SHOOTS AND LADDERS







"Lost in Translation"




アメリカ出身のオルタナティヴ/エモバンドによる1stアルバム。


バンド名で検索してもKORNの曲しか出て来ないんだが(爆)、彼等はへヴィロックでは無く
オルタナティヴな色合いを感じさせるエモ系のバンドで、バンドサウンドはメタリックでは無く
ノイジーさのあるラフなギター
ガレージロック的な印象を放ち、ヴォーカルはエモ、スクリーモの
要素が強い高音
ながらも息が詰まったかのような癖があり、1曲1曲は短いんだが楽曲自体は
何気に幅広く、穏やかでマイルドな部分もあればエモい叙情性も見せ、メロコア、ポップパンクの
ようなキャッチーな軽快さ
も持ち合わせていたりと意外と懐の広いバンドである!

1曲目は淡々とした中にノイジーさの残るギターが聴け、ナヨナヨ気味でありつつ
相当に息が詰まったかのような癖の強いヴォーカルが登場、その後は結構鋭いギターの
刻み
も顔を出すが基本はマイルドな感じだな。2曲目もまた相当にマイルドで穏やかな
曲調
となり、クリーンギターヴォーカルが乗りバラード的なムードを放つが、その後は
唐突にライトさのあるギターのカッティングが顔を出しミドル〜アップテンポとなり
ヴォーカルも高いキーでエモらしさを放ち始めるぞ!中盤は再び穏やかになりクリーンな
音色のギターソロ
も聴け、後半はデリデリしたギター盛り上がりを見せるのう・・・!
3曲目はノイジーなギター絶叫シャウトも顔を出し、パンキッシュな勢い、ノリを見せる
テンションの高い曲調になるが短くすぐに終わり、4曲目も軽快なノリを見せアップテンポで
勢いを放ちカオティックな疾走感
も見られるが、テンポダウンするパートはシアトリカルな
色合い
もあるな。5曲目はベースが唸りその後は軽快なメロコア、ポップパンク風になるぞ。
6曲目は再び叙情性漂う穏やかなクリーンギターメロウさを演出、その後は軽快なノリ
見せ始めテンションの高いシャウト気味のヴォーカルが登場!7曲目もまた穏やかな出だしから
軽快なテンポ
になり、ポップパンク系の曲調になるがエモい憂いも残されているのが好印象である!
8曲目も穏やかでエモい曲調だが、盛り上がるパートもあり絶叫Voも顔を出しさらに
パーカッションも聴けるのう・・・!9曲目も落ち着きを見せつつエモさと同時にポップパンク的な
盛り上がり
も見せるミドルチューンだ。10曲目はクリーンギターデジタルリズム、
癖のあるナヨナヨヴォーカル
が乗るラウンジ系のバラード風である。


メタリックさの無いガレージライクなラフさを見せつつも静と動がハッキリ分かれており、
よくあるメロコア、ポップパンクに陥っていない個性を感じさせる面白いバンドである!
ヴォーカルも上手くは無いが味があり、明るくなり過ぎず全体的に憂いを湛えており、
アップテンポのメロコアパート
もただの能天気ポップパンクにはならずテンションの高い
絶叫系のヴォーカル
が乗るのがまた良いな。語弊がありそうだが、BRAHMANからシリアスさ、民族ライクな
クサさ、ハードコア的な勢い
を取り除きポップパンクにしたような感じと言えなくも無いだろうか!?




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 74% お気に入り曲 Heavens Falling  Friends  Mexican Standoff in Mexico
Veterans Day







もどる


inserted by FC2 system