STEEL PANTHER







"Feel the Steel"




アメリカ出身のLAメタルバンドによる1stアルバム。


BURRN!等でのインタビューが最高に面白かった今更ながらの
LAメタル野郎共によるデビューアルバムである!
メタルコア登場以降完全に市民権を取り戻して久しい
アメリカのメタルシーンだがそれに伴いスラッシュメタル
80年代メタルのリバイバルも盛り上がってきており
ついにはLAメタルにも飛び火し先頃もメタルコアにLAメタル、
打ち込み音を混ぜ合わせたBLESSED BY A BROKEN HEARTなんかが
出てきたわけだがここに来てついに完全LAメタルスタイル
バンドが登場した!元々そういったバンドのカヴァー
していたようでルックスやアティテュード等80年代メタルの
意図的なパロディーはフレージングのオマージュにも
含まれておりさしずめ彼等はLAのSEX MACHINEGUNS
言えそうか!?(爆)ネタに見せかけ高度な演奏スキル、
ミュージシャンシップ
があるのも共通点だな。ヴォーカルは
L.A.GUNSに在籍していた時期がありギターはかつてJUDAS PRIESTを
脱退していたロブ・ハルフォード
によるFIGHTに参加しており
キャリアのあるメンバーで構成されているようだ。

1曲目からまさに80年代真っ盛りのLAメタルでドラムの音なんかも
それっぽい音なんだがプロダクション自体はやはり現代の
クリアさ
がある。2曲目はなぜか琴みたいな音が聴け
非常にキャッチーなメロディーを持っているな。ギターソロは
何とネオクラシカルなフレーズが飛び出す!
4曲目は正統派メタル色濃いリフ、ハイトーンシャウトで
幕を開けるもコーラスワークは紛れも無いLAメタルだ!
リフはやはり正統派でカッコいいな。7曲目は暗めの哀愁漂う
シンセやリフがもろBonJoviでアメリカンながら翳りある
雰囲気
があるな。8曲目はツインリードで幕を開けこれまた
不穏さを放ちダーティかつノリの良いリフが聴ける夜の街を
連想させる
メタリックなロックンロールだ!12曲目はストロングな
リフ、速弾きギター、シンセがパワフルかつアメリカンなノリを見せる典型的
アメリカンバッドボーイズメタルである!コーラスはアリーナ系のノリで
デカバコでの盛り上がりが脳裏に思い浮かぶのう・・・!


超キャッチーなアメリカンメタル、LAメタルをベースに
しているがそれ以外の80年代メタル要素も多く含まれており
モダンな要素は一切無い。90年代以降メタルはアゲインスト
ものとされて久しいがここ最近のメタルバンドは・・・いやメタルに
限らずパンク系でもエモとかポストロック、
ギターロック
辺りはどうもナードな雰囲気が目立っており
個人的にはバッドボーイが好きだったんでこういう不健康、
不道徳
なバンドは音楽性はともかく非常に好みである!(笑)
それでいて演奏、ヴォーカルが上手いのもいかにも
80年代ではないか・・・!何とLOUD PARK 09への出演も
決定しており面白さに隠された高度なパフォーマンス
楽しめるだろう!おそらくかなりのライヴバンドだろうな・・・!
曲が好みというわけでは無いが(爆)今から生で観れるのが
楽しみでならんわい!





Amazon.co.jpで見てみる




満足度 74% お気に入り曲 Asian Hooker、Party All Day、
Turn Out The Lights、Hell's On Fire







もどる


inserted by FC2 system