SILVER KEY







"In The Land Of Dreams"




イタリア出身のプログレッシヴロックバンドによる1stアルバム。


どうやら当初はMARILLIONの公認トリビュートバンドとして活動していたらしいが
結局オリジナルをやりたい欲求が出て来たのか、本作は彼等の本格オリジナルバンドとしての
記念すべきデビューアルバムである!そんなわけで音楽的にはMARILLION等の流れを汲んだ、
ポンプロックテイストを感じさせる明るいキャッチーさが目立った80年代以降の
ネオプログレ風な空気を漂わせており、イタリアのバンドでありながらもイタリア臭は
微塵も見られず、
むしろ英国プログレな色合いの方が強く、イタリアンロックを
期待すると思い切り肩透かしになる
だろうな・・・!

1曲目はシンセに始まり明るく軽快なキャッチーさが見られ、Voがやや不安定さを
感じさせる
もののギターはそこそこハードで、泣きのフレーズも聴かせてくれるぞ。
2曲目は淡々とした暗さを見せつつも穏やかな印象があり、これまた泣きのギターも顔を出し
さらにハードなギターリフも顔を出すぞ!3曲目は淡々としつつ怪しげなムードが見られ、
後半メタリックなヘヴィリフが登場、4曲目も淡々とした穏やかさが漂っており、
ギターはこれまたハードで後半ムーグのソロが聴けるぞ。5曲目はピアノ、クリーンギターが
穏やかなメロウさを放ち、そのまま繋がる6曲目はハードなギター、ベースが顔を出すのう・・・!
7曲目はシンセ、リードギターが目立ち怪しさを演出、ハードさも見られラップと言うか
語りのようなVo
も登場するぞ。8曲目は唸るシンセが怪しくもリズミカルなプログレらしさを放ち、
ピアノソロはオシャレかつテクニカルか!?9曲目は語り入りアンビエントな繋ぎで、
10曲目はアコギ、ピアノ、呟きVoが大人しさを演出、後半で泣きのギターが顔を出し11曲目は軽快かつ
穏やか
な印象があるな。12曲目もクリーンギターが穏やかさを放っており、途中リードギターも聴け
13曲目はピアノ、Voが美麗な穏やかさを漂わせるバラード。泣きのギターソロも顔を出すぞ。


MARILLIONトリビュートバンドとしてのセンスが滲み出た1作で、イタリアの
バンドでありながら
上記したようそういった要素は見られず、ブリティッシュな空気
漂わせた明るく快活でポップな軽快さ、キャッチーさのある80年代以降の
プログレハード寄り
な印象があり、イタリア的な濃厚な哀愁、クサさを求めると
アカンのだが、最初からそういったネオプログレ路線のサウンドを求めるならば
期待に応えてくれるバンドだろう・・・!ただアルバム中盤以降で穏やかな曲が
かなり目立ち始め、
そこでダレを覚えてしまうのが惜しいな。




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 76% お気に入り曲 More Than I Can  The Loss Of The Silver Key
The Gaunt Man







"The Screams Empire"




イタリア出身のプログレッシヴロックバンドによる2ndアルバム。


MARILLIONトリビュートバンドとしてキャリアを積んできたバンドで、今は完全に
オリジナル志向になったらしく、本作は2015年にリリースされた通産2作目に
当たる1枚
となっており、音楽的には前作の流れを汲んだ英国ポンプロック、
ネオプログレな明るいキャッチーさ、泣きのギター
を主軸とした、イタリア臭皆無な
シンフォニックプログレ
となっており、それでいてハードなギターも顔を出したりと
プログレハード的な側面も強く滲み出ているだろうか!?

1曲目はデリデリしたギターがやかましさを放ちつつ淡々と展開、やはり80年代的な
空気
が感じられるプログレで、2曲目は怪しげなシンセ、ギターが聴けハードさもあるが、
ほの暗く神秘的な穏やかさも見られ、泣きのギターピアノが良いな・・・!
3曲目はハードなギター、エレクトロニカ系の音色が顔を出し、これまた淡々としており
途中怪しい空気が漂うぞ。4曲目はシンセが目立ち全体的に穏やかだが、後半は
テクニカルな演奏が聴け、5曲目は淡々とした中泣きのギターが主張し、
後半はかなり怪しげだな・・・!6曲目もデジタルシンセハードなギターが聴ける
淡々とした曲調で、7曲目はピアノが美しくマイルドな叙情性を醸し出すバラード寄りだが、
途中からこれまた怪しいハードさが見られるぞ。8曲目は細かいギタープログレらしさを放ち
これまた淡々と展開、9曲目はピアノ、シンセ、ベースが穏やかさを醸し出すメロウな曲だな。


前作の流れを汲んだ、80年代ポンプロック、ネオプログレ的な叙情性
内包しつつギターにはハードさが見られ、メタリックな面も感じさせる
プログレハードとなっており、特に個性的では無いんだがこの手の
プログレとしてのツボを押さえた仕上がり
だろうか!?やはり個人的には
イタリアンプログレ然とした濃厚なクサい哀愁を求めてしまうが、
ギターの泣きっぷりは良いな・・・!前作と比べてハードさは増したが、
曲展開に乏しいシンプルな印象
も強いだろうか!?




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 76% お気に入り曲 Stargazing







もどる


inserted by FC2 system