SPINALCORD







"Remember Me'Til Your Dying Day"




GALNERYUSのギタリストSyuによる新たなバンドの1stアルバム。


GALNERYUSで高度なセンスとスキルを披露する日本が
生んだ新世代ギターヒーローSyuが率いる新たなバンドである!
かつて彼が率いていたヴィジュアル系バンド、AUSHVITZ
前身との事でSyuはギターのみならずヴォーカルも披露、
デス声、クリーンVo双方を操る典型的V系スタイル
当時の彼はギターと違ってお世辞にも上手いとは言えず
天は二物を与えず
逆に安心感を覚えたが(!?)、
流石にあれから密かに特訓を積んでいたのか大分マシに
なってきておるのう!
まぁメタルのストロングスタイルではなく
日本人の喉に優しい弱めのV系スタイルなのだが・・・!
音楽的にはGALNERYUSに通じるテクニカルかつメロディアス
疾走するメロパワを主体としつつもそこにV系というか
ポップな要素や今風の電子音、モダンなへヴィリフ
取り入れておりGALNERYUSでは出来ない事をここで
やるつもりなのだろうか!?ギタープレイはやはり素晴らしく
その他のベース、ドラムもやはりいい仕事をしている!

1曲目は電子音で幕を開けストリングスの音色も登場し
そしてモダンさを感じさせるへヴィなバンドサウンドが聴け
デスVo、シンガロングも顔を見せSyuのヴォーカルと共に
疾走開始!GALNERYUS等メタルとは異なるヴィジュアル系の
声質
でやはり弱さはあるがAUSHVITZの頃よりは上手く
なっているぞ!ギターソロは流石Syuだけあってテクも
泣きも抜群である!
シンセも盛り上がりを見せラストでも
分厚いコーラスが聴けるぞ。2曲目は早速テクニカルな
ギターフレーズ
で始まりプログレメタル的雰囲気を放ちつつ
疾走しヴォーカルはマイルドな歌い回しだが力強くがなる
部分もありこの辺はGALNERYUSの影響が濃いのだろうか!?
疾走するドラム、シンセもテクニカルメタルライクだな。
ギターソロはやはりガルネリ直系のドラマティックさがあり
大きな聴き所である!3曲目はヴォーカルで始まりモダンに
疾走
し電子音も登場、ヴォーカルはV系ライクな弱めの
デスヴォイス
でまくし立てクリーンVoも登場しサビは
爽やかなキャッチーさを演出する。4曲目はデジタルリズム、
電子音
で幕を開けドラム、モダンなリフでグルーヴィーさ
出しつつテクニカルさも披露しヴォーカルはAメロで加工され
その後はクリーンになるぞ。ギルガメッシュの“MUSIC”に通じる
モダンさとデジタルの融合と言えそうな曲だな。速弾きで
切り込むソロ
も凄まじい切れ味で泣きのプレイも文句無しだ!
若干短いのが勿体無いのう・・・!だがラストでも
実にエモーショナルなタッチのソロが聴けワウの使い方など
ウリ・ジョン・ロート仙人の領域に踏み込みつつあるな・・・!
5曲目はAUSHVITZ時代の曲でベース、デスヴォイスで始まり
モダンなバンドサウンドとメロウなクリーンVoの対比が
印象的だな。疾走パートはV系というよりは十分メタルなのだが
デスヴォイスの弱さが足を引っ張り悪い意味でV系っぽさが
残ってしまっている
な・・・!ギターソロはやはり素晴らしい!6曲目は
ドラムで始まりモダンかつプログレメタルライクな
技巧的リフ
が聴け電子音と共に爆走開始!そして最近のGALNERYUSっぽい
分厚いコーラスが中東風のフレーズを歌いヴォーカルは加工気味だ。
ライヴで盛り上がりそうなシンガロング誘発パートも聴け
実にアグレッシヴだがそれ故にヴォーカルの弱さが実に惜しいのう・・・!
サビはクリーンでキャッチーなメロを歌いギターの泣き
やはり強烈で実に聴き応えある構築されたフレーズを弾きまくる!
7曲目もモダンなリフ、スクラッチ風電子音が聴けるテクニカルで
へヴィかつキャッチーなV系メタル
でドラムもいい仕事をしているな。
サビは実にポップな仕上がりでいかにもJ-ROCKな雰囲気が
強く硬派なメタラーにどう捉えられるかは判らんが
その後はかなり技巧的なプログレメタルと化すぞ!本作中最も
プログレ寄り
のパートであろう!8曲目はドラムで始まり穏やかさに満ちた
バラード的な曲調となるぞ。メタル、ロックのバラードではなく
モロにポップス系のバラードで妙にこっ恥ずかしい
これもSyuのやりたい事なのだろうか!?だがサビではバンドサウンドが
一気に盛り上がりを見せこの辺はやはりメタルの畑じゃのう・・・!
ギターソロの泣きはやはり半端ではない!9曲目は非メタルの
ワイルドさ
を感じさせるデリデリしたカッティングが聴けるスロー曲。
掠れた声質がいい味を出しておりチェロ音のシンセ、ハモンドの
バッキング
も登場し途中でバンドサウンドがへヴィに盛り上がり
日本のバンドらしいキャッチーさを持ちつつもどこかブルージーな曲に
仕上がっている。力強くがなるヴォーカルも好印象でやはりいい手本が
側にいる
からか達者な歌唱を見せているぞ!10曲目は
シンセがキャッチーな響きを見せピコピコした電子音も登場、
どこかアジアンテイストを感じさせピアノ、ヴォーカルがかなり
クサいメロディー
を披露しアップテンポになる曲だ!本作中特に
クサい曲
と言えそうな雰囲気がプンプンでシングルカットするなら
この曲
と言えそうな塩梅である!ドラム、ベースも自己主張し
シンセもアトモスフェリックさを演出、がなり系ヴォーカル、
シンガロングも実に熱くこの辺はGALNERYUS色が濃いのう!
ギターソロの過剰な泣きもそんな感じでヴォーカルスタイルも
今や脱退して久しい礼儀正しきナイスガイYAMA-B氏を思わせ
グッと来るものがあるわい!ただイントロのシンセを
再び繰り返すアウトロはちょいと勢いが削がれダレるやもな・・・!11曲目は
そのまま繋がるようにメロウなピアノで始まりドラムがアグレッシヴに暴れ
シンセストリングス、ギターもドラマティックに飛び出しデリデリした
リフ、弱めの絶叫デスヴォイスも登場し再びアグレッシヴなV系メタルと化す!
サビはクリーンで爆走しキャッチーさと攻撃性を両立させているぞ!
ギターソロはクラシカルな速弾きがスリリングさを演出、テクニックと
ドラマ性
が見事に噛み合っておる!ラストの盛り上がりも実に劇的だ!
12曲目はアコギのストロークが聴ける穏やかな曲だが
やはりバンドサウンドも登場し曲調はポップス風だが出音はハードロックだな。
シンセストリングスも壮大さを出しこの辺はどこかJanne Da Arcに近いか!?


ポップでキャッチーになっただとかV系色濃いSyuの
ヴォーカル
がどうこうとか、そういった部分で
GALNERYUSとの差別化を図っているのだろうが正直
ヴォーカル意外はまんまGALNERYUSと言っても遜色無い
音を出しているので日本語詩、弱めのヴィジュアル系
スタイルのヴォーカル
が聴けるGALNERYUSファンは
聴いて損無しの1枚と言えよう!まぁやはりシンガーではない
Syuのヴォーカルが足を引っ張ってしまっている部分は
あるがな・・・!アルバム後半ではいい歌唱を披露しているがそこ意外が
超一流
のためどうしても目立ってしまうのう・・・!
デス声、V系ナヨナヨ歌唱よりがなり系のほうが
彼には向いているだろうな。




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 86% お気に入り曲 OVERDOSE、SET ME FREE、
四肢滅裂、DAYLIGHT(REAL FACE MIX)、
TEARS(SC OWN WAY VERSION)、慟哭







もどる


inserted by FC2 system