SPOKEN







"Illusion"




アメリカ出身のエモ/スクリーモバンドの5thアルバム。


STORY OF THE YEARが引き合いに出され語られる事の多いスクリーモバンドで、
音楽的にはニューメタル的グルーヴィーさのあるモダンなへヴィサウンド
主軸にしているがその一方で湿り気を帯びたへヴィさの無い本格的なエモチューン
プレイしており、ヴォーカルはスクリーモ然とした絶叫シャウトエモいクリーンの
両方
を披露、ビートダウンも交えつつサビがクリーンVoでキャッチーさを放つ
定番の曲展開
を見せており爆走も無ければギターソロも無く、この辺は
メタルコアとは異なるラウド、モダン系のノリじゃのう・・・!

1曲目から早速モダンかつノリの良いリフが顔を出しヴォーカルは相当に
テンションの高い絶叫を披露!
その後はビートダウン風になるがサビは
クリーンVoイマドキらしいデジタル風味も加えられておるのう・・・!
2曲目もモダンさのあるへヴィリフシンガロング、シャウトが乗り
グルーヴィーかつ軽快なノリの良さを放ちビートダウンも登場、サビは
例によってクリーンVoになるぞ。
3曲目もへヴィリフグルーヴィーさ
放つが淡々とした面も見られヴォーカルはクリーンがメインである。
4曲目はデリデリしたギターが聴けるエモ寄りの楽曲穏やかな中に
湿った叙情性
を感じさせるがヴォーカルがどこか明るめだろうか!?
サビはキャッチーさがあるのう・・・!5曲目もまたへヴィさよりもエモさが
重視された楽曲
で、軽快さを持ちつつも湿り気を帯びたエモい哀愁が漂い
ヴォーカルもまた実にキャッチーである!6曲目はデジタルリズムに
ストリングス
がこれまた叙情性を演出、モダン寄りのバンドサウンドも
顔を出すが
どちらかと言ったらバラード的な要素が強いスローチューン
やはりサビが良いのう・・・!7曲目もエモい出だしだがその後は
ノリの良いへヴィリフが登場!まぁAメロは淡々としたエモ系でサビに爆発する感じの
曲構成を見せており勢いのあるシャウトも聴けるぞ!8曲目は邪悪さのあるワイルドな
へヴィリフ
モダンさを放ち爆走はしないが絶叫シャウトアグレッシヴさを見せ
サビは一転してクリーンVoが顔を出すぞ!9曲目はハードではあるがへヴィでは無い
ギター
で幕を開けるエモ寄りの曲で、淡々としつつもメロディーはキャッチーさがあり
エモらしい湿り気も感じられるな。10曲目は穏やかなクリーンギターで幕を開け
これまたキャッチーな中にエモらしい湿った叙情性を感じさせる質の高い
エモコアナンバー
である!11曲目も湿ったエモさ全開のバラード曲
ヴォーカルが上手いんでこういう曲もハイレベルに仕上がっておるのう・・・!
12曲目は久々にモダンさのあるへヴィチューンに戻りアップテンポで
ノリの良さ
を放ち、畳み掛けるシャウト等どこかSLIPKNOT風だがサビは
例によってクリーンVoになり相当にエモく壮大な広がりすら感じさせるぞ!


スクリーモでありつつもバンドサウンドは相当にモダンなへヴィさが強く
疾走感
よりもグルーヴィーさを重視しているが湿ったエモさもしかとあり、
ヴォーカルが上手くキャッチーな繊細さを放つクリーンに加え絶叫シャウト
地声成分を多く残しており、アグレッシヴと言うよりも文字通りエモーショナルな
質感
があり激しさを求める向きには合わんだろうが、エモい激情を感じさせるに
十分な湿り気シャウト
を聴かせてくれるぞ!非へヴィなエモチューンも目立ちそっちのほうが
クオリティーが高いように感じられたのだが気のせいだろうか!?(爆)




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 80% お気に入り曲 Beneath The Surface  More Than You Know  Shadow Over Me
Take Everything  Tonight  Illusion







もどる


inserted by FC2 system