SPAWN OF POSSESSION







"Incurso"




スウェーデン出身のテクニカルプログレッシヴデスメタルバンドの3rdアルバム。


ここ数年で数多くのバンドがバンバン登場してくるようになった変態的テクニカルデスコア、
カオティックコア
の流れを汲んだバンドの通算3作目のアルバムである!その音楽性は
2本のギターを主軸としとにかく変態的なフレーズを放り込み絡みまくり
リズムも変拍子を連発する技巧的な事この上無いデスメタルではあるがデスコア、
カオティックコア
と言うほど極悪なアグレッションは無くこの辺がやはり
プログレッシヴデスメタルと呼べる部分だろうか・・・!?

1曲目はクリーンギターシンフォニックなシンセが聴け変態的かつタイトな
バンドサウンド
も顔を出し怪しくもシリアスなムードを演出するイントロ
続く2曲目は変態ではあるが意外とメロディーもあるフレーズを弾くギターが暴れ
リズムは硬質でタイトな変拍子、変態フレーズをキメまくりデスVoが乗っかっているが
意外と音は軽めな部分がありデスコアのようなゴリゴリ感カオティックコアのような
テンションの高さも無く知的な印象があるのう・・・!3曲目も変態的ギターフレーズ
共にテクニカルに展開し疾走するプログレデスメタルで途中ビートダウンと言うほどでは
ないがテンポダウンするパートもあり後半はどこか怪しげな中東っぽいメロを奏でる
ギターが聴けるぞ。
4曲目はのっけからギターとベースが高速でユニゾンし出だしから
テクニカルさを見せつけ忙しそうな疾走感を放ちつつリズムは変拍子だらけだ!
ギターソロは結構ネオクラシカル風判り易い速弾きを見せ面白いな・・・!結構長い曲で
10分近くあり
後半のソロはテクニカルながらメロディーも弾いており怪しげな印象があるぞ。
5曲目はギターとベースが唸り結構へヴィになりつつもやはりリズム、フレーズはド変態な
テクニカルチューン。
中盤は怪しくもどこかノリの良いハッピー感のあるツインギター
対位法で絡み合いその後はビートダウン風のスローパートになるのう・・・!
6曲目は疾走感溢れる勢いを感じさせるテクニカルデスで途中ギターがこれまた対位法っぽい
絡み
を見せ怪しく胡散臭く妙なノリを見せておるな・・・!中盤以降のギターソロが
またクラシカル系でありつつどこか和音階っぽいメロディーを弾いており
ツインリード
和っぽさがあるのう・・・!7曲目は変態的ギターが唸る中何気無く
ベースがメロディーを弾きその後はやはり疾走変拍子プログレデスメタルと化すぞ。
中盤のギターが対位法でクラシカルな絡みを見せさらにベースも絡み出しアレンジ能力の
高さ
を見せ付けているかのようだ・・・!8曲目はこれまた変態的かつクラシカルなフレーズも交え
2本のギターがユニゾンしたり対位法で絡んだりと相変わらずせわしない印象を放つ
アップテンポ曲
でギターソロも結構ドラマティックさがあり聴き所となっているな。
9曲目は何とストリングス、オルガンが荘厳なムードを放ちテクニカルなバンドサウンドもそこに絡み
さながらシンフォニック・テクニカルデスの様相を放ち始めるシリアスなナンバーだ!これまた大作で
8分以上あり変態的要素を目立たせつつオーケストラアレンジクラシカルなメロが光っておるわい!


テクニカルデスメタルでありつつもデスコア、カオティックコアとは異なる変態的かつ
知的な部分が特徴のバンド
でギターの音など意外と軽めではあるが悪い印象は無く
むしろありがちな重苦し過ぎる変態テクニカルデスコア勢との差別化が図られており
これはこれで結構悪くなかったりするな・・・!デスVoもしわがれた吐き捨て系で
極端にブルータルではなく
音作り等全体的に変態的でせわしなく聴き易い印象があり
この手のメタルの宿命どの曲も似たような感じなれどそれ故に捨て曲は無く
エクストリームメタル好き
と共にプログレメタラーも楽しめそうな1枚である!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 85% お気に入り曲 全部







もどる


inserted by FC2 system