SILVER TORNADO







"Gorgeous Soul"




日本のアニソンシンフォニッククサメタルユニットの2ndミニアルバム。


女性シンガー、ドラムとギターを操るコンポーザー二人によるアニメソングとクサメタル、シンフォニックメタルを
融合
させたこの手のシーンにおいて王道中の王道を行くスタイルを見せるユニットによる
2作目のミニアルバムで、イントロのインストを入れて全6曲入りで音楽的には上記したように
女性Voのアニソンクサメタルだがシンセアレンジが他のメタルバンドと比べてかなり練られており
ストリングス、ピアノ、ホーン、チェンバロ
アコーディオン等など様々な楽器の音色
オブリをこれでもかというほど放り込んでおりプロダクションはスカスカだが曲に隙間は無く
音が詰め込まれまくっている
感がありプログレッシヴな要素もあるのう・・・!曲展開も
かなりドラマティック非凡なアレンジセンスを感じさせるのだが女性ヴォーカルは
かなり弱く
この辺は改善、発展の余地ありだろう・・・!

1曲目は水の流れるSEピアノ(エレピ)、ストリングスシンセ、パーカッション
壮麗かつ壮大なムードを演出するイントロのインストだが意外と長く後半は震えるような
ヴァイオリンの音色、ホーン
クラシカルさを放つぞ。続く2曲目はピアノにギターが
これまたクラシカルさを少し放ちそして女性Voと共に笛やホーンが風変わりな絡みを見せ
疾走はしない
がオブリでアコーディオンやらチェンバロやらアコギ等様々な楽器の音色が顔を出し
アレンジはかなり練り込んでいる印象があるな・・・!サビもシンセがオブリを放り込みまくっておる!
ギターソロ後のチェンバロがまたクサく後半ではツーバスも連打されるぞ!3曲目は早速の
チェンバロ系キラキラシンセがクラシカルさを放ちスタスタと疾走、今度はギターがオブリを
大量に放り込んでくるのう・・・!
ベースも何気に目立っているな。中盤はオーケストラヒット
自己主張しギターも一瞬速弾きで切り込みプログレ然とした変拍子も聴けるぞ。後半はドラムが暴れ
シンセがシンフォニックさを出し実にドラマティックな展開を見せてくれるな・・・!
4曲目はどこかジャジーなピアノに始まりその後はタンゴ風の3連リズムクサく淡々とした
展開
を見せアコギ、ピアノが絡みサビはストリングスシンセが盛り上がりを見せるぞ。中盤はクリーンギター、
ピアノ
がまたジャジーさを放ちストリングスのピチカートも聴けやはり劇的じゃのう!5曲目は
イントロからシンセがクサく派手に盛り上がり疾走、緊迫感を放つもその後はギターが泣きの
ソロ
を聴かせるスローパートになりピアノも登場し淡々としたムードになるが曲が進むにつれ
盛り上がっていきメロディーもかなりクサくサビは再び疾走!メロディーもストリングスオブリも
どっちもクサいぞ!その後も疾走しシンセのオブリにソロも顔を出し相変わらずバッキングの
練り込み具合
が凄まじいのう・・・!中盤はプログレッシヴな変拍子ブラストも登場し
インストパートも聴き所である!クサいメロディーを弾くギターソロ、その後のアコギ、
ストリングスシンセも良いな。6曲目はオーケストラヒット、ストリングスと共に爆走!
本作中最も勢いある曲でヴォーカルと共にホーンの音色も顔を出しギターもオブリを入れ
ブリッジではストリングス、サビではピアノがバックで盛り上がり曲を支え実にクサいぞ!
その後はプログレッシヴなリズムも顔を出しMINSTRELIXに通じる空気もあるのう・・・!
インストパートもギターやシンセが派手な絡みを見せておりクサさ、ドラマティックさ、勢い共にハイレベルだ!


音はスカスカで女性ヴォーカルもかなり弱くまだまだな部分も目立っているがそれ以上に
シンセによる複雑な絡み、オブリ
がかなり練り込まれておりアレンジ面で頭1つ抜きん出た
非凡さ
があるのう・・・!シンセの音色が生楽器系主体というのも初期ROYAL HUNTのようで
たまらんな(笑)。この放り込みまくりのオブリは強烈な個性である!この方向性を維持したまま
クオリティーを上げていってもらいたいものじゃ・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 82% お気に入り曲 Le’Roleshell、Brown Fill、紺流夢想、NOSTALINA







"Brilliant Loop"




日本のアニソンシンフォニッククサメタルユニットの3rdミニアルバム。


他のバンドより一歩も二歩も抜きん出た緻密極まりない容赦のないオブリ、バッキングの
アレンジ
凄まじい個性、インパクトを放ちヴォーカルの弱さ、プロダクションの軽さ
フォローして余りある実力を見せ付けたアニソンシンフォニックメタルユニット
3作目のミニアルバムである!本作も緻密なアレンジ、クサメロは健在でシンセが
ストリングスピアノ、ホーン、オルガンを始め様々な生楽器の音色でバンバンと
オブリを放り込んでおりプログレッシヴとも言える劇的極まりない曲展開、様式美ライクな
クサメロ
MINSTRELIXに通じる部分もあるのう・・・!

1曲目はイントロではなく神秘的なシンセに始まりストリングスと共にスタスタと
アップテンポで展開、
相変わらずシンセやギターが細かいオブリを放り込みまくり
ホーンやティンパニが壮大さを演出、
サビはストリングスが勇壮に盛り上げ実にクサいぞ!
ギターソロ
はやはりメロディー重視ツインリードのハモリも聴けるのう・・・!
2曲目はオルガンクラシカルな重厚さを放ちバンドサウンド自体は淡々とした感じだが
ストリングスチープなクワイア系の音色、オーケストラヒット
シンフォニックに盛り上がり得意のピアノも登場、ヴォーカルもソプラノ風に歌い上げ
前作よりも実力は上がっているか!?インストパートはオルガンがクラシカルなフレーズ
疾走し様式美ムード満点である!ギターソロはたどたどしいのが難点だがメロディー重視で
印象は良いな。
3曲目はどこか怪しげでダークなムードを放つ曲だがやはりピアノや
ストリングスは優雅なクラシカルさを放ち決してへヴィにはならないアップテンポ曲。
ヴォーカルはどこか和の要素を感じさせるメロディーを歌いやはりシンセのオブリが
派手に絡み合っておる
のう・・・!中盤以降で聴けるソプラノ歌唱確かなスキルの向上
感じさせ良いな。4曲目はシンセで幕を開け疾走、ヴォーカルと共にテンポが落ちるが今度は
ハモンドが登場しオブリを入れその後は3連リズムになりサビは再び疾走する!ストリングスも
オブリで盛り上げ早速ギターソロも聴けるぞ。中盤はストリングスシンセがシンフォニックな
アレンジ
を見せRPGのサントラのような展開を披露しかなりのクサさを放つもその後は
ギターソロで壮麗なオーケストレーションに比べてユルさがあるがメロディー重視のプレイ
悪くは無いな。5曲目は怪しいムードを放つベース、ピアノに始まり珍しい電子音も顔を出し
ヴォーカルは淡々とした歌唱ミステリアスさを演出、やはりストリングスがオブリを
放り込みまくっておる
な・・・!後半のピチカートが印象的だが珍しくデジタルリズムも顔を出し
この曲は彼らの曲としてはちょいと実験的な要素が盛り込まれた感じだな。


プロダクションはまだ軽いがヴォーカルが多少ながら向上した感があり強烈なオブリ、アレンジセンス
健在でメロディーもクサく期待を決して裏切らない素晴らしい仕上がりになっておる!前作よりもメロスピ寄りの
疾走チューンが増えた
のもまた好印象だな。ドラムは良いがギターソロはまだたどたどしくテクニック的には
未熟な部分が目立つ
音楽は演奏技術ではないという事を改めて教えてくれる1枚じゃのう・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 83% お気に入り曲 Micro、LHX、煌裂の華、Black Method







もどる


inserted by FC2 system