SOUL ENEMA







"Thin Ice Crawling"




イスラエル出身のシンフォニックプログレッシヴハードロックバンドの1stアルバム。


辺境の地イスラエルから突如として現れたプログレ畑の大型新人として
プログレッシャーの間で話題のバンドである!音楽的には女性ヴォーカル
フロントに据えたシンセメイン硬質さを持ったプログレハードで、バンドサウンドは
ハードさがあるもメタリックと言うほどではなくシンセが目立った感じだがその
フレージング、アレンジがまた独特で出自を感じさせるエキゾチックな東欧、
中東ムード
に満ち溢れておりテクもあるがそれ以上に楽曲重視の姿勢を見せ
メタルで近いのはMYRATH辺りだろうか・・・!?

1曲目の頭からいきなりシンフォニックなシンセ大仰なムードを放ちクサさすら
醸し出す
がその後はいかにも中東ムード漂う辺境フレーズが登場、女性ヴォーカルは
中性的な声質を見せ実に怪しくもバンドサウンドはハードさがありプロダクションは
辺境バンドだけに宜しくは無いが逆にへヴィ過ぎない適度な硬質さがあって良いか!?
全体的にメロディー、楽曲重視のムードがあるのう・・・!インストパートもまた
エキゾチックなシタールが怪しい中東的フィーリングをプンプン放ちシンセも
そんなフレーズを披露するぞ。後半はアコギ、ピアノにフィメールスキャット、さらに
怪しげな男Voが顔を出しメロウさを見せているな・・・!2曲目はチープさのある
シンセストリングス
アコギが顔を出しいかにもプログレなムードを出しつつも
オリエンタルな空気が漂っているのう!途中でこれまた怪しさ満点のダミ声男Vo
顔を出し胡散臭さがあるな(笑)。中盤はデジタル音アトモスフェリックさ
演出しその後はシンセソロが続き穏やかな中に緊迫感を内包、この辺がいかにも
プログレ
じゃのう・・・!後半は疾走しギターソロに突入、さらにエキゾチックな
フレーズ
が顔を出すぞ!3曲目は何とチェンバロ、ピアノクラシカルなムード
放ちシンセストリングスも登場、様式美メタラーに嬉しいムードを見せその後は
穏やかなアコギ、女性Voが聴けるバラード的な曲調になり中盤は笛のような音色
また叙情的でファンタジックな雰囲気を放っており泣きのギターソロも良いのう・・・!
ラストはイントロで聴けたクッサイクラシカルサウンドに笛を絡めさらなるクサさ、
ドラマティックさを見せるぞ!
4曲目はこれまたピアノが聴けHM/HR色濃いギター
顔を出しプログレハード的ムードを演出、やはりシンセがメインフレーズを奏で
緊迫感
を見せつつもヴォーカルが入ると急にコケティッシュなポップさが醸し出され
実にドラマティックな展開になるぞ!ギターソロは速弾きでタイトなテクニックを
見せており
その後のシンセの絡みがまた劇的である!さらに後半ではスラッシーな
リフ
が聴け何とブラストで爆走!電子音系のシンセもフワフワ舞いつつメタラーにも
嬉しい展開
を見せているな・・・!5曲目はへヴィさのあるメタリックなギターリフ
シンセがシリアスな緊迫感を見せるダークで重厚な曲。アコギ、ストリングスシンセも
顔を出し怪しげな空気も放たれつつもヴォーカルはキャッチーさがあるのう・・・!
途中唐突に間抜けっぽいフレーズが顔を出すもその後は緊張感あるプログレハード的展開
見せておりプログレらしいファンタジックな劇的さを演出しておるのう・・・!怒涛の展開
泣きのギターがまたたまらんわい!変拍子もまた何気にテクニカルだな。
6曲目は唐突にトランスっぽいシンセが登場するもフレージングはやはり怪しげな
中東系
ギターリフも登場、ヴォーカルはソプラノ系の歌唱を披露し淡々としつつ
実にエキゾチックな空気が漂っており早速泣きのギターも登場!
中盤はピチカートにアコギが聴けファンタジックな要素もありハモンドも顔を出すのう・・・!
後半のシンセなんかゲームミュージックに通じる空気すら漂っておるわい!7曲目はピアノに
シンセが実にロマンティックなムードを醸し出す上質の大人のバラード。
途中で雰囲気が変わるもギターソロ、アレンジ等やはりアダルトな雰囲気があるな・・・!
笛のフレーズもまたマイルドで叙情的じゃのう・・・!中盤でさらに雰囲気が一変し
ダークで怪しげな空気が漂うもまた直ぐにアダルトバラードに戻り後半では
男Voも登場する。8曲目はクリーン寄りのギタースクリーモというかポストロック辺りに
近いムード
を放ちそしてアコギ、女性Voが顔を出し淡々とした雰囲気を演出、
そしてギター、シンセがプログレ的アレンジを見せシアトリカルさのある怪しい
ヴォーカルも登場!
メロディーはキャッチーさがあるがリズムはタイトな変拍子である!
中盤はアコギと笛が聴け穏やかさを見せフィメールスキャットが美しいのう・・・!
後半はハードさのあるギターリフ怪しさ満点の男Voが登場しシアトリカルさを演出、
一瞬だが吐き捨てシャウトも披露し実に胡散臭い!(爆)10曲目は実にメロウで
物悲しいピアノ
が美しさを放ちシンセがこれまた哀愁たっぷりのフレーズを奏でサックスも登場する
メランコリックな泣きのインスト曲。そしてシークレットトラックも存在し
怪しい語りからリリカルでクサいシンセが聴け何故か暴虐なブラストで爆走するぞ!


出自、母国ムードを見事に生かしきった個性あるプログレバンドである!欧米、欧州の
バンドには無いエキゾチックなオリエンタル中東フレーズを多用し確かなテクニック
持ちつつも楽曲、メロディー重視の姿勢を見せシンフォニックなムードもありこりゃ確かに
評判良いのも頷けるバンドである!プログレッシャーのみならずメロディー派のメタラーも
十分以上に楽しめる事請け合い
じゃ!1曲1曲は長めなんだが展開も上手くダレないのは流石である!
プログレ畑もこういうバンドがもっと出てくればメタラーも普通に聴けるんじゃがのう・・・!









満足度 85% お気に入り曲 The Land Derailed  Quicksand Lies  Crystal Territory
Splinter  Thin Ice Crawling







もどる


inserted by FC2 system