SOLEFALD







"The Linear Scoffold"




ノルウェー出身のアヴァンギャルド/シンフォニックブラックメタルバンドによる1stアルバム。


ブラックメタルの聖地ノルウェーから登場した、バンドと言うよりも二人組の
ユニット、プロジェクト的な立ち位置
で、二人のメンバーだけで一通りの
楽器
をこなしており、そのアーティスティックさで高い知名度を誇る実力派である!
音楽的にはアヴァンギャルドブラック的な扱いをされているが、基本的には
シンフォニックさの目立った幽玄かつ劇的な音作りで、メロディアスさもしかとあり
変態的でありながらも聴き易さを備えており、部分的にプログレッシヴになったり
クリーンVo、コーラス、チャントを交えたりと色々凝った仕掛けが施されているな。
高音絶叫がダニ・フィルスタイプの金切り声なのも特徴だろうか!?

1曲目はクリーンギターを交えつつシンフォニックな派手さを放ちつつ
テンションの高い高音絶叫が顔を出し、怪しげなクリーンVoコーラスも聴け
2曲目はクリーンVoも導入し穏やかさも見られつつシンフォブラックしておる!
3曲目はオーケストラヒット、シンセがやや安っぽいクサめの派手さが見られ、
途中でかなり怪しくコミカルなパートも顔を出すぞ。4曲目はクラシカルで美麗なピアノ、
呟きVo
による短い繋ぎで、5曲目は怪しげなギター、安いシンセがこれまたクサめな感じで、
6曲目はクリーンギターが穏やかさを演出し、呟きVoも交え中盤からハイテンションな
シンフォブラック
となるぞ。7曲目はピアノ、シンセがメロウな美麗さを醸し出すシンフォニックな曲で、
8曲目も穏やかな出だしだが、すぐに派手なシンフォブラックと化しつつも
怪しげなクリーンVo、叙情的でメロウなパートも顔を出すぞ。


後のアルバムがより洗練されアーティスティックになっていくのに対し、
本作はまだまだ荒い部分が残っており、シンセの安っぽさは相当なモンで
誤解を恐れずに言えばB級シンフォブラック的なクサさすら感じさせるんだが、
そこがクサメタラーには喜ばれる部分かも知れんな(笑)。勿論アート的な
叙情性、穏やかさ
を見せたりプログレッシヴな部分もあったり、
ブラックメタル的なテンションの高さもあるが、ギターがあまり目立たず
良くも悪くもシンセ主体な印象があるのは評価が分かれる部分だろう・・・!




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 82% お気に入り曲 Jernlov  Philosophical Revolt
When the Moon Is on the Wave







"Neonism"




ノルウェー出身のアヴァンギャルド/シンフォニックブラックメタルバンドによる2ndアルバム。


アヴァンギャルドな変態性、プログレッシヴさを持ちつつも同時に
メロディアスでシンフォニックなブラックメタルをプレイし、
アート志向のメタラーから賞賛される2人組である!本作は彼等の
通産2作目で、方向性としては前作があくまでもシンフォブラックとしての
派手さ、劇的さ
が基本だったのに対し、本作ではかなりプログレ路線に
向かっており、
シンセの音色もそんな感じでクリーンVoも増えており
ガチのシンフォブラを求めるとアヴァンギャルドさに面食らうかもな・・・!
ちなみに本作は廃盤になったもののジャケと曲順が変更された上に
1曲追加して再発
されており、俺の手元にあるのは再発盤である。

1曲目はシンセを交えつつかなり怪しく気だるいスローテンポで、
グラムロック的な空気
すらあるも、その後はプログレブラック
言えそうな感じでヘタウマクリーンVo実に胡散臭いのう・・・!
2曲目は穏やかなクリーンギターに始まるが、その後は派手なシンセに
ブラスト、トレモロ
が聴けるシンフォニックブラックとなりつつ
怪しいクリーンVoも登場、変態プログレラップ、デジタル要素すら見られるぞ!
3曲目はノリの良さを放ちシンフォニックさに加えクリーンVoもまた胡散臭く、
4曲目はチープなシンセが目立ったプログレ要素の強いブラックメタルとなり、
5曲目は浮遊感あるギター、オルガンによる短い繋ぎで、6曲目もプログレ的で
アジテーション風のクリーンVo
オルガンの音色が目立っており、7曲目もオルガン入りの
怪しげなプログレメタル風で、8曲目はのような音色に胡散臭過ぎる
クリーンVo、ラップ
まで顔を出すぞ。9曲目はピアノクリーンVoが乗り、本作としては珍しい
美麗な印象があるが、10曲目は再び怪しさ満点の変態プログレと化し
11曲目も怪しげなギター、シンセ主体でプログレメタル色が濃いな・・・!


相変わらずシンセ、ドラムがショボいものの、シンフォニックブラック
ありつつも相当に怪しく胡散臭いアヴァンギャルドさ、プログレ要素
目立っており、クリーンVo叙情性より奇妙さを演出する方向で使われ、
さらに曲展開も変態的シンフォブラかと思えばデジタル化したり
ラップ風Voが聴けたりと、かなり滅茶苦茶でアイディアを詰め込み過ぎ
印象もあり、曲によっては完全に脱ブラックメタルしていたりと賛否分かれそうではあるが、
変態プログレメタルとしては面白い1枚だな。




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 80% お気に入り曲 Speed Increased to Scaffold







もどる


inserted by FC2 system