SCORCHED







"Echoes of Dismemberment"




アメリカ出身のブルータルデスメタルバンドによる1stアルバム。


アメリカのデスメタル専門レーベルであるDark Descent Records
別名義で運営するレーベル、Unspeakable Axeからリリースされた
新人バンドによるデビューアルバムで、音楽的には比較的オーソドックスな
昔ながらのブルデス
をプレイしており、結構ドゥーミーで引き摺るような
重苦しさ
を見せつつも疾走する所は疾走しており、禍々しい印象も強く
グロウルはかなりエコーが強い感じで、プロダクションも前時代的な
篭り具合
となっておりアンダーグラウンドな空気を発散しているな・・・!

1曲目は怪しげでスペイシーなシンセ昔のSF、ホラー映画テイストを放つ
イントロで、続く2曲目はドゥーミーな重苦しさを放ちつつ禍々しいリードギターも登場、
途中疾走しSLAYERのようなピロピロギターソロも聴けるぞ。3曲目はこれまた
シンセによる怪しい繋ぎで、4曲目は早速のピロピロギターソロに始まり疾走!
5曲目は怪しげなリフ、ハモリギターが聴ける、やけに軽快なミドル曲
中盤呪詛的な呟きVoも顔を出すのう・・・!6曲目はこれまたシンセによる繋ぎで、
7曲目は重苦しいスローテンポに始まりつつ疾走するパートも登場、エキゾチックな
ギターソロ
も聴け、8曲目はシンセに始まりアコギも交えつつ怪しくヘヴィなムードを演出、
ブラストも顔を出すが基本はスローだな。9曲目もヘヴィで禍々しいスローパートと
ブラストで疾走するパートに分かれており、後者はややブラックメタル寄りだろうか!?
意外とギターにメロディーがあるのが好印象だな。10曲目も基本的には重苦しいスロー曲で、
途中から疾走し、さらに怪しい儀式風の喉歌Voも聴けるぞ。11曲目は勢いある
疾走パート
突進力を感じさせるが、やはり禍々しいミドルパートも目立っているな・・・!


プロダクション等も含めて昔ながらのオールドスクールなブルデスで、
ドゥーミーに引き摺る重苦しいスローパートと一気に疾走するパートで
緩急が付けられており、SLAYERを思わせるピロピロギターソロも目立ち
ただダーティーで禍々しいだけでは無い、なかなかに考えて作られた
楽曲
を楽しめる1枚だな・・・!ただ全体的に疾走パートよりもスローパートのほうが
多い印象があり、もっと均等・・・いや、気持ち疾走パート多めにしたほうが
さらに聴き易く楽しめる仕上がり
になっただろうな。




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 78% お気に入り曲 Craving Human Remnants  Echoes Of Dismemberment







もどる


inserted by FC2 system