SHIVER OF FRONTIER







"Memory of Destiny"




日本のメロディックスピードメタルバンドによる1stアルバム。


一度ライヴで拝む機会があり、明らかにB級ではあるがそれ故に強烈なクサさが見られ、
久々にこの手の王道メロスピ、クサメタルで興味を持った若手バンドである!
いろんな意味で(爆)シーンを賑わすあのDIVINE WINDの元メンバーによるバンドで、
線の細いハイトーンVo、キラキラシンセ、ツインギターで爆走し
日本人らしいクサさを存分に漂わせる、実に判り易いストレートなメロスピ
プレイしており、ドラムが打ち込みなのが惜しいがこの手のバンドらしからぬテクニカルさを
見せる7弦ベース
も持ち味だな。ちなみに歌詞は日本語詩である。

1曲目はシンセオーケストレーション、泣きのハモリギターによるイントロで、
2曲目はシンフォニックなシンセ、クサいギター細かいベースが聴け疾走!
Voがかなり弱く声量皆無で不安定なんだが、クサさはしかとあるぞ!
3曲目はネオクラ系のハモリに始まり淡々としたアップテンポで展開、シンフォニックな
クサさ
もやはり備わっており4曲目はシャッフル系で、細かいギター
チープな笛シンセが印象的だな。5曲目は淡々としたバラード風だが、途中から
軽快さも見られシンセが目立っているぞ。6曲目はキラキラシンセに始まり
ツインリードで疾走!アルバム中盤のバラードに続いて疾走曲という、
クサメタルマナーをキッチリ踏襲したアルバム構成が実に憎い!(笑)
ハイトーンVoが苦しそうなサビがまたゴージャスでクサく良いのう・・・!
7曲目は淡々とした印象が強く、地味な印象もあるがVoメロはやはりクサいな。
8曲目はシンフォニックさが目立ち疾走する、勇壮な印象のあるメロスピチューン
ネオクラシカルなギターも良いぞ!9曲目はシンセメインのバラードで、
途中ミュージカル風のクサさが見られるのが面白いな。10曲目はキラキラシンセに始まり
クサく疾走するメロスピで、サビは実に日本人らしいクサさがあるな。
中盤半端にプログレメタル風のテクニカルさを見せ付けるのは蛇足だが・・・。
11曲目もストレートで判り易いメロスピで、シンフォニックなシンセも目立っているな。


プロダクションは軽くチープだし、上記したようドラムは打ち込みだし
Voは相当に弱弱しく不安定でヘナチョコなんだが、そういった要素すらも味に変えてしまう
このクサさよ!間違い無くB級クサメタルで、一流志向のメタラーには
聴けないサウンドだろうがかつて輸入盤漁りをしていた経験のある往年の
クサメタラー
にはまさしく御馳走のようなバンドだろう!チープさが強いが
シンフォニックさが結構目立っているのも軟弱系クサメタル好きには
美味しい部分だな。リフらしいリフが存在しないのも「メロパワ」では無く
「メロスピ」らしい所か!?10年前の俺ならもっと高く評価しただろうな・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 80% お気に入り曲 Hope of Eternity  Everlasting Light
Crimson of Despair  My Precious Disappeared  Memory of Destiny







もどる


inserted by FC2 system