MAPLE LEAF






"ユラグソラ"




日本の女性シンガー率いるファンタジック民謡プロジェクトのミニアルバム。自主制作盤。


このアルバムはメタルでもなければロックでもない。癒し系と世間では言われているタイプの
音楽性を持つサウンドだ。

MP3レビューの所でも書いたプロジェクトだ!実はこのアルバム廃盤だったのだが奇跡的に
再発され、
こうして手に入れることが出来たというわけだ!

コンセプトアルバムらしく、ファンタジックなストーリーを題材としている。
音的にはアコースティックサウンドを主軸とする民謡色濃いスタイルだ。
中心人物である女性ヴォーカルが日本語で歌う音世界は和製ブラックモアズ・ナイトだと
言えなくも無い
がこっちのほうがさらにおとなしく、アグレッション、ダイナミズムは
皆無だといってよかろう。しかしここで聴けるメロディーはまさに劇クサ!
日本人の(俺の)琴線にベタベタと触りまくるクサメロはまさに日本人の
ツボを知り尽くした国産ならではのもの
でメロディー派でヒーリング系でも
聴けるって人ならきっと悶絶できるであろう!ちなみにヴォーカルとパーカッション以外は
全て打ち込みだがチープさは無い。

ミニアルバムということで全6曲。トータル30分に満たないのだが個人的にはこういうスタイルの
音楽の場合これくらいが丁度良い。この手のスタイルで70分近くあるとどんなに
メロディーが良くても確実にダレる
からな・・・!ブラックモアズ・ナイトなんかまさにそうだ(笑)。

捨て曲は無くどの曲でも美しくクサいメロディーが堪能できる。前半3曲がメジャーキーで書かれた
明るい系の曲で後半4曲目以降がマイナーキーの悲しい曲だ。
個人的キラーは5曲目。悲しくも美しい劇泣きメロディーがこれでもかというほど堪能できる。
他にも1曲目のコーラスが誤解を恐れずに言えばMOONSORROWのような
ヴァイキングメタル系コーラス
で面白い。もちろんフィメールコーラスだが。


ブラックモアズ・ナイトのファン、クサければジャンルなんて関係ねぇ!っていう剛の者におすすめする!
逆に疾走してなきゃ、へヴィじゃなきゃイヤっていう人には勧めない・・・!



オフィシャルサイトで見てみる



満足度 82% お気に入り曲 全部。特に“世界の跡形”







"あしあとリズム〜Haruka Shimotuki Works best〜"




Maple Leafを率いる女性シンガー、霜月はるかのメジャーデビュー盤にしてベストアルバム。


もはや何のサイトだかわからん!!だが当サイトはあくまでHR/HMを中心に
音楽全般をレビューする趣旨なので何でもアリだ!(笑)

MP3レビューの所で挙げたMaple Leafのシンガーのメジャーデビューアルバムで、彼女がこれまで
参加してきた音源を集めたベストアルバムとなっている。
Maple Leafは和製ブラックモアズ・ナイトといえるサウンドで滅茶苦茶クサく
気に入っていたのだがこのアルバムはMaple Leafとは微妙に毛色を変えつつもクサいのが
好きな人間の琴線に触れると思われる劇メロを持つアルバムだ。


ポップな曲もありそれはいまひとつなのだが1,3,10曲目は民謡色を持ち、生ストリングス、
フルート、コーラスを多用した和製ヴァレンシアというか、
和製BARROQUEJONとでも言うべきクサさを持ったキラー曲だ!

特に一曲目のコーラス、フレージングなんかもろBARROQUEJONだなぁ・・・!
たまらん!悶絶!!
ただ妙に短いのが欠点だと言える。こういう曲調は5〜6分は必要だろう。

他にももろエンヤな曲などもあり意外と幅広いと言える。ところで数曲で参加しているギタリストで
MSGと名乗っている者がおり、名前通りマイケルシェンカーばりのギタープレイを
聴かせてくれる
かと思ったのだが実際はアコギのストローク弾き等
お仕事に専念しているだけだった・・・残念!


個人的にはインディー時代の方が好みだな・・・!面白みの無いただのポップチューンも多いからな・・・。
メジャーになって他人の曲をただ歌うだけのシンガーにはなってもらいたくはない・・・!
優れたメロディーセンスがあるだけにな!


メタルでなくともクサけりゃ何でもアリだと思っている剛の者に勧めたい・・・のだが
あまり他人に勧める気も起きない・・・そんなアルバム。全曲1曲目みたいなタイプなら
問答無用で進められるのだがな・・・!




Amazon.co.jpで見てみる



満足度 67% お気に入り曲 白夜幻想壇、SilentFlame、遠い伝承歌






"月追いの都市"




日本の女性シンガー率いるヒーリング民謡プロジェクトのコンセプトアルバム。


本作はMAPLE LEAFが他のミュージシャン音楽以外のアーティスト
コラボして創られた企画盤で、正式には“tieLeaf”名義になっているのだが
いちいち分けるのはめんどくさいのでこっちでいいや(爆)。

本作はコンセプトアルバムで、通常の音楽CDのほかになんとアルバムの
コンセプトを描いたグラフィック・ノヴェル(つまり漫画)がついている!!
今は解散したPIERROTが昔シングルに小説つけたりJanne Da Arcが同じく
コンセプトアルバムである“ANOTHER STORY”をリリースした同日にコンセプトを
記した書籍
をリリースしたことはあるがコミック付きとはこれまた大胆なやり方
来たもんだな・・・!まぁ個人的には漫画読まないのでCDだけでいいから
半額にしてくれ
などと思っちまうが(爆)、本作のコンセプトを表現するために
必要不可欠
なのだろう。そのあくまでアートにこだわる心意気や良しだ!!
アルバムのイントロになる1曲目とラストでわざわざ本物のオルゴールを造り
それを録音するなどインディーズの自主制作にもかかわらず
予算度外視で芸術性を追求する姿勢は多くのミュージシャン、アーティストが
見習うべきだぞ!なんだかんだで値段も両方ついて2500円程度と良心的だしな。

気になる音楽性のほうはこれまでのMAPLE LEAFの流れを汲む民謡色濃い
ヒーリングサウンド
だが何と今回ギターやヴァイオリン、ベースやドラムが
全て生である!これは良い!俺みたいな生音を愛するメタラーにはこれだけで
好印象だ(笑)。ジャンル的にテクのひけらかしは無い安定した上手い
プレイヤーを雇った
ようだな。アコースティックドラムの響きが古きよき
70年代を思わせてくれるぞ・・・!


曲のクオリティーは相変わらず高くクッサイ泣きのメロディーが大量に配された
日本人の(俺の)琴線に触れる曲ばかりでたまらん(笑)。また今回
コーラスワークにもこだわったのか志方あきこを思わせる
ホーリーなフィメールクワイアが随所で聴ける!まるで聖歌の如き
神聖な雰囲気が身も心も浄化してくれるかのようだ・・・!
捨て曲は皆無だがとくに気に入ったのは上記したクワイアが聴ける3曲目“創世と終焉”
珍しく緊張感溢れるダークな雰囲気に満ちた重厚な5曲目“瞳を継ぐ者”
これまたクワイアが聴ける6曲目“聖鐘”、そして10曲目の、サビで一聴しただけで
脳裏に刷り込まれて離れない琴線触れまくりの究極の泣きメロ

聴ける超キラー“捻子巻く時計が月の満ち欠けを刻む”だ!!
マジ泣ける!たまらんツボだ!!


メタリックな激しさ、へヴィさは皆無だが日本語詩、女性ヴォーカルが聴ける
メロディー重視のメタラーおよびプログレッシャーは聴いてみる価値大アリだ!!



オフィシャルサイトで見てみる



満足度 87% お気に入り曲 全部。特に“創世と終焉”、
“瞳を継ぐ者”、“聖鐘”、 “捻子巻く時計が月の満ち欠けを刻む”







"MAPLE LEAF BOX"




日本の女性ヴォーカリスト率いるプロジェクトのベストアルバム。


活動5周年を記念してのベスト盤だそうで現在廃盤となり短い視聴音源でしか
聴けない楽曲やまだ廃盤になっていないアルバムの楽曲が収められている。
どうやら本作リリースに当たってCDプレス工場の不手際があり音質が劣悪だったり
音割れ、音飛びがあるアルバムが出回ってしまいすぐさま第2版が出荷された。
俺が購入したのは勿論第2版でありロゴの上に“第2版”と記されている。
現在手に入るのは第2版オンリーなので安心してくれ!

そしてそんな本作の出来なのだが稀代のメロディーメイカーである中心人物
兼ヴォーカル、霜月はるか
の書く楽曲は昔のものだろうと最近のものだろうと
非常にクオリティーが高く全曲に渡って悲しくも美しい
極上のメロディー
が堪能できる!民謡色濃い楽曲、泣きのバラード、
打ち込みのポップな曲、シンフォニックな楽曲
など幅広いスタイルがあるが
どれも優れたメロディー、展開、アレンジを持ち捨て曲皆無の
全曲キラーである!俺が始めて彼女を知り
muzieでダウンロードした試聴音源を
サルの如く聴きまくり何とかしてフルで収録されたアルバムが聴きたい
一人部屋を転げ回っていた(!?)あの日の感動、悶絶が今再び蘇る!
たまらん!!まぁ“SACRED DOORS”“フシギノモリ”、
“捻子巻く時計が月の満ち欠けを刻む”
といった神曲群が収録されていない
などといった不満もあるがベスト盤でそれを言っちゃあキリが無いので仕方ない。
mp3レビューで触れた“追憶に咲く白い花”“エルムの丘”
ばっちり収められているぞ!美しすぎる!

初期の楽曲はストリングス等全てシンセで今聴くとややチープさがあるように
感じられるもののメロディーの質が高く細かい点は気にならない。
そして未聴だった“償いの詩”ラプソあたりに通じるものがある
壮大シンフォニック系
の楽曲だったのにも驚きである!キラーチューンまみれの
本作の中でも“追憶に咲く白い花”や“エルムの丘”と並んで大きな
聴き所となっている
ように感じられたな。


“ユラグソラ”や“月追いの都市”が好きな人は当然、民謡好き、美しいメロディーを
愛する哀メロ派
に是非とも一聴をオススメする!メタルではないので激しい音が聴きたい人には
オススメできんがクサメロ愛好家は逃す事無かれ!(笑)
いつの日か続編をつくって欲しいものじゃのう・・・!今回洩れた“SACRED DOORS”等の
神曲は勿論、権利的に難しいかもしれんが知る人ぞ知る伝説の名曲
“まっくら森の歌”
メロスピアレンジでお馴染みの“鳥の詩”の
カヴァー
とかも可能なら収録してもらいたい・・・!俺は霜月はるかのおかげで“鳥の詩”に
歌詞があるのを知った(爆)。




Amazon.co.jpで見てみる

オフィシャルサイトで見てみる



満足度 90% お気に入り曲 全部。特に“追憶に咲く白い花”、
“エルムの丘”、“償いの詩”







"ティンダーリアの種"




日本の女性ヴォーカリスト、霜月はるかのメジャー2ndアルバム。


メジャーデビューアルバムとなった前作“あしあとリズム〜Haruka Shimotuki
Works best〜”
は霜月はるかのソロ名義ではあるが曲を書いたのは
外部ライター
でそれぞれ別に発表した個々の楽曲をまとめたある意味
ベスト盤的な内容だった。だが本作“ティンダーリアの種”
これまでインディーズで発表してきた一連のアルバムと同じく霜月はるか自らが創り出した
コンセプト
に基づいた内容で楽曲も12曲中10曲を彼女自らが手掛けている。
そのため音楽的には普段の霜月はるかスタイルが全面に押し出された
民謡、民族的アプローチが採られたスタイルを持っている!いいぞ!
やはりこうでなくてはな!

ヒーリング色のある哀愁漂う民謡スタイルに加えて志方あきこを思わせる
祈祷師風のクワイア
が大胆に挿入された民族的雰囲気に満ちた楽曲、
オーケストレーションが大仰さを演出するシンフォニックチューン、
悲しくも美しい泣きのバラードまで同時期にリリースされたインディーズ時代のベスト盤
“MAPLE LEAF BOX”と似たような方向性を持っているがやはり現代の演奏、
ヴォーカル、プロダクションで録られアレンジも外部ライターが行っているためか音作りが
さらに洗練
されている!志方あきこの神盤“RAKA”を思わせる音世界
構築しつつもそれとはまた違う霜月はるかならではのファンタジック
民謡ワールド
が展開されているといえよう!

捨て曲皆無の高クオリティーアルバムだがやはり個人的に気に入ったのは
シンフォニー、クワイアが使われた楽曲だ!1曲目“創奏”からさっそく
琴線触れまくりのフィメールクワイアが聴ける!他には4曲目“廻る理”も
オーケストレーション多用のシンフォチューンで悶絶できるが特に凄いのは
アルバム後半
である!7曲目“ヒカリノオト”から怒涛のシンフォサウンド
多用されるようになりそれは11曲目“護森人”でピークを迎える!!
志方あきこを強烈に意識したと思われる民族サウンド、祈祷師クワイア
これでもかというほど炸裂しそしてラストのバラード“いのちと約束”で
聴き手の涙腺は無理矢理布団を押し込んだタンスを
開けるが如き状態に!(笑)
最後のコーラスは反則だろう!
破壊力高すぎる!!


霜月はるかのファンは当然マスト、志方あきこファンや民謡、女性ヴォーカル好き、
メロディー派は“MAPLE LEAF BOX”と合わせて持っておきたい
一枚
だといえよう!相変わらずの質の高さだ!!



Amazon.co.jpで見てみる

オフィシャルサイトで見てみる



満足度 90% お気に入り曲 全部







"Lip-Aura 〜その手が象る世界〜"




日本の女性ヴォーカリストによるシングル。


国産アンダーグラウンドシーンで絶大な人気を誇り今や
カリスマとして崇められているベテランシンガーの新たなる
シングルで本作は“tieLeaf”名義でリリースされている。
そのためブックレットが異様なまでに凝っておりカラオケ除いて
2曲入りシングルの他に小説と漫画が付属している!
相変わらず気合入りすぎだ!!(爆)まぁ個人的にはやっぱり
小説とか漫画とか興味無いんだがそれでも値段は1500円である!
まぁシングルとしては高いがそれでもDVD付けてアルバム並の
値段でボッタくるヴィジュアル系連中
に比べれば非常に良心的(?)だと
言えなくも無いか!?ちなみに俺はM3で買ったので1000円だった!!(笑)

1曲目から相変わらず高クオリティーの民謡シンフォが堪能できる!
生ストリングスも美しい旋律を奏でバックのアレンジも良い!
メロディーの素晴らしさはわざわざいうまでも無いだろう!
プロの業である!生のドラムもやはり打ち込みにはない躍動感があり
メタラーとしては大満足だ(笑)。2曲目はマンドリンがクサさを放ちどこか
儀式的なコーラスが登場する民謡ファンタジーシンフォ
具現化したかのような楽曲だ!雰囲気は穏やかでヒーリング的味わいがあるな。


まぁ俺と同様小説や漫画に興味ない人間にとっては1500円は
ちょいと割高かもしれんがそれでも聴く価値は十分あるな。
安く買いたければやはりM3等に足を運ぶのが吉である!
まるで海外の高価な文献が如きケースに必要以上に懲りまくったブックレット!
さらにジャパニーズ・ショートノヴェルにカートゥン!!
これもある意味ロック!!(爆)



オフィシャルサイトで見てみる



満足度 80% お気に入り曲 全部







もどる


inserted by FC2 system