STORM THE SKY







"Permanence"




オーストラリア出身のポストハードコアバンドによる1stアルバム。


オーストラリアはメルボルンから登場した、2015年にデビューと言うバリバリの新人バンド
本作が初のアルバムとなっておる!音楽的にはスクリーモ畑で語られるポストハードコアで、
バンドサウンドのみならずデジタル系のシンセも結構目立っておりいかにも今風な印象が強いも、
そこまでチャラい訳では無くシンセサウンドはむしろ壮大さ、シンフォニックさを演出する感じで、
エレクトロニカ要素がありつつアンビエント、アトモスフェリックな空気が漂っているな。

1曲目はアトモスフェリック感漂う出だしに続いてバンドサウンド、デジタルサウンドが
壮大なムードを演出、
Aメロ以降は淡々としたムードを醸し出しスローテンポで展開、
ストリングス系の音色
もバックで顔を出しサビはそこそこキャッチーさがあるな。
後半でへヴィリフ、絶叫が顔を出しメタルコアに接近するのう・・・!2曲目はメタルコアに
かなり接近したへヴィサウンド、絶叫シャウト
が聴けベースも目立っているが、サビは
クリーンVo
になり定番と言えば定番の展開だな。中盤以降はブレイクダウンへヴィな空気
放っているぞ。3曲目はトランス系のデジタルサウンドへヴィサウンドが登場、いかにもイマドキな
デジタルメタルコア
となりクリーンVoがなかなかにチャラい今風なキャッチーさを見せているな。
4曲目は軽快なノリを放つアップテンポでシンセを纏ったバンドサウンドがキャッチーさを演出、
ヴォーカルは殆どクリーンエモ、スクリーモに近い感じである。5曲目は今風のへヴィさを放つ
メタルコア系のミドル曲。
ギター、ドラムが結構細かいプレイを見せているも、サビで唐突にチャラい
今風のキャッチーなクリーンVo
になるのう・・・!6曲目はクリーンギター、ドラム怪しげな空気を放つ
淡々としたほの暗いバラード系。
7曲目はデジタルリズムストリングス系の音色で幕を開け
エレクトロニカ要素入りのへヴィなメタルコアと化すぞ!8曲目はエモ系の軽いギターで幕を開け
アップテンポのアグレッシヴなメタルコア、ポストハードコアとなるのう・・・!前曲同様やはりサビが
どうにもありきたりなキャッチー系クリーンVoの領域から抜け出せないなぁ・・・!中盤以降はベースが目立ち
怪しげな空気
を醸し出すぞ。9曲目は怪しくも淡々とした穏やかさを放つバラード寄りの曲で、
途中ゲスト参加の女性Voも聴けるのう・・・。10曲目はマイルドなクリーンギターで始まりエモさをキープしつつ
壮大な盛り上がりを見せるシンセ、バンドサウンドも登場、アンビエントかつシンフォニックな
印象もあるスロー曲
となるぞ。


アトモスフェリック、アンビエントな雰囲気モノの空気を纏いつつも基本的には
イマドキっぽさ満点のデジタルメタルコア、ポストハードコア系のサウンドを見せており
まぁ特にこれと言った個性は無く、クリーンVoもそこそこキャッチーでよくある感じ
可も無く不可も無くな空気があるな・・・!やはり個性が欲しい所なんだが、
シンフォニックと言えそうな盛り上がりやエモい叙情性もしかとありこの辺は好印象である!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 79% お気に入り曲 Alive  Same Graves  Sheltered  Oh Sister
Tempest  Red Letter







もどる


inserted by FC2 system