SERENITY IN MURDER







"The First Frisson Of The World"




日本のメロディックデスメタルバンドの1stアルバム。


本格的なグロウル系デスVoを操る女性シンガーを擁しクサメタラーの間で話題となった
国産バンドである!その音楽性はシンセを導入したモダンな要素を感じさせる
イマドキらしいメロディックデス
だがそのメロディーラインはやはり日本人らしい
クサみを湛えた美麗さ
を見せており湿り気を帯びたメランコリックさ海外のバンドには
あまり見られない独自性
と言えよう・・・!メタルコアでは無くあくまでもメロデスなんで
ビートダウンやクリーンVoの類は無く今風ながらも王道の良さを貫いているぞ!

1曲目は叙情的なシンセをバックにバンドサウンドが聴けるちょい今風のムードを
醸し出すメロデス
プロダクションは軽めだがモダンな要素もありどこか退廃的な
雰囲気が感じられるのう・・・!
ヴォーカルは女性とは思えぬ本格的なグロウルを
聴かせてくれるぞ!
ギターソロはメロディー重視のハモリ日本人らしいセンス
見せているな。2曲目はこれまたモダンな質感を放つリフ、シンセが聴け湿った
叙情性を纏いつつ疾走開始!
バックのシンセは今風かつシンフォニックなストリングス系で
サビの盛り上がりも良くギターソロも勢いがあるぞ!3曲目はシリアスかつモダンな
空気を放つギター
で幕を開けデスラッシュ然とした勢いを放ちストロングに疾走!
中盤はスローになりシンセも聴け広がりのあるムードを演出しこの辺が今風だが
ヴォーカルはデスVoで押し通すぞ!ギターソロがまたメロディアスだな・・・!4曲目はギターが
どこかキャッチーさを放ちミドルテンポでシリアスに展開、シンセもバックで目立ち
リフはノリの良さを見せておるな・・・!途中からまた疾走しシンセの使い方はどこか最近の
CHILDLEN OF BODOM
に通じる要素があるか!?5曲目はこれまた最近のチルボドっぽいリフ
幕を開け疾走するもピアノやシンセの音色が独特のメランコリックさを放っており
実に叙情的じゃのう・・・!これまたギターソロがメロディアスだな。
6曲目は今風のシンセと共にこれまた勢い良く疾走するファストチューン
ギターフレーズがまた良いな・・・!7曲目はこれまた最近のチルボドライクな
モダンさ
を放ちストロングな印象を見せつけるミドル〜アップテンポ曲。
8曲目もモダンな印象を見せつつキレのあるリフが聴けるアップテンポチューン
中盤付近からシンセと共に疾走、ギターソロがまたメロディアスなハモリ
見せておりある意味キャッチーですらあるわい!後半は僅かだがブラストも顔を出すのう・・・!
9曲目は冷たさを纏ったストリングスシンセ荘厳なムードを醸し出しバンドサウンドも
なかなかに重厚パワフルなノリを見せ始めるぞ!中盤は雰囲気が変わり
クリーンVo
では無いが掛け声のような声も顔を出しこの辺はやはりイマドキっぽいな。
その後はピアノがまた叙情性を演出するのう・・・!


国産バンドらしくプロダクションに厚みは無くこの辺で本場海外のバンドに一歩
遅れを取ってしまっている
のだがそれ以外で海外のバンドにひけを取るような部分は
何一つとして無く、
ヴォーカル、演奏、楽曲等本作が1stの新人バンドとは思えぬハイレベル振り
見せつけておる!CHILDLEN OF BODOMやNORTHER、MORS PRINCIPIUM EST辺りに
近いムード
もあるが独特の湿った叙情性、退廃ムードがあり王道でありつつも
個性をしかと携えておる!将来性抜群のバンドだけにBLOOD STAIN CHILDのように
方向性を思い切り変えてコケないようにして頂きたい
モンじゃて・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 84% お気に入り曲 RequieM  Defenders Of The Faith  The Tragedy
Defamiliarization







"The Highest Of Dystopia"




日本のメロディックデスメタルバンドによる2ndアルバム。


売春婦紛い・・・と言うか売春婦そのもの腐れ嬢メタルなんざが世に蔓延る
ファックな昨今にあって、本格的なグロウルを操る女性シンガーをフロントに据え
超本格的なメロディックデスメタル、エクストリームメタルをプレイする実力派バンドである!
本作は3年半振りにリリースされた通産2作目のアルバムで、最近の国産エクストリーム系だと
言わずもがなのGYZETHOUSAND EYES等がシーンを騒がせているが、彼等の音楽性はそれら
2組とはまた異なり、今風のモダンなシンセを大々的に導入し部分的にシンフォニックな面
見せつつも基本的にはやはりイマドキっぽいメロデスだろうか!?

1曲目は大仰なオーケストレーションによるイントロで、続く2曲目は今風なシンセに始まり
タイトなバンドサウンドも登場、音は軽めながらモダンな印象のあるメロデスとなり基本は
ミドルテンポだが、ギターソロは疾走しプレイも流麗じゃのう・・・!3曲目は壮麗さのある
ストリングス系シンセ
が舞いつつブラストを交え爆走!FLESHGOD APOCALYPSE辺りの影響が
感じられるだろうか!?2分に満たない短い曲で、中盤以降はブレイクダウンになりその後は
怪しいピアノも聴けるぞ。4曲目もシンセが目立ちつつワイルドに疾走!リードギターがまた
叙情的でギターソロも流麗さがあり、ピアノも美麗な印象があるが唐突なフェードアウトは
どうにも解せんのう・・・!
5曲目はまた今風なシンセが目立つが、その後はストリングス系の
音色と共にブラストで爆走!
これまたFLESHGOD APOCALYPSEタイプで良いな。
6曲目もまたストリングスの音色勇壮さを放ちつつ今風な面もあるが、リードギターやけに
キャッチー
でギターソロも構築美を感じさせるのう・・・!7曲目はまたシンフォニックさのある
ストリングスシンセと共に疾走!
これまたギターソロも聴き所だな。8曲目もストリングス系の
シンセ
が壮麗さを放ち疾走、ギターフレーズも目立った叙情メロデスとなり日本人らしい
メロディー
も聴けるか!?9曲目はシンセが叙情的かつミステリアスな盛り上がりを見せ疾走!
ピアノ、アコギ等が日本人らしいクサさを放ち、泣きのギターソロもまた良いがこれまたフェードアウトが
やけにいい加減で惜しいのう・・・!
10曲目はデジタル系シンセ今風な空気を放つモダン寄りのミドル曲。
パワーバラードと言えそうな曲調で中盤が叙情的だな。泣きのギターソロもまた美味しい部分じゃて・・・!
11曲目は大仰なオーケストレーションに続きバンドサウンドが聴け疾走、シンフォニックで
叙情的なメロデス
となるが今風な所もあるだろうか!?


国産バンドの欠点音が軽い印象があるも、それ以外はやはり高品質イマドキっぽいシンセ
導入しつつも基本がメタルコアでは無くメロデスなんでチャラさが無いのが好印象だな。
まぁGYZE程クサい訳では無く、あくまでも基本は洗練されたオシャレな今風メロデスなんで
クサメタラーにはピンと来ない部分もあるかも知れんが、アルバム後半でクサい曲が目立ち
この辺は国産バンドらしい美点じゃのう・・・!ランニングタイプが35分ちょいと近代メタルにしては
かなり短く物足りない印象もあるが、現代の国産エクストリームメタルの
水準の高さに余裕で届く高品質アルバム
である事に違いは無い!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 85% お気に入り曲 All Behind You Are Enemies  Martyr For An Age
Malefic Religion In Our Abyss  Await Me Your Oath  Under The Spell  The Rule







もどる


inserted by FC2 system