STEVE HACKETT







"Beyond the Shrouded Horizon"




元GENESISのギタリスト、ステーブ・ハケットのソロ名義による23thアルバム。


ここ近年でいつになくバリバリ活動しまくっている元GENESISのステーブ・ハケットによる何と
通算23作目にあたるアルバムである!ライヴも頻繁に行っているようでライヴアルバム
リリースされておりベテランの活発さに頼もしさを覚えるのう・・・!その音楽性は
叙情性を前面に押し出したメロウなプログレで、テクニックは十分だが何よりも楽曲、
メロディーを最優先
しており美麗な事この上無いコーラスやアコギ、ストリングス
ファンタジックとすら言えそうな幻想ムードを演出し強烈極まりない泣きのギター
そこかしこで登場、激しさや緊迫感は無いがその美しさはかなりのものである!

1曲目はノイジーさを感じさせるギターに優しげなストリングスが乗りアコギの
繊細な音色
叙情性満点のコーラスが聴けるメロウさに満ちた美麗な曲
女性コーラスと対位法的な絡みも見せメロディーが実に良いのう・・・!後半は
バグパイプの音色も顔を出しそしてハードさのあるギターも登場、ロック風味を
放ち始めるぞ!
2曲目はファンタジックかつどこかエキゾチックなムードを醸し出す
泣きのギターが聴けプログレッシヴであるがメロディー重視の姿勢を前面に
押し出しておりラストはストリングスで締めるインスト。3曲目はアコギがこれまた
実に繊細なプレイを見せる短い繋ぎ
で4曲目はそのままアコギにストリングス、
ソフトなヴォーカル
も聴け穏やかさを演出するメロディアスな事この上無い曲だ!
5曲目はストリングスボリューム奏法を駆使したエモーショナルなギターが乗り
穏やかな中に泣きを見せる叙情性に満ちた曲。途中からハードさのあるリフも聴け
ロック要素も放たれるぞ!ドラムも一瞬ツーバスを踏み疾走するのう・・・!
6曲目は穏やかで美麗なアコギに淡々としたヴォーカルが乗りハモンド、笛も顔を出し
牧歌的なメロウさを見せるソフトな曲。泣きのギターも姿を見せたまらんわい!
コーラスもまた美しくもどこか素朴な感じだな。7曲目はアコギにコーラスが聴け
大人しめ
なれどやはりこれも美麗で途中のエフェクトアトモスフェリック系に
通じるムード
があるのう・・・!8曲目はこれまた実にエモーショナルなギター
幕を開けその後は打ち込みのようなドラムパーカッシヴさを出しシタールが
中東ムードを強烈に演出!
女性Voも登場しエキゾチックさを見せる面白い楽曲に
なっているな・・・!
途中ギターがオリエンタルなメロ泣きのタッチを披露し
さらにシタールインド風のフレーズを奏でるぞ!後半は様々な楽器が駆使され
中東風味を放ちまくっているな。9曲目は民謡的な笛の音色が聴けパーカッシヴな
ドラム
が加工された音で顔を出し淡々としたミニマル的な要素も垣間見せその後は
ミステリアスに盛り上がりこれまたエキゾチックさのある泣きのギターも登場!
後半はまたどこか怪しげな空気を放つインストだ。10曲目は昔っぽい音質のストリングス
穏やかなアダルトさを見せヴォーカルも低音で落ち着きのある大人のムードを放っているのう・・・!
アコギもまた渋さがあるな。11曲目はクラシックギターによる繊細な美麗さが
素晴らしい繋ぎ
で12曲目はうって変わってブルージーな質感のあるギターリフが聴け
ヴォーカルもそんな感じの歌唱を披露、ファンタジックさの強い本作にあって
最もロック要素の強いワイルドな曲に仕上がっているな。ギターソロも弾きまくり
ラストの高音の鋭さが凄まじいのう・・・!13曲目は12分ほどある大作重厚なチェロ
へヴィさを見せ流れるような流麗さのあるガットギターが美を放ちその後はシンセが
デジタル要素を見せヴォーカルも加工され今風のムードを持ちつつもやはり美しさがあり穏やかで
ファンタジックなプログレ
エレクトロニカ要素の融合といった感じに仕上がっているぞ!途中シリアスな
ムード
を見せさらに穏やかな側面も演出、オーケストレーションガットギター
次々と飛び出しシアトリカルな空気すら醸し出しありとあらゆる要素が入り混じっておるわい!
後半はほのぼのとしつつもやはりミュージカルライクなムードがありストリングスや
等のオーケストラが再び怪しく盛り上がりオルゴールによるグリーンスリーヴス
フレーズも登場、さらに混沌としたドラマティックでシアトリカルな展開を見せ始めるぞ!


短いインスト曲が結構多いのだがどの曲も叙情性、美旋律に満ち溢れメロウさ満点で
実に美しいファンタジックなプログレッシヴロック
に仕上がっておる!アグレッションは
無いがとことん浸れるハイクオリティーな楽曲、演奏が全編に渡って繰り広げられており
日頃の疲れを癒してくれそうな1枚だと言えよう・・・!ギタリストとしての主張も忘れず
それでいてあくまでも根底にあるのは楽曲重視、メロディー重視の姿勢で実に頼もしいな。
ちなみにボーナスCDがもう一枚付いた2枚組のヴァージョンもあるので今からチェックするなら
そっちのほうに手を出すのも乙なモンじゃろうて・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 84% お気に入り曲 Loch Lomond #  Til These Eyes  Prairie Angel
Waking To Life  Turn This Island Earth







もどる


inserted by FC2 system