STRAY FROM THE PATH







"Rising Sun"




ニューヨーク出身のカオティックメタルコアバンドによる4thアルバム。


ニューヨークロングアイランドから登場したバンドで、音楽的には今風メタルコア、
ポストハードコア
を踏襲しているんだがチャラいデジタル要素は無く、その代わりに
カオティックコアからガレージロックまでのテイストを導入しており、ヘヴィグルーヴ
ロックンロール的なシャッフルリズムまで登場しメロディアスさ、キャッチーさは薄いが
ノリの良さを見せてくれるのう・・・!ヴォーカルはスクリーモタイプのライトな
地声交じりシャウトオンリー
で、クリーンVoが一切無いのも潔い部分である。

1曲目はグルーヴィーかつ倦怠感漂うリフスクリーモ寄りのシャウトが乗りつつ
疾走パートも交え、2曲目はワイルドかつ軽快なノリを見せておりシャッフルリズム
展開するが、やはり疾走もしており勢いがあるな・・・!3曲目は怪しげなヘヴィさ
共にカオティックな印象もあるミドル曲。4曲目も怪しさがあるが、同時に倦怠感
見られるミドルチューンとなりカオティックと言うかガレージロック的なジャンクさ
目立っており、ハードコア的な疾走感もあるぞ!5曲目もまた怪しげなギターが聴け
ノリの良さ
があるな。6曲目はヘヴィな焦燥感の見られるグルーヴィーかつカオティックなミドル曲。
7曲目は演説に始まりアップテンポでヘヴィな突進力を放ち、比較的ストレートなハードコア然とした
空気があるな・・・!8曲目もゴリゴリにヘヴィだがワイルドなロックンロール風味が見られ、
9曲目もヘヴィでノリの良さがあり、10曲目は爆走もするがヘヴィグルーヴ主体
スローチューンで、カオティックな変態要素もあるぞ!11曲目は怪しさ満点の淡々とした
リズム
焦燥感を放つ激情ハードコア寄りのスロー曲だが、疾走するパートもあるな。


カオティックコアロックンロール、ガレージロック的なゴチャゴチャしたムードを
発散するメタルコアで、シンセの類は一切使われず今風なチャラさが皆無なのが
硬派で好印象なバンド
である!ただやはりクリーンVoやリードギター等が無く、
メロディアスさだとかキャッチーさだとかは期待出来ないバンド
でもあるな。
この手のカオティックコアの宿命か、リフも似たようなものが多くそこで評価が分かれそうか!?
メタラーよりもハードコア好きのほうが楽しめるじゃろう・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 77% お気に入り曲 Death Beds  Bring It Back To The Streets
The Escape Artist







もどる


inserted by FC2 system