STARKILL







"Fires of Life"




アメリカ出身のメロディックデス/ブラックメタルバンドによる1stアルバム。


アメリカ出身でありながらもトレンドに背を向け、メタルコアやデスコアをやらずメロデスをプレイする
異例の感性を持ったバンド
である!ハイスクール時代はのけ者にされていたのだろうか!?(爆)
最初はBALLISTIKAと名乗り、その後MASSAKRENに改名してブラックメタルをやっていたらしいが
今はSTARKILLとなり脱ブラック、
音楽的には上記したよう基本はアメリカのバンドらしからぬ
メロデス
なんだが、それだけでは無くシンフォニックブラックからメロスピ、クサメタルやら
ヴァイキングメタルやらの要素を片っ端から導入しており忙しなさ満点のサウンドを披露しておる!

1曲目は早速のピアノがメロウさを放ちシンセオーケストレーションも登場、シンフォニックブラック
空気を感じさせブラストで爆走しブラックメタル寄りの喚き高音デスVoも聴けるが、それだけでは無く
ピロピロしたギターも顔を出しギターソロは何故かメロパワ寄りの勇壮なツインリードである!
中盤以降もまたピアノ叙情的なリードギターが登場するのう・・・!2曲目はうって変わっていきなりの
メロパワ、メロスピ的なポジティヴさを放つギター
が登場!ヴォーカルだけデスVoでそれ以外は
まんまメロパワな感じとなっており勇壮な面も見られるだろうか!?後半は雰囲気が変わりストロングな
ミドルテンポ
になるが、これまたクサメタル色濃いギターも聴けるぞ!3曲目は再びブラックメタルに接近し
煌びやかなシンセも登場、これもギターソロがクサさを放っているな・・・!4曲目もまたブラックメタルの
要素が強い
んだが、ブラストと共にピロピロギターが聴けるのは新鮮さがあるな・・・!ホーン系シンセが
ヴァイキングメタル的なフレーズ
を聴かせてくれるが、ギターソロはまたメロパワ的なピロピロを披露するのう・・・!
5曲目もまた大仰なクサさを放ちつつも爆走はせず勇壮なミドル〜アップテンポで、ギターリフは
正統派HM/HRに近い
んだがホーン等はヴァイキングメタル風である。中盤は怪しげな男コーラスも聴けるぞ。
6曲目は勇壮なストリングスシンセ、得意のピロピロギターがノリの良さを放つアップテンポ曲で、
これもヴォーカルだけデスVoそれ以外はクサメタルな感じだな・・・!後半なヴァイキングメタル的な雰囲気が強いぞ!
7曲目もまた勇壮さを漂わせEQUILIBRIUMばりの爆走シンフォニックヴァイキングメタルと化すぞ!
ただギター、シンセソロはメロパワ的で、こっちはDRAGONLANDっぽい雰囲気があるか!?8曲目は爆走こそしないものの
ブラックメタル的なギター
が目立ち、中盤はフィメールVoシンセアトモスフェリックなムードを醸し出すぞ。
9曲目は初期CHILDREN OF BODOMライクなシンセが登場し疾走!ブラックメタル的な要素もあり
シンフォブラックとCHILDREN OF BODOMの中間
と言えそうか!?ギターソロはやはりピロピロと
弾きまくるシュレッド
である。10曲目はシンフォニックブラックの要素が強く押し出されたファストチューンだ!


基本はメロデスなんだが、北欧のバンドに見られる冷たい叙情性、メランコリックさは皆無で
ただひたすらに熱く勇壮でクッサイ雰囲気が漂っており、曲によってメロパワ風だったり
シンフォブラック寄り
だったりと一貫性は無いんだが、共通してクサさは強くいい意味でB級ムードが強いのも
また持ち味だろう・・・!メランコリックな北欧風味を求める向きにはまったく合わんが、クサメタラーであれば
存分に楽しめるであろう愛すべきB級クサメロデス/ブラックメタルバンドである!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 83% お気に入り曲 Whispers Of Heresy  Sword, Spear, Blood, Fire
Below The Darkest Depths  New Infernal Rebirth  Strength In The Shadow
Withdrawn From All Humanity  Wash Away The Blood With Rain







"Virus of the Mind"




アメリカ出身のメロディックデス/ブラックメタルバンドによる2ndアルバム。


アメリカのバンドでありながらメタルコアでは無くメロデス、ブラックメタルをプレイし
そのいい意味で垢抜けない、愛すべきB級クサメロデス要素がクサメタラーの間で評判となった
イリノイ産4ピースバンドによる2作目のアルバムである!前作は非メタルコアなメロデス
ありつつも、そこにシンフォニックブラックの大仰さメロパワ、メロスピ的ピロピロギター、
ヴァイキングメタル的な勇壮さ
をブチ込み、クサいメタルサウンドならなんでもありな感じを
強烈に見せ付けていたんだが、続く本作もまた大仰で勇壮なシンフォニックさを導入したクサさ満点の
メロディックデス
をプレイしておりクサメタラーを喜ばせてくれるぞ!

1曲目は早速切れのあるストリングスが登場し勇壮なシンフォニックさを演出、その後はメロデス的な
勢いのあるバンドサウンド
も聴けデスVoは引っ込み気味なれどブラストと共に大仰さを見せるのう・・・!
ギターソロもピロピロと弾き倒しているぞ!2曲目はギターリフメインな印象があり細かいフレージングを披露、
だが決してヘヴィにならない辺りがいかにもクサメタル的で、さらにヴァイキングメタル寄りの
雄々しさを醸し出すクリーンVoコーラス
も聴けるのう・・・!3曲目もまたギターリフを主軸とした作りを見せており、
軽快なノリのアップテンポでヘヴィさは無いがちょいとダーティーな空気も見られ、細かいギターの
オブリ
も顔を出しギターソロもピロピロと自己主張、その後にシンフォニックさが出てくるぞ。
4曲目はオーケストレーション泣きのリードギターが聴け、クサさの中にエモーショナルな空気を
醸し出すが意外にも爆走はせず、ピアノと共に淡々としたメロウさを放つパワーバラードと言うか
デスバラードと言えそうな叙情的な楽曲となるのう・・・!5曲目はシンセとユニゾンする
リフ
がいちいちクサさを放つミドルチューン。途中でクリーンVoコーラスも顔を出し、ギターソロが
クラシカルなクサさ
を放っており良いぞ!6曲目はピアノ、シンセが意外と北欧寄りな冷たさを醸し出す
淡々とした曲で、7曲目は出だしから早速相当にドラマティックさがあり、さらにオーケストレーション、
ピアノ
と共にブラストで爆走!ブラックメタル寄りな面もあるがどちらかと言ったらメロデス寄りで、
クリーンVoコーラスも顔を出し大仰な盛り上がりも見られるのう・・・!ギターソロもピロピロしまくっているぞ!
8曲目もまたシンフォニックブラックの様相が強い爆走チューンで、大仰さ満点のオーケストレーション
ブラストビートが顔を出すも部分的に変拍子リズムも聴けるぞ。中盤は何故か軍靴のリズムが顔を出し
胡散臭さを演出するのう・・・!9曲目はギター主体のアレンジが施されたアップテンポ曲で、メロデスと言うよりも
正統派メタルにデスVoが乗っかっているような曲調だな。10曲目は荘厳さを漂わせたオーケストレーション
叙情的なリードギターが聴けるも、その後は淡々とした正統派寄りのミドル曲になるぞ。


基本的な音楽性は前作を踏襲しているが、シンフォニックさよりもギターによる泣き、叙情性に
重点を置いたかのような仕上がり
を見せており、爆走チューンは減ったが単純にメロディーが
増強されており
ギターもソロやオブリ等細かいピロピロのみならずエモーショナルな泣きの
フレーズを紡ぐ箇所
が増えて来ておるのう・・・!疾走感を求めると前作に軍配が上がるだろうが、
メロディアスさ、クサさ、エモーショナルさやシンフォニックさ以上にHM/HRとしての魅力
求めるのであれば本作のほうが評価が上がるであろう!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 83% お気に入り曲 Be Dead or Die  Winter Desolation  Breaking the Madness
Virus of the Mind  Skyward  Into Destiny  God of This World







"Shadow Sleep"




アメリカ出身のメロディックデス/ブラックメタルバンドによる3rdアルバム。


メタルコア、ポストハードコア大国アメリカ出身ながら、そういった
スタイルでは無くメロデス、ブラックメタル的なエクストリームメタルを
プレイするバンドの通産3作目で、過去作は非メタルコアなメロデス
基本としつつも、そこにヴァイキングメタルやらクサメタルやらの要素を
大々的に導入し、クサメタラーにウケる音を出していたんだが、本作では
初期作に見られたような大仰なシンフォニックさ疾走感は見られず、
シンセがスペイシー寄りになったりリフ主体の音作りになったり、
さらに微妙なヘタウマクリーンVoも前作以上に増えており、総じて今風に
なっちまった
印象があり初期のクサさを好むクサメタラー的には微妙だろうか!?

1曲目はスペイシーなシンセに始まりダーティーなノリの良さを放ちつつ
やはりメロデス的なギターが聴け、サビのクリーンVoは今風だろうか!?
2曲目は北欧的なシンセが聴けるアップテンポのメロデスだが、これまた
あまり巧くないクリーンVoも登場、3曲目はEDM系のシンセ、
コーラス
で幕を開け、全体的にトランス寄りの印象があるが、シンフォニックな
神秘性
もありそこは良いな。4曲目は疾走感あるメロデスに戻り、リフ重視な
印象がありつつフィメールVoも登場、5曲目は冷たさのあるピアノが聴けつつ
これまたリフ重視のアップテンポで、6曲目は淡々とした男女ツインVo曲となり
北欧的な情緒があるも、メロデス要素は一切無いな・・・!7曲目はエキゾチックな
怪しさ
が見られるヘヴィ寄りの曲で、8曲目は北欧メロデス感漂う
シンセワーク
で軽快さを放ち、CHILDREN OF BODOMに近い印象があるか!?
9曲目はクリーンVo多めでこれまた軽快さがあり、壮麗なシンセや女性Voも交え
10曲目はシンセを交えつつなかなかにストロングな印象のある疾走メロデスだが、
やはりクリーンVoも多いな・・・!11曲目は怪しくも神秘的な印象
ミドル曲となり、12曲目はやけに明るめのギターで始まり軽快さを放ち、これまた
クリーンVoメインだな。13曲目はシンフォブラックに接近した
疾走感、禍々しさ
があるも、やはりクリーンVoが目立っているのう・・・!


一応ギター等メタルコアでは無くメロデスをしかと踏襲しているんだが、
シンフォさよりもスペイシーさが目立ったEDM系シンセ微妙なヘタウマ
クリーンVo
が多用されるようになり、メロデスらしさをキープしながらも
イマドキ感が見られ、クサメタラー的には好ましくない方向に進んでしまった
印象があるな・・・!ただ1stには一切無かった北欧的な冷たい情緒
本作で部分的に見られるようになり、そういう要素を求めるのであれば
楽しめるかも知れん1枚である。




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 80% お気に入り曲 Burn Your World  Shadow Sleep
Into the Grey  Captive of the Night







もどる


inserted by FC2 system