SCHONBERG







"SPLENDID ROSA BIRTH 〜華麗なるロサ、誕生〜"




日本の様式美シンフォニックメタルバンドの1stアルバム。


その強烈な歌謡曲クサさ往年のDARK MOORを彷彿とさせる様式美系のシンフォニックな
アレンジ
クサメタラーの間で話題となったバンドである!女性シンガー
フロントに据えスタイルとしてはまさにネオクラシカルかつシンフォニック大仰な
シアトリカルさ
もプンプンに放ちオペラティックさも醸し出すドラマティックな事
この上無いクサメタル
ヨーロピアンメタルのスタイルなれどヴォーカルメロディーは
まるで歌謡曲ばりの濃厚なクッサイ哀愁を放っておりジャンルは違えどUNLIMITSに
通じる要素があるな・・・!
アレンジもツボを突いており女性Voはオペラ的な大仰さのあるしなやかな
歌い回し
をしているが声質的にはアニソンに近い部分がありコンセプトと相まってある意味
同人的なギーク臭も漂いこの辺は賛否分かれるだろうがギターは結構流麗な上手さがあるぞ!
ただ音質は自主制作らしいスカスカさ、チープさが漂っておりそこが最大の欠点か・・・!

1曲目はいかにもチープな打ち込みだが重厚なストリングス、笛等の
オーケストレーション
シンフォニックなムードを放ちバンドサウンドも顔を出す
イントロで続く2曲目は様式美然としたネオクラシカルなフレーズを放ち女性Voも登場、
部分的に疾走しヴォーカルメロディーはまるで歌謡曲のようなクサさがあるぞ!
サビのコーラスもまた強烈にクサくギターソロはネオクラシカル系ピアノとも
ユニゾンし
なかなかにテクニカルさがあるがDARK MOORのように構築美がありやはりクサい!
3曲目は重厚なチャーチオルガンで幕を開けちょいモダンなムードのある
正統派的なギターリフが登場しシリアスなムードを放ち疾走!こっ恥ずかしい語り
交えつつヴォーカルメロディーはやはり歌謡曲的じゃのう・・・!4曲目は泣きのギターが
強烈な哀愁を放ち
これまた歌謡曲のレベルにまで到達しているスローな繋ぎの
インスト
で続く5曲目もまた歌謡曲ばりのクサい哀愁を放つスロー、ミドル曲で並のバンドなら
捨て曲になりそうなんだが彼等はクサさが凄まじく決してそうはならない!
6曲目は珍しく明るめのポジティヴさがある淡々とした曲調でポップスと言うか
アニソンにかなり近いこっ恥ずかしさが漂っているな・・・!7曲目はシンセストリングス、
ピアノ
クラシカルな格調高さを見せる繋ぎの短いインストで続く8曲目は早速のネオクラシカルな
ギター
がインパクトを放ち疾走開始!メロスピと違い様式美系なのでギターリフがちゃんと
している
辺りも好感度が高いな。ヴォーカルメロディーのクサさは言うまでもなくギターソロは
聴き覚えあるクラシックフレーズをアレンジしたメロを奏でたまらんのう・・・!
9曲目はピアノ、ハープ、オーケストレーション同人臭プンプンの
こっ恥ずかしい語り
が聴ける繋ぎで10曲目は大仰なギターによる出だしから
民謡的なメロを奏でつつ怪しげなムードを放ちプログレメタル的な
空気
も醸し出されるスロー曲。それでもメロディーはシアトリカルなクサさがあり宝塚系の
歌謡ヨーロピアン風味
が漂っておるわい!11曲目はこれまたシンセオーケストラによる
繋ぎ
で12曲目は勇壮なムード漂うギターフレーズに始まりパワフルに疾走、
オーケストレーションもホーン系の音色判り易いメロパワ、メロスピ系の
曲調
になりギターが所々でオブリを放り込みサビはこの手のメタルらしい
飛翔感漂う明るくポジティヴなクサメロ
だがファルセットが弱弱しいのう・・・!
ギターソロはクラシカルさのあるフレーズでやはりクサくツボを突いておるわい!
13曲目はピアノとヴォーカルによるバラードで途中からストリングスも登場し後半は
雰囲気が変わりダークでシリアスなオーケストレーションが聴けるぞ!


前評判に違わぬ凄まじいクサさである!シンフォニックな様式美アレンジに乗る
アニソン、歌謡曲クサさ満点のヴォーカルメロディー!こりゃクサメタラー、
同人メタラーが大喜びするワケだな・・・!
ただ弱点もありやはり最大の欠点は
チープさ満点のスカスカなプロダクション
でヴォーカルの声質、コンセプトと相まって
BURRN!じゃ当然のように低評価だったが欠点を補って余りあるクサさこそ
輸入盤漁りを欠かさない我々のようなクサメタラー達が愛して止まない要素なのだ!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 80% お気に入り曲 ロサ・シリウス  黒薔薇のシセロ  La Reine  ロサ・クライシス







もどる


inserted by FC2 system