SOULENGINE







"Mind Colours"




イタリア出身のプログレッシヴロックバンドによる1stアルバム。


THE WATCHに在籍していたメンバーを2人擁するバンドで、音楽的にはイタリア出身
ありつつもイタリア特有の濃厚極まりない哀愁、泣きは無く意外とサッパリした
質感
でどこかフュージョン的な落ち着きすら見せており、しかもゲストシンガーが
歌う2曲以外はオールインスト
でこういった部分もまたイタリアンらしさを
薄れさせている要因
かも知れんのう・・・!

1曲目はアコギのストロークハモンドで幕を開け穏やかな泣きを見せつつも
フレーズはどこかエキゾチックなリードギターも登場、その後はシンセや
ベース、ドラム
も顔を出しプログレ然としたムードになるのう・・・!
2曲目はメロウさ満点のピアノで幕を開け漂うような泣きの
リードギターも登場、
この辺のメロディーはやはりイタリア産ならではの哀愁、
クサさが漂っておるわい!
3曲目はハモンド入りの70年代ハードロック的な
側面
も見られるぞ。4曲目はアダルトな落ち着きを見せており、フュージョン的な要素があるな・・・!
5曲目はハードさのあるバンドサウンド、ハモンド緊迫感を演出、6曲目はジャズ的な
怪しさ
を見せプリミティヴなムードがあり、7曲目はこれまた淡々とした怪しげなムード
演出しておりメロトロンも登場、8曲目はヴォーカル入りで、穏やかなアルペジオ
ハモンド、あまり上手くは無いがエモーショナルな男Voに加えフルートも登場し、
これまでのジャズ、フュージョン曲とはうって変わってメロウなシンフォプログレ的ムード
強烈に発散するぞ!やっぱこういう曲のほうがいいな(笑)。9曲目は10分ある大作で、
スペイシーなシンセ、ベースで幕を開け淡々としたリズムフルート、メロトロンも登場、
穏やかで淡々としつつも叙情的なムードを醸し出すのう・・・!


良くも悪くもイタリアンプログレっぽさの無いアッサリ風味の仕上がりで、この辺は
賛否分かれるかも知れんがそれでもギターの泣きメロイタリアらしい叙情的な
クサさ
を見せており楽しめるのう・・・!テクニックもしかとあるがやはり個人的にはメロディアスな
泣きの部分がツボ
だったんでフュージョン系の曲よりもメロディー重視の曲を
もっとプレイして頂きたい
モンじゃて・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 77% お気に入り曲 Third In Line  Down The Street  Asleep
Challlenge To An End







もどる


inserted by FC2 system