回はどうやらロック寄りの楽曲をチョイスしたらしく、メタルアレンジし
JUN氏が熱く歌い上げても特に違和感の無い選曲になっているぞ!いかにも
アイドルソング然とした虫唾が走るようなこっ恥ずかしいリリック
JUN氏が恥ずかしげも無く歌い上げるような事も無く歌詞もマトモ(?)なモノを
チョイスしている
ようで、何も知らなければ普通にメロディアスなギター泣きまくり
哀愁慟哭パワーメタル
として楽しむ事が出来るだろう!

1曲目は叙情的なギターが聴けシンセも目立ったクサく疾走する
軽快なメロスピ系
熱くも哀愁を感じさせるJUN氏のヴォーカルの
影響もあるのか多分にメロウな雰囲気を持っており短いながら
泣きのフレーズを聴かせるギターソロも良いな!2曲目は歌謡曲的な
クサい叙情ギター
で幕を開ける哀愁バリバリのミドル曲でバックの
ギターがまたVOLCANO的な慟哭系のオブリ、リードフレーズを弾いており
ヴォーカルメロディーもかなりクサいぞ!3曲目はこれまた恐ろしく
クサいシンセ
様式美的な空気さえ感じさせヴォーカルメロもまた
クサさを感じさせる哀愁を放っておりクラシカルな雰囲気を持った
アップテンポ曲
に仕上がっているな。4曲目も叙情性を持った曲だが
これまでの曲に比べるとちょいと地味な印象を感じさせるものの
鋭いオブリで切り込むギターはやはり良く泣きのギターソロがまた
エモーショナルじゃのう・・・!5曲目は夕日が沈むようなメロウさ
感じさせるスローバラードで例えるなら戦隊モノやそういった系統のアニメの
エンディングテーマを思わせる哀愁を感じさせる曲だ!ギターソロがまた
泣きまくっておるのう・・・!6曲目は軽快な出だしオーケストラヒットも目立つ
イントロから泣きの慟哭ギターで疾走するスピードメタルだ!やはりサビが特にクサく
バックのギターがまた強烈な泣きを発散しておりたまらんのう・・・!7曲目は
CHILDREN OF BODOMを思わせるオーケストラヒットストリングス系
シンセ
が聴けゲスト参加のIZNA嬢とツインVoを披露するアップテンポのキャッチーな曲だ。


ここ数年でよくJ-POPカヴァーモノが目立つようになってきており
マーティー・フリードマンもやっていたしパンク、メロコア系でも
お目にかかる機会が多く俺もちょくちょく耳にしてきており、
メタラーがよく小馬鹿にしてるJ-POPなれど実は何気にメロディーが
かなりクサいものが多く
アレンジ、曲展開こそ単純ですぐに飽きが
くる
もののこういったちゃんとしたアレンジが施されていれば
十分鑑賞に堪えうるクオリティーがあったりするのもまた事実・・・!
ましてや今回はメタルアレンジという事なので演奏、アレンジに関して
一切の不安は無い!
プロダクションこそ恐ろしくスカスカではあるが昔の
歌謡曲
を思わせる哀愁漂うメロディーをバンバン放ちそこにVOLCANO的
慟哭ギター
が鋭く切り込み泣き咽ぶクサクサ叙情メタルに仕上がっているぞ!
音質の悪さだけが悔やまれる力作だ!クサいもの好きメタラーは先入観を捨てて
是非とも聴いてみて欲しい!かなりクサいぞ!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 85% お気に入り曲 水夫は嵐に夢を見る、109、メロスの道







もどる


inserted by FC2 system