STARSICK SYSTEM







"Lies,Hopes & Other Stories"




FAIRYLAND、PATHOSRAY、EDEN'S CURSE等のシンガーによるオルタナティヴメタルバンドの2ndアルバム。


FAIRYLAND、PATHOSRAY、EDEN'S CURSE等に参加してきたMarco Sandronが
在籍するバンドではあるが、音楽的には意外にもオルタナティヴメタル、歌モノの
ラウドロック路線
となっており、上記バンドを好むクサメタラーとしては
ソトコトもいい所、さながら映画秘宝読者にとってのファミリー映画が如き
忌むべきジャンルかも知れぬ・・・!ALTER BRIDGE、SIXX AM、SHINEDOWNが
比較対象
に挙げられており、そんな感じの90年代以降のアメリカンロックな
気だるさ、ルーズさ
を感じさせ、ブルージーでサザンロックテイスト漂う
リフワーク、Voラインはとてもクサメタラーが喜ぶようなシロモノでは無く、
メロディーラインもアメリカンなんでなおさらじゃのう・・・!Voは流石に巧さ
感じさせはするが、やや線が細い印象があるな。

1曲目はシンフォニックな大仰さを放つイントロだが、2曲目はブルージーなリフが
アメリカンな気だるさ
を放つスロー曲だな・・・!ギターソロが聴ける辺りは
流石に現代だが。3曲目は細かいリフと共に疾走感を放つアメリカンロックで、
アリーナロック的コーラスも聴けるぞ。4曲目は軽快さと共にエモ寄りの情緒
感じさせるのう・・・!5曲目は淡々とした穏やかなバラードで、コーラスは分厚く
ハードさ
もあるな。6曲目はブルージーな気だるさを放つスローテンポで、シンセも顔を出し
ギターソロはそこそこ劇的だな。7曲目はややカントリー寄りの穏やかなアコギが聴けるバラード。
8曲目は跳ねるようなリズム、乾いたギターが印象的なアメリカンロックで、
9曲目はハードなギター、Voがダーティーさを感じさせるアップテンポとなり、ギターソロも勢いがあり
大きな聴き所
である!10曲目はアメリカンな憂いを漂わせたバラード系で、
11曲目は007 カジノ・ロワイヤルのテーマ曲として知られる、Chris Cornellの
“You Know My Name”のカヴァー
で、これまた憂いあるアメリカンな
ハードロック
に仕上がっておりカッコいいな・・・!


キャッチーさを感じさせる歌モノラウドロック、オルタナティヴメタルで、
そこまでヘヴィでは無くギターリフにはブルージーなハードロック的質感
感じさせ、Voラインもキャッチーさ、フックが見られるんだが、あくまでも基本は
アメリカンロックなんで、ヨーロピアンな叙情性、クサさとは無縁もいい所、
FAIRYLAND、PATHOSRAY、EDEN'S CURSE等といった前歴は忘れて聴いたほうが
いいだろうな。これらのファンにはまるでオススメ出来ないし、逆に本作の
サウンドが好きな人間にとってこれらのバンドはゴミだろうしで、同じHM/HRでも
見事に相容れない、まさしくアメコミ好きにとっての日本の萌えアニメ、
格闘技好きにとっての球技のようなモン
である(爆)。とは言えクオリティーは高く、
AEROSMITHに通じる雰囲気があるんで、そういうキャッチーなアメリカンロック、
アリーナロック
に理解があるリスナーには十分にオススメ出来るな。




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 80% お気に入り曲 Bulletproof  Sinner
Perfect Lie  You Know My Name







もどる


inserted by FC2 system