Rusian Xana - THE SPIRITUAL GOTHIC SOUND UNIT -







"THE EXORCIST"




日本の様式美シンフォニックゴシックヴィジュアル系プロジェクトの1stアルバム。


ゲームミュージックとHM/HR、ヴィジュアル系をルーツに持つコンポーザーによる
プロジェクトで、本作はゴシックホラーをコンセプトにしたアルバムとなっており
音楽的にはチャーチオルガンをメインとしダークな様式美要素を内包、メタルと言うか
メロスピ的に疾走しているもののバンドサウンド等は全て打ち込みHM/HR要素はあるが
ギターサウンドは聴こえずどちらかと言ったらゲームサントラMALICE MIZER、
Moi dix Mois
辺りの流れを汲むクラシカルゴシックタイプのヴィジュアル系に
通じるムードがあるな・・・!


1曲目はチャーチオルガン厳かなムードを醸し出すイントロで続く2曲目もまた
オルガンで幕を開けヴァイオリンシンセ音の悪いドラム、ベースも顔を出し疾走!
とりあえずメロスピ的ではあるがギターの音が聴こえず純然たるHM/HRでは無いな・・・!
ヴォーカルはヴィジュアル系スタイルの男Voでピッチや発声等まだまだ未熟で
素人っぽさが滲み出ている
のが惜しいのう・・・!中盤ではピアノも顔を出し
クラシカルなムードを演出しているぞ。
3曲目はチェンバロ、オルガンに始まり
ドラム、ヴォーカルも登場、ミドルテンポオペラティックなムードもあり
これでヴォーカルが上手ければかなり印象は違ってきただろうな・・・!4曲目は重厚な
コントラバスの低音
ピアノが顔を出し後半でオルガンも聴ける雰囲気モノの
インスト。
5曲目はやはりオルガンで幕を開けヴァイオリンシンセと共に疾走!
メロスピ然
としているがギターが無くベースやドラムもいかにも打ち込みな音なんで
ヴォーカル入りではあるがゲームサントラに近いムードがあるのう・・・!6曲目は
チェンバロオルガンが登場しクラシカルな格調高さを見せヴォーカルも
顔を出す非バンドサウンドのミドル曲。後半ではストリングスシンセも聴けるぞ。
7曲目はピアノに始まりストリングスやリズム等どこかニューウェイヴっぽい
暗めの淡々とした雰囲気
があるな・・・!8曲目はここに来て初の語りが登場、その後は
アトモスフェリックなシンセ空間系のムードを演出するインストになるぞ。
ボーナストラックの9曲目はチェンバロ華やかな雰囲気を醸し出すインスト。


音楽的には上記したようMALICE MIZER、Moi dix Moisタイプのゴシカルな様式美系
シンフォニックV系
ゲームミュージック融合させたような感じで雰囲気は良いが
やはり打ち込みで音が悪くギターが無いため物足りない印象があり、さらにメロディーも
全体的にフックが無く
弱さがありヴォーカルの稚拙さも厳しいのう・・・!声質はV系ながら
ちょい中性的で悪く無い
んでせめてピッチを正確にして頂きたいモンじゃて・・・!
方向性は我々クサメタラーのストライクゾーンど真ん中なんで欠点を克服出来れば
相当に化けそう・・・
と思わせる辺りがまさしくクサメタルよ!(爆)




オフィシャルで見てみる





満足度 66% お気に入り曲 漆黒の来訪者  覚醒の涙







もどる


inserted by FC2 system