SKULL FIST







"Head Of The Pack"




カナダ出身の正統派HM/HRバンドによる1stアルバム。


本作以前にEPをリリースした経歴のあるカナダ産のバンドで、ENFORCERと並んで
時代錯誤型NWOBHMタイプのバンドだと話題になり、あろう事かデビュー作である
本作
の時点で日本盤までリリースされるに至った話題の新人である!音楽的には
ENFORCER同様古臭さ満点の愛すべきB級NWOBHMで、チープなプロダクション、
胡散臭さ満点の弱弱しいハイトーンVo、
楽曲全体を包み込む如何わしさ全開の
空気等
全てにおいて80年代の怪しさに満ち溢れたB級メタルっぷりを発散しており、
それでいて鋭く切り込むオブリがカッコ良さを見せ疾走感もあるぞ!

1曲目はいきなりのネオクラ風ギターに始まりチープな音質で疾走!ヴォーカルの
癖の強いハイトーン、軽いプロダクション等全てが80年代NWOBHMな感じだが、
オブリで切り込むギターはなかなかに熱くギターソロも良いぞ!2曲目は軽快なノリで
ハードロック然としたムード
を演出、ギターソロはスウィープ等を導入しているぞ!
3曲目も軽快なアップテンポチューンで、4曲目もノリの良さを放つリフが光る
アップテンポ曲だな。長々と続くツインギターのソロも良いのう・・・!5曲目は細いハイトーンVo
刻みリフで疾走し、正統派でありつつどこかジャーマン的なメロパワ感も見られる
疾走チューンとなるぞ!随所で顔を出すピロピロギターも実に熱くたまらんなぁ・・・!
6曲目はどこか怪しげな印象のあるリフが聴けるアップテンポで、多少ネオクラ風味のある
ギターソロ
も聴き所である!7曲目は珍しく淡々としたミドルテンポで、叙情的なリードギター
顔を出し8曲目は叙情的な出だしからキャッチーさを放つ軽快なミドル曲となるのう・・・!
9曲目は何気に流麗なシュレッドに始まり正統派らしく疾走!リードギターもなかなかにクサめだな。
10曲目は細かいギターがなかなかに劇的なアップテンポチューンで、11曲目はTOKYO BLADEの
“Attack Attack”のカヴァー
だが、何ら違和感無くハマっているのう・・・!


演奏、ヴォーカル、楽曲、音質等全てにおいて80年代初頭の如何わしさに
満ち溢れたNWOBHM
を再現しており、かなりチープではあるがギターは非凡で、
鋭い切り込みを見せるオブリ、ソロ等聴き所満点となっており、バッキングや
ソロ
ツボを突いたプレイを披露しておる!B級である事に変わりは無いが、
クソメタル
では無く愛すべき良質B級バンドと言った所だな・・・!正統派HM/HRが
好きであれば楽しめるであろう!





Amazon.co.jpで見てみる




満足度 80% お気に入り曲 Head Of The Pack  Ride The Beast
Get Fisted  Cold Night  Tear Down The Wall  Like A Fox  No False Metal







"Chasing The Dream"




カナダ出身の正統派HM/HRバンドによる2ndアルバム。


2010年以降にあって80年代丸出しな、いい意味でチープなサウンドメイキング
ENFORCERと立ち位置を二分する、愛すべき意図的B級NWOBHMバンドによる2作目である!
良くも悪くも硬派で無骨なENFORCERと異なり、こっちはギターが過剰にドラマティックで
キャッチーさもかなり強く、
ある意味クサさすら感じさせてくれる楽曲がクサメタラーにも
意外とウケているんだが、
本作もツインギターがいちいち過剰な劇的さを見せ付け
長々と続くギターソロも大きな聴き所となっており、ヘタウマながら甘めな声質の
ハイトーンVo
キャッチーさの演出に一役買っているのう・・・!

1曲目は細かいギターの刻みと共にメロパワと言うかスラッシュメタル的に爆走!
長いギターソロがまた劇的さを放っておりB級NWOBHMの良さを見せ付けているな。
2曲目はミドルテンポでこれまた80年代HM/HRっぽい雰囲気があり、キャッチーな
印象も強いのう・・・!
3曲目は軽快なアップテンポ正統派HM/HRらしさを演出、
4曲目も軽快なキャッチーさが目立っており、5曲目はメロパワ寄りな疾走感
目立った勢いあるファストチューンとなるぞ!6曲目もまた軽快なノリの良さが
見られるアップテンポ曲
でギターソロがなかなかにメロディアスじゃのう・・・!
7曲目もまたメロパワと言うかスラッシュメタル的な疾走感のあるパワフルな
ファストチューン
で、ギターソロも劇的かつ勢いがあり良いな!8曲目はギターや
ベースの絡み
が意外とテクニカルな印象のあるメカニカルなインスト。
9曲目は正統派らしいノリの良さを放つ軽快なアップテンポ曲で、コーラスが時代を
感じさせつつもキャッチー
でソロパートはツインギターのみならずドラムソロも炸裂するぞ!
日本盤ボーナスの10、11曲目は最初期のEPのデモで、ただでさえショボい音質が
余計にチープになっており
ヴォーカルも危うさ増しじゃのう・・・!(爆)


基本的な方向性は前作の流れを汲んだ意図的なB級正統派HM/HRなんだが、前作以上に
キャッチーな雰囲気が目立っており爆走チューンも増えているだろうか!?
プロダクションヘタウマハイトーンVoチープなB級っぷりも健在だが、
そこに魅力を見出せる愛すべきバンドである!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 80% お気に入り曲 Hour To Live  Chasing The Dream
Sign Of The Warrior  Don't Stop The Fight







もどる


inserted by FC2 system