SHADOWS PAST







"Perfect Chapter"




スウェーデン出身のメロディックパワーメタルバンドによる1stアルバム。


アルバムを何枚もリリースするも最後の最後まで決して垢抜ける事の無かった
永遠のB級クサメタルバンドINSANIA
元ヴォーカルを擁したバンドである!そんなわけで
その音楽性はまさしくあのINSANIAそのものと言えそうないい意味で垢抜けない愛すべき
B級クサさを強烈に醸し出すクサメタル
だが、曲によっては正統派HM/HRちょいと
モダンなへヴィさ
も見せ付けておりクサメロ疾走一辺倒にはなっていないのう・・・!

1曲目はイントロからいきなりチープなデスVoと共にクラシカルなクサさを
醸し出すバンドサウンド、シンセが聴け疾走!
だがAメロは非常に怪しく
ネチっこいヴォーカル
が顔を出しテンポも落ちるがその後はまさしくかつての
INSANIAを彷彿とさせるクサさ
を放つぞ!ヴォーカルの不安定さ、ヘナチョコさも
まさしくINSANIAよ!(爆)
中盤のギターは民謡風のメロディーを弾いておりその後は
クラシカルさも放ちシンセソロも登場!2曲目は意外と正統派メタルな味付けの
モダンなへヴィさを放つギター
が聴けるも、ストリングス系シンセはやはりクサさを
見せ付けておりヴォーカルメロもまたクサい!
歌い回しのヘロへロさ余計に
クサさを増強しているか!?(爆)
中盤はシンセとギターのソロバトルになり
ラストのサビは疾走だ!
3曲目はさらにモダンな印象があるスローテンポイヤな
予感
がするも直ぐに疾走!よくあるヘナチョコメロスピとは異なる骨のあるギターリフ
しかと自己主張しデスVoも登場するぞ!中盤のギターフレーズがまたクサい哀愁を
放っているな・・・!
4曲目はエキゾチック系の怪しさを醸し出すシンセ、ギター
顔を出し胡散臭く淡々と展開するミドル曲。途中シンセソロギターソロも顔を出し珍しく
ジャジーな穏やかさ
を放っておるのう・・・!5曲目もまたパワフルなギターベースも顔を出し正統派な
ノリを醸し出すミドル曲。
こういう曲調だとやはりヴォーカルの弱さが目立ってしまうなぁ・・・!
6曲目はオルゴールで幕を開け怪しげなムードを醸し出すもその後はギター、シンセが聴ける
アップテンポのメロパワチューン
となりシアトリカルな様式美ムードもあるか!?7曲目はキラキラシンセを纏い
どストレートに疾走する、まさしくINSANIAまんま王道を行く疾走メロスピ、クサメタルチューンだ!
途中入るQUEEN的なコーラスフックとなりサビは例によっての飛翔系クサメロである!
シンセソロ、メロディアスなギターソロ
も聴き所だな・・・!8曲目はパワフルさのあるギターリフが聴け
シンセも登場、エピックなムードも漂わせたミドルテンポ勇壮な正統派メタルになるぞ。
サビはアップテンポキラキラシンセも顔を出しなかなかにクサくなるか!?
9曲目は相当にワイルドで勢いのある出だしから多少のモダンさ正統派ムードを醸し出しつつ
同時に怪しさも演出するミドル曲。サビは唐突に疾走しメロディーも王道のメロスピ、クサメタルとなるぞ!
インストパートもやけにドラマティックでギターソロもメロディアスじゃのう・・・!10曲目はピアノアコギ
垢抜けないヴォーカルが乗る哀愁バラードで、サビはバンドサウンドも顔を出し
王道の盛り上がりを演出するのう・・・!


多少正統派だったりモダンだったり疾走しまくりと言う訳では無いが、
その垢抜けない愛すべきB級クサさはまさしくあの頃のINSANIAを彷彿と
させるモノ
クサメタラーならばガッツポーズ出来る箇所が多々見つかるだろう!
幾らキャリアを重ねても決して上手くならないこのヨレヨレヘナチョコヴォーカル
クサメタラー的にはご馳走だ(爆)。まぁ曲によっては微妙な部分もあるし中途半端な
デスVo
も不要に感じられるがINSANIAが好きだったクサメタラーならば楽しめるだろう!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 80% お気に入り曲 Wherever I Go  Cry No More  The Scars Run Deep
Impressed  The One







もどる


inserted by FC2 system