SHADOW OF INTENT







"Primordial"




アメリカ出身のメロディックデスコアバンドによる1stアルバム。


デスコアと言えば基本的にゴリゴリにヘヴィでストロングな音作りで
演奏、Vo、プロダクション共にハイレベルだが似たり寄ったりな印象があり、
個性的なバンドを見つけるのはなかなかに難しいんだが、ここに紹介する
アメリカ出身の新人バンド、SHADOW OF INTENTは他のよくあるデスコアとは
異なるサウンドを出している期待の存在である!その楽曲たるやデスコアの
演奏テクニック、アグレッション、ブルータリティー
をしかとキープしつつ
かなりメロディアスでドラマティックな要素を惜しみ無く放り込んでおり、
THE BLACK DAHLIA MURDER辺りを髣髴とさせる攻撃性と叙情性の
両立
に成功しておる!

1曲目は壮麗なピアノ、オーケストレーションに始まりメロディアスな
ギター
も登場、ブラストで爆走しつつかなりドラマティックさがあり、
中盤はブレイクダウンしつつエキゾチックな壮大さが見られるのう・・・!
2曲目はメロデス的な叙情リフと共に疾走!ブレイクダウンもあるが
途中聴けるピアノのような音色がまたメロウで良いな。3曲目は勢い重視かつ
エキゾチックな刻みリフ
も登場、さらにネオクラシカル風のギター、シンセの
ユニゾン
も顔を出すぞ。4曲目もヘヴィでワイルドかつネオクラシカル的な
ギター
メロウなピアノも登場、後半はシンフォニックさが見られ、
ブラックメタル風喚きVoも登場、5曲目はさらにシンフォニックブラック風になり
トレモロ、ブラストで爆走するが、その後はメロデス寄りのリフが顔を出すぞ。
6曲目もメロデス寄りの疾走曲で、ネオクラシカルなオブリ、ストリングスシンセに続き
ブラストで劇的に爆走!ギターソロもかなりメロディアスで良いな・・・!
7曲目は細かいギターと共にこれまた疾走し、クサく勇壮なツインリードがお目見えするぞ。
8曲目も壮大なシンフォブラ風だが、途中何故か下手糞なクリーンVoが顔を出し
これは完全に蛇足だな・・・!9曲目はクラシカルなクサさを放ち疾走!
最早完全に様式美デスコアと呼べそうな感じで実に素晴らしい!(笑)
ちなみにインストっぽいが後半でグロウルが登場するぞ。10曲目もまた圧倒的なまでに
劇的なギターフレーズ
が惜しみ無く投入された叙情デスコアだ!


デスコアらしいアグレッション、ヘヴィさ、タイトな演奏、高低使い分ける
パワフルなグロウル、スクリームでドラマティック極まりないメロディアスな
叙情フレーズ
をバンバン放り込む、新人とはとても思えぬ高水準のサウンドを
聴かせてくれる期待のバンドである!これで自主制作のCD-Rというのも驚かされるな。
デスコアに限らずメタルコア、ポストハードコアはどうも似たり寄ったりで
没個性なんだが、
もっとこういうバンドが出てくればシーンもより活性化するし、
ハードコアキッズ
では無い、メロディー重視のメタラーも振り向くじゃろうて・・・!




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 87% お気に入り曲 全部







"Reclaimer"




アメリカ出身のメロディックデスコアバンドによる2ndアルバム。


ゴリゴリにヘヴィでアグレッシヴなデスコアでありつつ、同時にメロデス的な
叙情性、ドラマティックさ
を高いレベルで提示し話題となった実力派である!
通産2作目に当たる本作も、前作で聴けたTHE BLACK DAHLIA MURDERの流れを
踏襲した、ヘヴィでパワフルでブルータルかつ相当にドラマティックで
メロディアスな叙情劇的デスコア
をしかと踏襲しており、シンフォニックな
オーケストレーション
も随所で導入され、FLESHGOD APOCALYPSEに通じる
要素も見られるだろうか!?


1曲目は劇的なピアノ、オーケストレーション、ヘヴィサウンドグロウル
顔を出す壮麗かつ重厚なイントロで、続く2曲目は細かいギター、ブラスト
爆走し、早口グロウルが聴けつつシンフォニックさ、キラキラシンセも見られる
叙情メロディックデスコアだが、サビで微妙なクリーンVoも混ざり蛇足だな・・・!
3曲目はクワイアと共にブラストで爆走しており、これまた荘厳な劇的さがあるぞ!
リフやソロ等ギターもメロディアスで、後半ダミ声Voが顔を出しシンフォニックにもなるぞ。
4曲目はデスコアらしいヘヴィな重苦しさを放つが、細かいギターと共にブラストで爆走し
テクニカルさがありつつ叙情ピアノも登場、ブレイクダウン、ガテラルも目立っているな。
5曲目はクサさすら感じさせる劇的リードギターに始まるデスコアで、叙情ブラストに続き
ピッチの甘いダミ声クリーンVoも顔を出すな・・・!6曲目もまた相当に劇的でメロディアスな
ギターフレーズ、シンフォニックさ
が見られブラストで爆走!ピアノもまた美しく、
7曲目もまたギターオーケストレーション、クワイア等が劇的さを放っており、
ネオクラシカル寄りのギターソロも聴き所で、その後はブレイクダウンになるぞ。
8曲目はテンション高めの疾走感を放ち、早口グロウルダミ声クリーンVoを交えつつ
ピアノメロディアスなギターが良いな・・・!9曲目は怪しげなヘヴィさが見られつつ
メロディアスなギター疾走感もあるぞ。10曲目は細かいギターが叙情性を放ち、
ピアノ泣きのギターも顔を出すインスト。11曲目は細かく劇的なギターブラストが聴け
ドラマティックさを放ち、早口グロウルやピアノを交え劇的に疾走、シンフォニックさもあるぞ。
12曲目もまた怪しさ漂うヘヴィチューンだが、泣きのギターがまたメロディアス
ブラストスウィープも登場しシンフォニックな盛り上がりも見られるぞ。


前作で提示された、THE BLACK DAHLIA MURDER等と言ったメロデス的な
エクストリームメタル
からFLESHGOD APOCALYPSE辺りの影響下にある
シンフォニックでドラマティック劇的メロディックデスコア
しかと踏襲しており、本作も非常に素晴らしい出来で普段この手のデスコアを
あまり聴かないメロディー派メタラー、クサメタラー
にもアピール出来るであろう
ハイクオリティーさを見せておる!ブレイクダウンも勿論あるが、曲の一部として
溶け込んでおりクドさが無く、ただハードコアキッズを暴れさせるためだけに
無理矢理過剰供給するような感じでは無いのがまた好印象だな。前作の唯一の欠点だった
下手糞クリーンVoダミ声寄りになっており多少はマシになっただろうか!?
インパクト面で前作を超える感じでは無いものの、前作に劣らずハイクオリティーな名盤だと言えよう!




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 87% お気に入り曲 全部







もどる


inserted by FC2 system