SAFE HANDS







"Montenegro"




オーストラリア出身のカオティックハードコアバンドによるアルバム。


大して情報の無いバンドだが、どうやらオーストラリア出身のようで
音楽的には荒々しいバンドサウンド、絶叫タイプのシャウト系ヴォーカルがいかにも
ハードコアなムードを醸し出すもののストレートな音作りでは無く、カオティックコア
言い切れる細かいリズムチェンジ不穏な退廃ムードを醸し出しておりメタリックでは
無い
ものの演奏もなかなかにタイトである!

1曲目は不穏なギターで幕を開けカオティックなリズムを見せるバンドサウンドに
いかにもハードコアシャウト系ヴォーカルが登場!退廃ムードテクニカルな
変拍子を交えておるのう・・・!
後半ではシンガロング系コーラスも聴けるぞ。
2曲目は忙しなさを放つギターサウンドが聴け淡々とした怪しさを見せるが
ヴォーカルはテンションが高いな。3曲目は軽快に疾走するドラムノイジーな
ギター
で幕を開けいかにもハードコアなノリを放つファストチューンだが中盤以降は
へヴィでは無いビートダウンと言えそうなスローテンポになるぞ。4曲目はこれまた
怪しげな焦燥感を持った変態カオティックコアで、中盤は淡々としたギターの刻みに
泣き叫ぶような荒々しいシャウト
が乗り後半は退廃ムード漂うスローテンポになるぞ。
5曲目はサイレンのようなギターにシャウトが乗り無骨なシンガロングも登場、その後は
変拍子でカオティックな展開を見せるのう・・・!6曲目は倦怠感漂うギターが聴ける
淡々とした曲。
7曲目はミドルテンポでまったりしつつもなかなかにキレがあり変拍子も
顔を出すぞ!
後半のクリーンギターがやけに哀愁漂っておるわい!8曲目は本作としては
ちょいとへヴィな印象
もあるワイルドなギターが聴けるアップテンポ曲だ!後半のギターが
またサイレンみたいで何とも怪しいのう・・・!9曲目はクリーンギター妙な渋さ
演出、どこかブルージーとも言えそうな気だるいスロー曲で、ヴォーカルもクリーンで
怪しく歌っているが
その後唐突にテンションが上がり疾走開始!後半はメタルでは無いが
へヴィなビートダウンになるぞ!10曲目は怪しげなギター、ドラムで幕を開けワイルドな
疾走感
を見せるファストチューンになるが途中テンポダウンクリーンVoも登場!
11曲目も実にテンションの高い疾走曲だが途中これまたミドルテンポになるのう・・・!
12曲目は淡々としたムードを醸し出す怪しくも大人しいスロー曲。中盤でフィメールVoも顔を出し
メロウなムードを演出、ハードコアバンドらしからぬ側面を見せているぞ。


カオティックハードコアと言うよりも初期型スクリーモ・・・所謂リアルスクリーモ
通じる怪しい変態的ムードを放つテンションの高いサウンドである!これと言った
捨て曲は無いが、
同時にキラーも不在である意味掴み所が無いかも知れんがこの手の
カオティックコア・・・初期スクリーモ
が好きなら楽しめるだろう!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 77% お気に入り曲 Death In Leura (Alas)  The Man Who Was A Forest  Any Port In A Storm
If The Accident Will  Tunnel Visionary  All Of My Bones Are Broken  Somnambulance
My Very Own Vesuvius







もどる


inserted by FC2 system