SONIC AGITATION







"Across All Apprehension"




日本のトライバル・モダンデスラッシュバンドの1stアルバム。


名古屋から登場したトライバル要素モダンなメタルサウンドに持ち込んだバンドで、
音楽的にはモダンな要素の強いデスラッシュ和太鼓尺八等、日本の伝統的な
トラディショナルサウンドを導入したスタイル
を見せており、和太鼓のメンバーを
2名正式に抱え、
こういう要素を少し取り入れてみた程度ではなく、本格的に和太鼓が
目立っており、
中にはアレンジの中心になっている曲もある程!ではあるが最近のバンドに
多い煌びやかな美メロではなく、パーカッシヴさ土着の泥臭いノリを放り込んでおり、
SEPULTURAの日本版といった個性あるムードを放っておるのう・・・!

1曲目はパーカッション祈祷のような声が聴こえる怪しいイントロで、
2曲目はスラッシーな疾走感を見せ、ダミ声ヴォーカルも呻くような歌唱を披露する疾走チューンとなり、
中盤は1曲目で聴けた和太鼓のパーカッション尺八も登場し、日本的なムード
演出するぞ!3曲目もモダンかつスラッシーな勢いを放ち、ヴォーカルもグロウルに接近した
畳み掛け
を見せギターソロも登場、その後はこれまた和太鼓の淵を叩くような音
日本語の呻き声語りも顔を出すのう・・・!4曲目はこれまた和太鼓がメインで目立ち、
そこにスラッシュメタル的リフが乗るノリの良いアップテンポチューン。中盤でファンクの
カッティング
も顔を出し、ヴォーカルもニューメタル的なクリーンVoを披露、
5曲目はこれまたデスラッシュ的なタイトな疾走感、ノリを見せる勢いのある曲で、
6曲目はこれまたエクストリームな勢いある爆走を見せる、アグレッシヴで
ブルータルなデスラッシュ系
となり、ベースも唸り和太鼓も登場する!7曲目はモダンな
グルーヴィーさ
を見せるスローテンポで、その後はスラッシュ、ハードコア的な
ノリの軽快なリズム
になり2ステップモッシュを誘発する曲調に変化、ビートダウン風の
パート
も顔を出し後半は疾走するぞ!8曲目は再びアグレッシヴな疾走感を見せる
デスラッシュチューン
で、一瞬だがギターソロも登場、中盤はスローになり
和太鼓、
さらに神秘的なコーラスも聴け、珍しく美麗になるのう・・・!


トライバル要素入りモダンメタルという事で、日本版SEPULTURAと言ってしまえば
それまでなのだが、共に母国のトライバル要素を持ち込んでおり、あっちがブラジルの
伝統的パーカッション
なのに対し、こっちは日本のパーカッションを導入しているのが
大きな違いであり彼等ならではの個性になっているな。こういう和太鼓、和楽器入りの
ロック、メタル
なら他にも六三四がいるが、あっちがプログレハードの畑でも語られる
メロディアスさもあるのに対し、こっちはあくまでもエクストリームメタルで
メロディアスさは皆無である!
音作りはデスラッシュ色濃い勢いがあるが、
一応はモダンへヴィネス畑のバンドなので、ギターソロは殆ど存在しないのが惜しいが
何気に捨て曲の無い良質なアルバムだと言えよう!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 80% お気に入り曲 不動讃 〜Awoke To Reason Of This Life〜  Worst Human Waste
Against My Will  Shell  Eleven Didgits  Confession







もどる


inserted by FC2 system