SERPENTA







"Civilizacion Perdida"




メキシコ出身のメロスピ、クサメタルバンドによる2ndアルバム。


この手のクサメタルも長い事ご無沙汰だが、メキシコ出身のメロスピと言うだけで
もう聴く前から間違い無くB級クサレメタルだと断定出来るな(爆)。本作は2作目で、
音楽的にはお約束のキラキラシンセを配し疾走、音質は当然ながら一昔前の打ち込みにも
劣るレベルのスッカスカ振り
で、ヴォーカルはスペイン語で歌っているがこれも
例によって例の如くのヘナチョコハイトーンで凄まじく下手糞、勿論演奏もアレ
マニアックなクサメタラー以外が手を出すと大火傷してしまう1枚である!(笑)

1曲目はチープなシンセオーケストレーションによるイントロで、2曲目はお約束の
スッカスカ過ぎるチープな音質
にヘナチョコ極まり無い下手糞ハイトーンVo
疾走しており、中盤のキラキラシンセ、ギターがクラシカルさを放つパートは良いな。
3曲目は笛やオルガンの音色が顔を出しバタついた演奏を披露、途中ピアノがクラシカルな
ムード
を放つぞ。4曲目はショボいストリングスシンセに始まり多少パワーメタル寄り
感じになり疾走、曲としてはなかなかに悪くないな。5曲目はスペイシーなシンセが目立った
軽快なアップテンポで、6曲目は民族風の出だしからネオクラ風のユニゾンが聴ける繋ぎとなり、
7曲目はそのままネオクラ要素を持った疾走曲となるぞ!8曲目はタイトさと無縁なのに
半端にメカニカルな無機質感を出そうとして失敗しているつまらんミドル曲。
途中ショボめのデスVoも顔を出し中盤はネオクラ風に疾走、9曲目は80年代的シンセ
幕を開け勢い良く疾走!ギターやシンセもピロピロするがテンポチェンジも多く、ヴォーカルが
とにかくダサいものの全体的にイタリアンメタル的な雰囲気があるか!?
10曲目は胡散臭い雰囲気が漂いつつ疾走もしているな・・・!


久々に堪能した、悪い意味で活きのいいB級ヘナチョコクサレメタルで、この手のバンドの
お約束としてリフが存在しないものの、楽曲自体はB級クソメタルとしては聴けない程では無く
昔を思い出してそれなりには楽しめるが、
当然ながら音質、Vo共に最悪レベルでよほどの
コアなマニア以外は聴けないだろうな・・・!ギター等演奏はまぁB級としてはそれなりに
頑張り
を見せているが、音の悪さが全てを台無しにしているわい!10年前まではこういう
クソメタルでもクサクサ言いながら聴けたんだが、今は流石に厳しいかのう・・・!
まぁ嫌いじゃないけどな!(笑)







満足度 70% お気に入り曲 Hacia La Nueva Era  Quinto Sol
Pleglaria  La Sombra Del Fuego







もどる


inserted by FC2 system