SOUL OF STEEL







"Destiny"




イタリア出身のメロスピ、クサメタルバンドによる1stアルバム。


今も昔も変わらずB級クサメタル大国である(爆)イタリアから登場した若手バンドで、
ツインギターとシンセを導入した6人組となっており、その音楽性はキラキラした
シンセ
を導入したB級メロスピ、クサメタルの王道を行くもので、スカスカ極まりない
チープなプロダクション、バタついたドラム
フレーズを弾き切れないギター、
そしてお約束のヘナチョコヴォーカルが織り成すクサメタル世界はまさしくかつて
局地的に繁栄を誇った名(迷)レーベル、アンダーグラウンドシンフォニーを
彷彿とさせるものである!(爆)


1曲目は怪しげなムードを醸し出すイントロで、続く2曲目はまさしく往年の
イタリアンB級クサメタル丸出しなチープさ
を放つプロダクションのギター、
キラキラシンセが登場!
ギタープレイがまた相当に危なっかしくやけに淡々とした
出だし
だがその後はスカスカサウンドで疾走!ヴォーカルも例によって例の如くの
ヘナチョコ声質
期待を裏切る事は無い!(爆)ギターソロも強引だが頑張っているか!?
3曲目はピアノが優雅な幕開けを見せチープなギターも登場、意外と疾走はせず
ミドルテンポ
で淡々としたムードを演出、途中のギターのリズム感が実に怪しいなぁ・・・!
4曲目はクサさを放つリードギターと共に軽快に疾走!途中のリードギターはどこか
エキゾチックなフレーズを奏でているのう・・・!中盤以降はストリングス系の
シンセ
叙情的なムードを演出しているが、その後のギターソロまでが
妙に長くダレを覚え、
纏め切れていない印象がある辺りがいかにもB級クサメタルだな(爆)。
5曲目は穏やかなクリーンギター、ピアノが聴ける叙情バラード。アコギソロがエモーショナルで良く
B級とは言えこの辺のセンスはやはりイタリアと言う出自がなせる業だろう・・・!これでヴォーカルが
マシだったらなぁ・・・!(爆)
6曲目は軽快なアップテンポで展開する正統派寄りの
ノリの良い曲。
7曲目はちょい怪しげなギターに始まりこれまたノリの良いアップテンポ
リフワークも正統派寄りだな。後半でシンセソロも聴けるぞ。8曲目はちょいと勇壮さを
感じさせるギター
が聴ける正統派ライクなミドル〜アップテンポ曲。
9曲目はこれまたメロウなピアノが聴ける叙情的なバラードである!


2010年以降のバンドとは思えぬ前時代的ヘナチョコB級クサメタルで、意外と
疾走しまくりでは無くむしろミドルテンポが多く淡々とした展開を見せているが、
やはりプロダクションが相当にチープ演奏、ヴォーカルも稚拙なのでどうにも
説得力が無いのう・・・!B級バンドらしくメロディーにも大してフックは無く
変に正統派に傾倒せず愚直なメロスピに徹してもらいたいんだがどうだろうか!?
こんなヘナチョコメタルなのにあのLabyrinthのロベルト・ティランティが
ゲスト参加している
のも激しく謎である!(爆)




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 64% お気に入り曲 Reborn







"Journey to Infinity"




イタリア出身のメロスピ、クサメタルバンドによる2ndアルバム。


2010年以降のバンドながら2000年前後に猛威を振るったB級ヘナチョコ
イタリアンクサメタルサウンド
をプレイする、遅れてきたB級クサメタルバンドによる
2作目のアルバムである!キラキラシンセを導入し、意外と正統派寄りの音作りながら
プロダクション、演奏、ヴォーカル等全体的にヘナチョコだった前作と比べると
流石に成長の後が見て取れ、プロダクションも向上し演奏もタイトさを増しており
B級ヘナチョコメロスピからそれなりにエピックなメロパワへと進化しておる!

1曲目はSE厳かなストリングスが顔を出しエピック的な壮大さを感じさせる
イントロで、続く2曲目はシンセに続き正統派ライクなメロパワ要素を持った
バンドサウンド
が登場!プロダクション演奏説得力が出てきており、明らかに
ヘナチョコだった前作とは違うサウンドを放っているぞ!まぁヴォーカルはまだ
弱く、
疾走感もあるがミドルテンポのパートも多く冗長さはあるのだが・・・!中盤以降で
メロウなピアノも顔を出し、後半のギターソロ流麗になって来ているな・・・!
3曲目はシンセ、バンドサウンド淡々としつつも壮麗さ、勇壮さを見せており大仰な
エピックメタル要素
も放たれなかなかにパワフルじゃのう・・・!メロウなピアノパート
顔を出しサビはメロスピらしい疾走感を放っておるわい!後半で聴けるギター、シンセの
ソロバトル
も聴き所だな。4曲目は怪しさのあるシンセで幕を開けストリングスシンセ正統派寄りの
バンドサウンド
も登場するが、Aメロはメロウなクリーンギター、ベース叙情性を放っており
曲調としてはテクが無いのに半端にプログレメタル風の色合いが感じられSECRET SPHERE辺りの
影響
を感じさせるか!?5曲目はクリーンギターで幕を開けスペイシーなシンセ、バンドサウンドも登場し
その後はパワフルに疾走!リフがしっかりしているためメロスピと言うよりもメロパワな印象があり
SECRET SPHEREっぽさを感じさせる部分もあるな。ギターソロもなかなかに勢いがあるのう・・・!
6曲目は前作でも見られた、イタリアのバンドらしい叙情性を内包したロマンティックな
ピアノメインのバラード。
ゲストの女性ヴォーカルも顔を出し男女ツインVoとなるのもまた
コッテコテじゃのう・・・!7曲目は明るいポジティヴさのあるツインリードで幕を開けるも
その後はミステリアスなピアノ、ヴォーカルが顔を出し淡々と展開、全体的にミドルテンポで
中途半端にSECRET SPHEREっぽい
んだがサビは意外とキャッチーさもあるか!?
後半のシンセソロパートがプログレメタル風だな・・・!8曲目はメロウなピアノ、チェロ
ヴォーカルが聴ける実にイタリアらしい叙情バラード。泣きのギターも顔を出し
こういう表現力も向上しているな。9曲目はパワフルさのあるリフシンセが乗り
疾走するストロングなメロパワチューン
となるが、何故か中盤で穏やかなクリーンギター
パートになり泣きのギターソロも顔を出すぞ。10曲目はメロウな出だしに続いてシンセが
目立ち
つつもミドルテンポで淡々と展開、プログレメタル的なムードを感じさせこれまた
SECRET SPHEREっぽい雰囲気
があるな・・・!11曲目は泣きのギターで幕を開けシンセも登場、
淡々としつつもどこか壮麗で雄大なムードを感じさせるスローチューン。12曲目はメロウな笛系のシンセ
穏やかなクリーンギターが聴けるバラード的出だしからへヴィなリフ、リズムシンセも登場、
これまたSECRET SPHEREの影響を受けてそうな曲調になりサビは疾走!さらに女性Voも顔を出し
プログレメタル的な展開を見せる7分越えの曲である。13曲目は11曲目の
アコースティックヴァージョン
で、ピアノとヴォーカルのみのアレンジである。


チープさ満点のヘナチョコB級クサメタルからシンフォニックさもある勇壮でパワフルな
エピックメタル路線
に進化しており、前作のショボさが劇的に改善されておる!
まぁそれでもまだヴォーカルは弱弱しく、楽曲構成もピアノ等を取り入れ半端に
凝っている
もののまだまだ冗長さもあり、メロディーにもフックは無いんだが
これくらいの音作りならクソメタルと叩かれる事も無かろう!なまじ正統派寄りな
だけあってギターリフがちゃんとある
のも好印象である!ヴォーカルをどうにかすれば
さらにレベルアップ出来るだろうな・・・!
また本作でも何故かLabyrinthの
ロベルト・ティランティ
に加えVISION DIVINEのアレッシオ・ルカッティがゲスト参加しているようだ。




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 72% お気に入り曲 Shadows of the Past  Waiting for You  Secret Words







もどる


inserted by FC2 system