SOEN







"Cognitive"




スウェーデン出身のプログレッシヴメタルバンドによる1stアルバム。


元OPETHのドラマーであるマーティン・ロペスTESTAMENT、DEATH、ICED EARTH
ベースをプレイしていたスティーヴ・ディジョルジオと共に新たに結成したバンドで、その音楽性は
確かにOPETHを彷彿とさせるダークで知的なムードが感じられるも、デス要素は皆無で
マイルドなエモーション
を放つ中音域のクリーンVoにどこかヴィンテージ感
纏いつつも埃臭さは一切無い、洗練されたタイトなアンサンブルが印象的である。

1曲目はテープ逆回転による出だしからベース、ヴォーカル怪しげなムードを演出、
続く2曲目はダークなヴィンテージ感を醸し出すプログレサウンドになりポリリズム系の
アンサンブル等
相当にテクニカルではあるが派手さは無く、基本は淡々とした感じだな。
後半のコーラスワークがまた実に怪しげながらもどこか聖歌っぽくて面白いのう・・・!
3曲目はOPETHを思わせるダークで知的なプログレメタルとなるもやはりデス要素は無く、
マイルドでエモーショナルなクリーンVo
唸るベースが聴けるテクニカルな曲である!
後半ではクリーンギターも顔を出し穏やかになるのう・・・!4曲目はパーカッションや
クリーンギター、ヴォーカル
が淡々としつつも実に怪しく胡散臭いムードを放つぞ。5曲目はモダンさすら
感じさせるゴリゴリにへヴィなリフ
が聴けるもパーカッションも登場し儀式的な側面
見られるだろうか!?ヴォーカルがまた穏やかでエモいのう・・・!6曲目は重厚なベース、ドラム
怪しげなギター、ヴォーカルが乗りへヴィな変拍子も登場、中盤でさらにアグレッシヴになり
へヴィリフツーバス連打が聴けるぞ!7曲目は淡々としたベース漂うようなギターが登場、
ヴォーカルのスキャット等どこぞの大自然のBGMみたいな雰囲気を強烈に醸し出しておるわい!
8曲目はへヴィさを前面に押し出したタイトなプログレメタルとなるが基本的にはシンプルか!?
9曲目はモダンなグルーヴィーさも放たれワイルドな印象もあるがその一方で穏やかな叙情性
垣間見られヴォーカルパートは実にメロウじゃのう・・・!中盤ではワウを交えたゴリゴリのへヴィリフ
顔を出し凶暴な一面もあるぞ!10曲目はベースパーカッションが聴ける淡々とした曲。
途中へヴィリフ、ツーバス連打が顔を出しサビはやけにキャッチーさがあるな・・・!


OPETHの元ドラマーによるバンドなんでやはりOPETHっぽい部分はそこかしこで見られるが
どうやら世間的にはTOOLが比較対照に挙げられているようだ・・・!確かにTOOLっぽい
部分もあるが、
あっちよりはまだオーソドックスなプログレメタルに近いんで
メタラーが楽しめるのは本作のほうだろうなぁ・・・!知的過ぎて取っ付き辛く
感じられるかも知れんが、穏やかで味のあるエモーショナルなヴォーカル曲を
聴き易くしている印象があり
このヴォーカルじゃなかったらまた違っていただろうな・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 75% お気に入り曲 Delenda  Canvas  Slithering  Savia







もどる


inserted by FC2 system