SHADES OF DAWN







"From Dusk Till Dawn"




ドイツ出身のシンフォニックプログレッシヴロックバンドによる1stアルバム。


1993年に結成された、意外と古株なドイツ出身の3ピースプログレバンドで、
音楽的にはジャーマンプログレながらも決してテクノ、トランス系では無くシンセ
メインにしたメロディー重視の叙情派シンフォニックプログレで、ポンプロック系の
空気
を放ちつつもGENESISがよく引き合いに出されて語られるサウンドとなっており、
ファンタジックな叙情性明るく牧歌的なポップさが見られるのう・・・!

1曲目はスペイシーさ漂うシンセによるイントロで、続く2曲目は妙に明るく
ほのぼのしたムード
を醸し出すシンセ、リードギターが顔を出す何ともポップな
プログレッシヴロック
となり、途中から泣きのギターエモーショナルな哀愁を演出、
線の細いヴォーカルも顔を出しピッチは微妙だがいかにもなプログレ感を放つのう・・・!
後半はテンポアップクラシカルなオルガンも顔を出しつつ軽快なノリがあるな。
3曲目はうって変わってメロウな哀愁を放つ叙情的なシンセ、クリーンギターが聴け
クラシカルな印象も感じさせメロトロンと共にテンポアップ、これまたポップで
キャッチーな部分
もあるな。後半でまたオルガンも聴けギターソロも結構クサいぞ!
4曲目はオーケストラヒットチープなホーン系シンセ、咽び泣く
ギターソロ
で幕を開け淡々としつつもポジティヴな空気を醸し出しヴォーカルも登場、
中盤のギターがまたよく泣いておりバックのオルガンも彩りを添えているな。後半はシンセが
プログレらしい絡み
を見せるのう・・・!5曲目はヴォーカルのハモリで幕を開けどこか昭和なムード
醸し出す泣きのギターが聴けアコギやピアノも登場、マイルドな中に叙情性を内包しているな。
6曲目はオルガンスペイシーなシンセが明るさを放つも、途中から雰囲気が変わり
西部劇の荒野っぽいムード
を演出、後半はシンセ、クリーンギターファンタジックな
メロウさ、煌びやかさ
を見せており泣きのギターも聴けるぞ!7曲目は穏やかな叙情性を放つ
ギター
ピアノが顔を出しストリングスシンセ美麗さを見せるマイルドな曲。
途中からやはり明るい面も見せ始めるぞ。8曲目はアコギ、ストリングスシンセがこれまた
美しさを放ち、ヴォーカルはピッチがダメだが淡々とした叙情性を演出、
どこかアダルトな落ち着いたムードを見せギターもよく泣いているのう・・・!途中からちょいと
ムードが変わりテンポアップ、ギターはブルージーなフレーズを披露しその後はメロトロンが
壮麗さを放つぞ!
後半は明るめのノリの良さを見せヴォーカルもダミ声でオッサン臭い歌唱を
披露しておるな・・・!
9曲目は哀愁漂うアコギ、シンセが聴ける短い繋ぎで、10曲目はスペイシーな
シンセ
泣きのギターが乗るこれまた短いインスト。11曲目もシンセが顔を出し80年代っぽい
盛り上がり
を演出、その後は淡々とした落ち着きを見せ、クリーンギターがどこか南国風の
気だるい空気
を放つスローチューンになるぞ。ベースがやけに目立っているな・・・!


シンセメインの叙情派シンフォニックプログレながらも、哀愁よりも牧歌的で明るい
ポップさ、キャッチーさ
が全面に押し出されておりコッテコテのメロウさ、クサさを
求めると思い切り肩透かしになる
だろうが、それでも叙情性漂うパートもしかとあり
ギターも強烈な泣きのプレイを披露しておる!個人的にはやはり哀愁メインで
勝負してもらいたかった
んだが、このギターの泣きっぷりは強烈じゃのう・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 73% お気に入り曲 President Why







"Graffity's Rainbow"




ドイツ出身のシンフォニックプログレッシヴロックバンドによる2ndアルバム。


プログレ界隈においてはテクノ、トランスの元祖とされるスペイシーでサイケな
音作り
が主流となっていたドイツ出身のバンドながらも、シンセメインの明るく
ポップ
でなおかつ叙情的なシンフォ系のプログレをプレイするバンドである!
本作は2011年にリリースされた通算2作目のアルバムで、音楽的には前作の
流れを汲んだシンセメインマイルドでメロウかつポップな要素も感じさせる
シンフォニックプログレとなっており、さらに今回は大作志向の面も覗かせており
数曲からなる組曲形式の楽曲を聴かせてくれるぞ!

1曲目は早速の11分ある大作で、80年代丸出しシンセに始まりバンドサウンドも
そんな感じ
で、泣きのギターオルガンも顔を出し渋みのある哀愁を放っているのう・・・!
途中からスペイシーなシンセと共にプログレッシヴなテクニカルさも披露し
3分過ぎでようやくヴォーカルが聴けるぞ。中盤以降はピアノやシンセ、ベースが
何とも言えないメランコリックな哀愁
を放っており、ギターも切々とした泣きを
披露しておる!
2、3、4曲目は組曲形式となっており、まずシンセ、オルガンに続いて軽快な
バンドサウンド
が登場しどこかフュージョンライクな空気を放ち、淡々とした中に
ベースが手数の多さ
を見せ線の細いヴォーカルも登場、ファルセットが哀愁あるな・・・!
そしてクラシカルさのある流麗なピアノに続きストリングスリフ、ヴォーカルが
マイルド
な中に緊迫感を内包しておる!どこかスペイシーな印象も強いが泣きのギターも顔を出すぞ。
5曲目は15分の大作で、壮麗さのあるシンフォニックなシンセで幕を開け淡々とした
クリーンギター
ヴォーカルも登場し哀愁を放つのう・・・!ギターもまたよく泣いており
実にエモーショナルである!
さらにクワイア系のメロトロンも顔を出しさらに哀愁、叙情性を
増強するぞ!
その後はシンセ、ベースが古臭い胡散臭さを放ち始め時代性を感じさせるが、
本作はあくまでも2011年のアルバムである(爆)。後半はハモンドやシンセ、ギターがいかにもな
プログレ風味を醸し出しドラムも自己主張し始めるぞ。6曲目から13曲目まではこれまた
組曲形式で、まずストリングス系シンセチープな音色ながらもシリアスな重厚さを演出、
シンフォニックさも見せクワイア系のシンセ、オルガンも登場、続いて穏やかなピアノギター
顔を出しフュージョン系のオシャレ感を演出し、ハモンド渋みのある泣きのギターも聴けるぞ。
その後は跳ねるようなベース、ピアノジャズ的な雰囲気を見せるのう・・・!ただギターはやはり強烈に
泣きまくっており、
メロディーラインは日本人好みのクサさすら感じさせるものである!さらにスペイシーな
シンセサウンド
も顔を出すが、その後はアコギ、ヴォーカル牧歌的な空気を醸し出し
チープなコーラスも登場、ヴォーカルの下手糞さ味を出しているか!?
さらに70年代ばりのサウンドながらテンションの高いハモンド、バンドサウンド
顔を出し古臭い盛り上がりを見せ始めるぞ!Procol Harumをパクったかのようなオルガンの
クラシカルなフレーズ
が良いな・・・!さらにシンセが穏やかかつアトモスフェリックなムードを演出、
シンフォプログレらしいファンタジックな空気も放たれておるわい!ラストはストリングシンセ
クラシックフレーズを奏で盛り上がるぞ。


前作の流れを汲んだシンセメインのシンフォプログレだが、今回大作志向になり短い曲が
完全に消滅、
そして同時に前作で目立っていた無駄にハッピーで明るいポップさも大分
鳴りを潜めており、全体的にメロウな哀愁要素がメインになってくれたのは個人的に
嬉しい所
じゃて・・・!ヴォーカルは相変わらず線が細くピッチも危ういが、この手の
プログレ
においてヴォーカルの比重は少ないんで特に気になるような部分は無いか!?
哀愁好きなら本作のほうがオススメである!





Amazon.co.jpで見てみる




満足度 77% お気に入り曲 Battle won... and Lost  Empty Vessels
Graffity's Rainbow Letters from Eternity  Graffity's Rainbow The Rising







もどる


inserted by FC2 system