Resonecia







"Gebet"




日本のファンタジック様式美シンフォニックメタルプロジェクトの1stシングル。


これまでNigranteで数々のクサクサシンフォニックメタルチューンを生み出してきた音冶氏による
新プロジェクトのデビューシングルである!オフィシャルにそういう情報
一切無かった
んでてっきり謎のプロジェクトかと勘違いしちまっていたがまぁそれはさておき、
音楽的にはシンフォニックメタルを基盤としそこにファンタジーゴシックの要素を
導入しているとの事らしいがよくあるアニソンメタルではなくRHAPSODYエリサ時代のDARK MOOR、
FAIRYLANDの1st
のようなエピック・パワーメタルタイプ勇壮でクラシカルな
様式美系のクサさ
を放っておりそのメロディーラインはMAGIC KINGDOM
リチャード・アンダーソン関係に近いと言えよう・・・!

1曲目は早速のクサく勇壮なリードギターのハモリエピックなムードを演出、
女性ヴォーカルはアニソン、J-POP的な明朗さを持ちつつもそこまで媚びた印象は無く
メタル然とした声質
に近く好印象クワイア的なコーラスも登場、バックのストリングスも
クサさを放っており
サビがまた凄まじくクサいぞ!よくあるアニソン系ではなくかつての
DARK MOOR
RHAPSODY OF FIREがまだRHAPSODYだった頃のクラシカルでエピカルな
あのクサさである!
インストパートはヴァイオリンソロに始まりメロディー重視のギターソロ
登場!ラストのツインリードもまた強烈にクサいぞ!2曲目はヴァイオリン、ピアノ
またメランコリックなクサさを見せそのままバンドサウンドも聴け疾走開始!
クワイア
も顔を出し女性Voは線は細いもののソプラノ系の歌唱を見せチェンバロも登場、
ギターソロはまたメロディー重視泣きのフレーズを紡いでいるのう・・・!
3曲目はポジティヴさのある明るめのリードギターが聴けメロスピ要素の強い
疾走チューン
となるがやはりヴァイオリンがオブリを放り込みサビはアニソン系の
キャッチーさ
を見せありがちな同人メタルになるがこれはこれで悪くは無いな。
ギターソロ後はやはりクワイアも登場!ラストは大仰に盛り上がり幕となるぞ。


これだ!このクサさだ!ここ最近の同人シンフォメタルはメロディーラインがどれも
アニメソングの要素が強くまぁそれはそれで悪くは無いが俺の好みはこういった
様式美要素の強いクラシカルでエピックなクサメロなのだ!とはいえそういうメロの曲は
1曲目のみ
なんだが久々にこういうタイプのクラシカル系クサメタルを聴いたわい!
自分のクサメロルーツを再確認出来て何よりだが俺の都合云々ではなくシンフォメタルとして
かなりのクオリティーの高さ
を見せておりギタープレイ、ヴォーカルも良く何よりメロディーの
センスがかなりのものである!
今後の活動がかなり楽しみな超掘り出し物のプロジェクトだ!
早くフルアルバムを聴きたいものじゃ・・・!全クサメタラーにオススメの1枚と言えよう!




オフィシャルで見てみる





満足度 86% お気に入り曲 全部。特に“Stolz”







"Schuld"




日本のファンタジック様式美シンフォニックメタルプロジェクトの2ndシングル。


シーンを騒然と賑わせた新たなるクサメロメイカーによる待望の2作目である!
今は活動停止と相成ってしまったNigrante数々のキラーチューン
生み出してきた次代の実力者、音冶氏が新たに立ち上げたプロジェクトでサンホラ色がまだ
濃かったNigranteとは異なりここで聴けるのは純度100%の様式美シンフォニックメロスピ、
クサメタルである!
前作“Gebet”の1曲目“Stolz”アニソンもしくは歌謡曲然とした
メロが主流となった昨今
において清々しいまでに様式美系のクラシカルなクサメロを追求し
俺のツボをこれでもかというほど刺激、サウスパークで毎回殺されるケニー状態
なっちまったが(爆)本作でもその方向性は不変!最高だった頃のRHAPSODYやDARK MOOR
想起させるに十分なハイレベルさを見せておるぞ!

1曲目は早速の大仰なホーン系オーケストレーション勇壮なムードを演出、
そして壮麗なストリングスバンドサウンドが聴け羽ばたくような
シンフォニックメロスピ
と化すぞ!やはりメロディーがツボでさらにクワイアも登場!
ますますクサメタラー好みになってきた感があり実に素晴らしいのう・・・!
何げにギターも裏でオブリを放り込んでおりサビはキャッチーさが目立った感じだな。
結構長い曲で展開もそこまで複雑なプログレ要素があるわけではないが凝っており
ドラマティックさが強く
後半のピアノ、ストリングスに続くギターソロ
メロディアスな泣きの要素が強く大きな聴き所である!2曲目はチャーチオルガンに
鐘の音
で幕を開けゴシカルな様式美ムードを演出、チェンバロティンパニも顔を出し
緊迫感を見せバンドサウンドも登場、ギターリフのみならずベースも結構目立っており
シリアスに疾走!
やはりクワイアも顔を出し全体的にクラシカルな様式美要素が強くメロディーは
やはり相当に強烈なフックを携えたクサメロ振りでたまらんわい!中盤以降で一旦ブレイクし
優雅なピアノが聴けそしてギターソロに入るのもなかなかに面白いな・・・!ラストは
ヴァイオリンの音色も登場するぞ。3曲目は勇壮なギターフレーズで幕を開けどこか
Dragon Guardianっぽい部分があり凄まじいクサさを放っているが疾走はしておらず
テンポは意外と淡々としているもののストリングスやクワイア等アレンジやメロがかなり大仰
男Voも顔を出し男女ツインVoとなるのも印象的じゃのう!アニソンと歌謡曲の
いい所を抽出した
かのようなサビも熱くソプラノVoも登場、ラストのクワイア、ギターもまたクサいぞ!


いやはや本作も期待を裏切らないハイクオリティー振りである!バンドサウンドと
オーケストレーションの絡み
がよりこなれた感がありチェンバロやクワイアも前作より
気持ち目立っておりさらにシンフォニックメタルに接近した印象があるな・・・!
また今回ライナーノーツ同人音楽同好会のマブ氏が手がけているのも
特筆すべき部分でこういった試みがまたシーンを活性化させる役目を果たしておりみんなもっと
こういう事やったらいいのに
とか思ってしまうな(笑)。このクオリティーをキープした
フルレンスアルバム
を期待したいのう!語りは無いがDragon Guardianの正当なる後継者
言いたくなる超大型プロジェクトである!




オフィシャルで見てみる





満足度 86% お気に入り曲 全部







"Anderer"




日本のファンタジック様式美シンフォニックメタルプロジェクトのオーケストラインストシングル。


まだシングル2枚しか出していない状態でありながら同人クサメタルシーンの
次なる覇者
との呼び声も高き超高品質様式美ファンタジックシンフォニックメタル
プロジェクト
最新音源である!本作はとりあえずシングルではあるが通常の
シングルではなくオーケストラアレンジしたインストナンバーが2曲収録された
変則的な企画モノとなっておりレコーディング費用によってはチープさ満点の
代物
になりがちな所なれどそこは流石に心得ているのか実に大仰で壮大な、
リアルさのあるオーケストラサウンド
を聴かせてくれるぞ!

1曲目は早速の大仰なホーン系オーケストラが壮大さを放ちまるでファンタジー映画の
サントラ
が如きムードを演出、やがてストリングスがメロディーを奏で終始派手に
盛り上がるシンフォニックチューン
で2曲目もまたオーケストレーションが壮大かつ
壮麗なムード
を放つファンタジックなナンバーである!


バンドサウンドもヴォーカルも無いオーケストレーションのみのシングルだが
オーケストラサウンドも打ち込みながらチープさは無く実に壮大で大仰な、
まるでサントラのような雰囲気をバンバン放っておりインディーズ(同人)の
自主制作
でありながらも他のバンド、プロジェクトとの差をこれでもかと
言うほどに見せつけておる!次なる音源が非常に楽しみになってくる
次は是非ともフルレンスアルバムをリリースして頂きたいモノじゃて・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 77% お気に入り曲 全部







"Dreissig"




日本のファンタジック様式美シンフォニックメタルプロジェクトの3rdシングル。


前のシングル、そしてアルバムではうちがライナーノーツを書かせて頂いた、シーン屈指の
超絶クサメロ、シンフォニックアレンジを見せる実力派プロジェクトによる最新シングルである!
本作はどうやらイベント会場限定リリースのようで、ゲットするにはM3等に直接足を運ばねば
ならぬ
ようだが楽曲のクオリティーは相変わらずすこぶる高く、イベント限定が実に惜しい
クサメタラー歓喜の仕上がりとなっているぞ!

1曲目はイントロから早速の勇壮さ満点なクサクサギターが炸裂しオーケストレーションと
共に疾走!
得意のクワイアも顔を出しヴォーカルメロディーも過去作に漏れず実にクサい!
中盤顔を出すソプラノパート神聖さがありギターソロ、ヴァイオリンソロのバトルも
メロディアスでたまらんのう・・・!2曲目もまた大仰さ満点のオーケストレーション
バンドサウンド、クワイアがクサさを撒き散らし疾走!ストリングスが実に壮大だが
何気に目立つギターのオブリも印象的でサビは優雅な印象もあるな。ギターソロもまた
メロディアステクニックに走らない構築美を感じさせるぞ!


2曲のみのシングルでボリューム不足ではあるが、2曲共に凄まじいキラーチューンで
クサメタラー
ならばガッツポーズ間違い無しと言い切れるであろうクオリティーを
見せておる!つくづく店頭販売無しなのが惜しいのう・・・!次のアルバムで
リレコーディングでもすればさらに多くのリスナーの耳に届くじゃろうて・・・!
まぁ持ってる人間としては優越感を得られる1枚でもあるが(爆)、それはともかく
イベント会場に足を運んでゲットする価値のある1枚だと言えよう!




オフィシャルで見てみる





満足度 83% お気に入り曲 全部







"Auswahl"




日本のファンタジック様式美シンフォニックメタルプロジェクトの2ndアルバム。


過去のシングル、そして本作の前にリリースされた1stフルアルバムでうちが
恐れ多くもライナーノーツを書かせて頂いた、超実力派様式美シンフォニックメタル
プロジェクト
による通算2作目のフルアルバムである!異なる声質の女性シンガー
二人によるツインVo、フィメールクワイア
初期DARK MOORばりのクサメロ、大仰な
オーケストラアレンジ
を見せ疾走する様式美シンフォニックメタルサウンドは当然のように
本作でも健在、クサメタラーを徹底的に殺しにかかっておる!

1曲目は早速の大仰かつポジティヴなツインリードで幕を開けオーケストレーション、
フィメールクワイアと共に壮大に疾走!
メロディーも実にクサく劇的クワイア
舞っておるのう・・・!Roman so WardsのYui氏ゲストで参加したシンセソロ
ギターソロによるバトル様式美メタルのお約束実に熱い!2曲目はストロングさを
感じさせるへヴィ寄りのギター、ストリングス、クワイア
エピックメタル調の勇壮さ
放つ大仰なミドル曲だ!疾走に頼らずとも質の高さを見せる、必然性のあるミドル曲なのが
また良いな・・・!サビがまた凄まじいまでにクサく、バックのストリングス、チェンバロ系の
キラキラした音色
がたまらんわい!後半のピアノソロプログレ的な側面も見られフックになっているな。
3曲目は大仰なオーケストレーションを従えつつもバンドサウンドはどこかXっぽい雰囲気を感じさせ、
フィメールクワイアも顔を出し疾走では無いアップテンポで展開、ヴォーカルメロディーや
ストリングスアレンジ等
相変わらずクッサクサで、サビは疾走しメロディーがまた恐ろしくクサいぞ!
ギターソロ
メロディー重視のプレイだな。4曲目もイントロから早速の大仰なオーケストラ、
クワイアが聴け疾走!
ストリングスが勇壮に舞いつつも様式美メタルと言うよりはストレートな
メロパワ、メロスピに接近した
ような感じだが、このクワイアのクサさは紛れも無くシンフォメタルよ!
ギターソロ
もまた構築されたクサメロを見せておるわい!5曲目はうって変わってメロウな叙情性
醸し出しアコギ、ストリングス、ピアノが哀愁を放つ穏やかなバラードで、やはりメロディーは
クサさがありクワイアの使い方もツボを心得ておるな・・・!6曲目はまたイントロから
大仰さ満点のクサさ漂うギター、オーケストレーション
が聴け疾走開始!勇壮さ満点の劇的極まりない
エピック様式美シンフォニックメロスピ
クワイア、ヴォーカル、ギター、オーケストラの
全てがあまりにもクサい!
ソロパートではヴァイオリンソロギターソロバトルを見せ
この様式美要素満点の展開がたまらんなぁ・・・!その後のTHY MAJESTIEを思わせる
エピカルなパート
もまたクサいのう!ラストのギターソロもツボ押さえ過ぎだ!(爆)


本作もまたクサい!クサ過ぎる仕上がりである!時にエピカルな壮麗さを放つ大仰極まり無い
ストリングスオーケストレーション、
華麗に舞うフィメールクワイア、確かな歌唱力で歌われる
ありきたりなアニソン、J-POPメロでも歌謡曲メロでも無い、初期DARK MOOR直系様式美的フックに
満ち溢れた中世ムード漂うクラシカルなクサメロ!
近代ジャパメタのクサさを継承しつつも
かつてのメロスピ、クサメタルブーム時代を思わせるメロディーセンスがツボじゃわい!
全6曲だが1曲1曲のボリュームが濃く、ありがちな30分に満たないミニアルバムとは
一線を画している
のも魅力だな。HM/HR史上最高レベルのクサメロバンドを擁している
近代同人メタルシーンだが、Resoneciaはそんな中でもやはりクサさにおいてはトップクラスの
クオリティーを備えていると言えよう!
唯一の弱点はやはりプロダクション・・・ギターの
軽さ、薄さ
だろうな・・・!ギタープレイもこれでIRON氏やKOUTA氏のような泣きのエモーション
身に付いたらもう無敵になるだろうが、流石にそれは高望みだろうか!?




オフィシャルで見てみる





満足度 89% お気に入り曲 全部







"Erbschaft"




日本のファンタジック様式美シンフォニックメタルプロジェクトの3rdアルバム。


シーンに姿を現してからあっという間にトップクラスの存在に上り詰めた
超実力派シンフォニックメタルプロジェクト
による通算3作目のフルアルバムである!
本作も我らクサメタラーの期待を裏切る事の無い、得意の勇壮さ、大仰さ溢れる
エピック的な様式美系のクサメロ
をこれでもかと言う程連発!さらに今回新機軸としてコンポーザーである
音冶氏自らによるリードヴォーカル曲
も収録されているぞ!

1曲目は出だしから早速クサさ漂う勇壮なリードギターが登場!エピックメタル的な
空気
も醸し出しクワイアも炸裂し疾走!音は軽いが何気にギターリフ切れのある
バッキング
を刻んでおりソプラノVoインパクトを放っているのう・・・!
ギターソロも長めの構成構築されたクサメロを奏でておりツボを突いておる!ラストの
ツインリード
もまた相当なクサさを放っており実に強烈だな・・・!2曲目もまた相当に大仰な
オーケストレーション
が登場、ホーン系の音色も顔を出しこれまたクワイアと共に疾走!
ヴォーカルのバックで聴けるオーケストラのオブリも印象的で、ギターソロもやはりメロディーを
重視したプレイ
に徹しておりそのメロディーがまたクサいのう・・・!3曲目はメロウなピアノ
幕を開けるもすぐに大仰なオーケストレーションが炸裂、非疾走のミドルチューンだが
やはりエピック的な勇壮さが感じられクサさはしかとあるぞ!途中一瞬聴けるクワイアが
本格的なムード
を放っており、ギターソロも哀愁漂うメロディーを奏でているな。4曲目はヴァイオリンの音色が
メランコリックな空気を演出、その後はこれまた勇壮さ満点のリードギターが顔を出し
オーケストラと共に疾走!得意のクワイアも聴けメロディーもまたエピカルかつ
哀愁
も感じさせてくれるのう・・・!中盤はヴァイオリンソロに続きギターソロも顔を出しやはり泣きの
メロディー
を披露しておる!5曲目はチェンバロ、オルガンで幕を開けオーケストラと共にちょいと
ダークな印象を放つギター
も登場、これまたミドル曲だがどこかゴシカルな様式美ムードを感じさせ、
美麗なクワイアも顔を出しやはりドラマティックでクサいのう・・・!サビはテンポアップするぞ。
6曲目はどこか優雅なストリングスリフ、ギターに始まりキラキラ系チェンバロと共に疾走!
まさしくメロスピ、クサメタルな空気を醸し出し、その後は何とコンポーザーの音冶氏による
リードヴォーカルも顔を出し
まるまる1曲歌い切っておる!低音寄りのヴィジュアル系声質
高音は若干苦しそうだが未熟さを感じさせずキッチリと歌えておりいい仕事をしておる!
これからもちょくちょくリードVoを披露男女ツインVoにするのも面白そうだな・・・!
7曲目はまた大仰なオーケストレーション、バンドサウンドが顔を出しクワイアも炸裂!
これまたエピックメタル的勇壮さを醸し出しヴォーカルメロも当然のようにクサいぞ!
中盤のヴォーカルがまたクサさを見せており、ギターソロもドラマティックなクサメロを奏でておる!


本作も安定したクオリティーの高さで、大仰なオーケストレーション、クワイアに
凄まじくクサいメロディー
を乗せて疾走しまくる、一切の奇をてらわない超劇的
ドラマティック・シンフォニッククサメタル振り
を見せ付けまくっておるわい!
よくあるアニソン、J-POP系でも無ければ歌謡曲系でも無い様式美系のクラシカルで
大仰なクサさ
がまさしく俺のツボで、よくある民謡ファンタジーでは無くあくまでも
エピックメタル的な勇壮さがメイン
なのもまた俺のツボである!1曲1曲が長いのも何気に持ち味だな。
やはり欠点は音の軽さだろうか・・・!メロディーのインパクトでは前作のほうが強かったが
音冶氏のヴォーカルマンネリ防止に良き役割を見せており、今後もちょくちょくと導入し
作風を広げてみる
のも面白そうだな・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 86% お気に入り曲 全部







"無垢き暴書の黙示行動"




日本のファンタジック様式美シンフォニックメタルプロジェクトの4thシングル。


異なる声質のツイン女性Voによるクワイアワークエピック系様式美タイプの
豊潤極まりないクサメロ
シーンのトップに躍り出た、クサメタラー歓喜の超実力派
プロジェクト
による2曲入りの最新シングルである!初期RHAPSODY初期DARK MOOR
彷彿とさせるクサさ満点のシンフォニックメタルが基本形ではあるが、本作はちょいと
実験的なスタイル
を見せており、バンドサウンドは使わずオーケストラアレンジのみで
大仰なエピック系のクサさ
を放っているぞ!

1曲目は早速の大仰なオーケストレーション、クワイアに始まり勇壮さを演出、実に劇的で
クサさも十分
だが、バンドサウンドはあえて使わずオーケストラと女性Voのみのアレンジで
サウンドトラック的なムードも醸し出されているな・・・!2曲目もエピックメタル直系劇的かつ
勇壮なオーケストレーション
スペクタクルムービー的なシアトリカルさを演出、
1曲目以上に勇壮さが漂っており映画を観ているかのような錯覚を覚えるわい!
中盤以降のヴァイオリン、ピアノも印象的だな。


バンドサウンドは使わずオーケストラのみで大仰さを放つ手法は以前同じように
シングルでやった経歴があるが、今回はヴォーカル入りのアレンジとなっており
メロディーラインオーケストレーションの質感非HM/HRながらもこれまでの
キラーチューンと大差無いクサさ、盛り上がりを見せており実に熱い!
彼等にはこの手の劇判サントラの依頼も来そうな気がするが、日本の映画じゃ
このスケールに匹敵するモンは撮れん
じゃろうて・・・!黒澤明の死後
日本映画は存在しないも同然じゃ!(爆)





オフィシャルで見てみる





満足度 77% お気に入り曲 全部







"Traum"




日本のファンタジック様式美シンフォニックメタルプロジェクトの4thアルバム。


かつてのRHAPSODYエリサ時代のDARK MOOR、FAIRYLANDの1stを思わせる、よくある
アニソンメタル、歌謡メタル
では無く本格的なエピックメタル要素を感じさせる、激クサ
様式美シンフォニックメタル
をプレイする超実力派プロジェクトである!活動するシーンこそ
同人音楽界隈ではあるが、所謂「同人方面にも足を伸ばすメタルバンド」では無く、
「同人音楽界隈から登場したメタルプロジェクト」の中では頂点に位置するであろう
クオリティーを誇っており、
本作もまた過去作同様大仰さ満点のオーケストレーション、
クワイア
を纏い媚びないクサメロを連発する高水準のエピック・シンフォニックメタルだが、
今回ギターサウンドがよりメタリックさを増した印象があり軽さが少しずつ減退しているだろうか!?

1曲目は早速の大仰なストリングスシンセにちょいモダン寄りな印象も感じさせる
ギター、ベース等バンドサウンド
も登場、ホーン系の音色エピックメタルな空気
放っており、ミドルテンポで展開する非疾走チューンでありながらも実に勇壮でクサく、
サビで満を持して疾走するぞ!
ギターソロもメロディー重視ツインリードもまた
ツボを突いておる
のう・・・!2曲目もまた勇壮で大仰なストリングス、クワイアが聴けエピカルで
ヒロイックなムード
を演出、女性Voも低めのキーで歌っておりシリアスさの演出に一役買っているのう!
サビもまた相当にクサく様式美系のメロディーラインなのがたまらんなぁ・・・!一瞬ベースが目立ち
ギターソロ
はこれまたメロディー重視で、ピアノも顔を出しドラマティックさを見せているな。
3曲目はストリングスフィメールクワイアが乗りこれまた疾走しないがクサさは据え置きで、
サビで疾走強烈なクサメロを聴かせてくれるぞ!これまたメロディー重視のギターソロも聴け
エモーショナルなタッチが身に付きつつあるか!?4曲目はよりシリアスなムードを放ち疾走!
まぁ全体的に爆走しているわけでは無いんだが、まさしくヒロイック・エピックメタルな
空気
をこれでもかと言う程放っており、サビで再び疾走期待を裏切らぬ壮絶極まりない
クサメロ
を連発するぞ!その後のタンゴ的な3連リズムも印象的じゃのう・・・!ハモリのギターソロも
かなり熱いぞ!
5曲目はピアノがリリカルさを放ちちょいと異なるムードを見せつつも、
アップテンポで展開しヴォーカルメロディーは歌謡曲風な部分もあるが、ストリングス等
やはり勇壮さもしかとあるぞ!
ギターソロもメロディアスさがあり構築美を感じさせるわい!
6曲目はギターが大仰さを放ち泣きのリードギターと共にクサく疾走!ギターが目立っている分
メロパワ的な印象もあるがクワイア、ストリングスも目立ちシンフォニックメタルとしての
アピール
も忘れない、本作唯一と言える本格的な疾走チューンである!サビもまた恐ろしくクサいな・・・!


今回意外と非疾走曲が目立っておりミドル〜アップテンポで展開しているんだが、
クサさや大仰さが薄れる事は一切無く、むしろ疾走しないが故の勇壮さ、ヒロイックさ
強調されており「疾走してなきゃヤダ!」みたいなワガママリスナー以外であれば
本作でも過去作同様の興奮が得られるであろう!ギターサウンドの変化がより正統派に
接近した空気
も感じさせ、クサメタルから広い意味でのHM/HR要素も見られるだろうか!?
ヴォーカルメロディーがさらにクサさ、フックを増したのも特筆すべき点である!




オフィシャルで見てみる





満足度 87% お気に入り曲 全部







"Sirene"




日本のファンタジック様式美シンフォニックメタルプロジェクトの5thシングル。


在り来たりなポップス、アニソン系メロディーが跳梁跋扈する中、ある意味最も
HM/HRらしい勇壮でエピックなクサメロを持った激クサシンフォニックメタルを
プレイする超・実力派プロジェクト
による久々の音源である!同人メタルが
斜陽の時代、出せば出す程売れる、カネになる大量生産で消費されまくっていた
バブリーなあの頃とは異なり、各ユニット、プロジェクトが皆慎重に音源を
リリースするようになって来たが、
彼らも例に漏れず久々にリリースされた1枚である!
非疾走チューンも最近は目立ち始めて来た感があるが、本作は判り易く疾走しており
お馴染みの激クサオーケストレーション、クワイアも健在で強烈なクサさを
存分に放ちまくっているぞ!


1曲目は早速のクサさ、勇壮さ溢れるリードギターに始まり疾走!Dragon Guardian
通じる雰囲気もあり大仰なオーケストレーションも目立ち、クワイアも壮麗さ、荘厳さを
演出しており
中盤以降のヴァイオリンソロもたまらんわい!2曲目もまた勇壮さを放つ
リードギター
が聴けるクッサイ疾走チューンで、ストリングスが目立ちギターソロも
メロディー重視な姿勢があるのう・・・!


待ってましたの待望のニューシングルは我等クサメタラーの期待を何ら裏切らない、
いつも通りの強烈なクサさ
を発散しまくる勇壮でエピカルなシンフォニックメタル、
メロスピ
をしかと踏襲しており問答無用でガッツポーズ出来る仕上がりとなっておる!
同人音楽が廃れて久しい今の時勢、新人にもなかなか期待出来ない現状だが
彼等は今後も安泰じゃろう!次なるフルアルバムも楽しみだな・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 83% お気に入り曲 全部







"Schmied"




日本のファンタジック様式美シンフォニックメタルプロジェクトによる6thシングル。


かつてあれ程浮かれまくっていた同人音楽バブルが見事に弾け、年に何枚も
音源をリリースするようなクレイジーなペース
は見る影も無くなり、ある意味
正常運行と言えそうなペースが定着、彼等Resoneciaも音源リリースのペースが
明らかにダウンし、
本作はシングルながら前回より1年振りのリリースと
やはりペースはスローになっているが、
音楽的には過去作と変わらぬクサさ、
大仰さ
に満ち溢れたシンフォニックなメロスピ、クサメタルとなっており
極めて安定した仕上がりになっているのう・・・!

1曲目から早速得意のクサいギター、オーケストレーションが聴け疾走!
いかにもなクサメタルっぷりを変わらず発散しておりギターソロもなかなかに
構築されているな。
2曲目はリードギターが目立ち正統派に接近した空気があり、
軽快なノリも見られるアップテンポで展開、クワイアも顔を出し
ヴァイオリンの音色
も聴けるぞ。3、4曲目はシークレット扱いで、前者はストリングスと共に
軽快さが見られ、珍しく音冶氏によるV系ライクなVoが登場!後者は大仰さ漂う
ストリングス、オーケストレーションが聴けるサントラ的な曲だな。


活動ペースは落ちたがサウンド自体は過去作と何ら変わらぬ、ファンタジックで
様式美ライクな大仰さ、クサさ
に満ち溢れた劇クサシンフォニックメロスピ
これまでResoneciaを追い続けてきたクサメタラーが求める要素全てが何ら
変わらぬ形
で詰め込まれておる!まぁ音の軽さ、ギターの無機質さも特に
代わり映えはしないんだが、この安定のクサさ、テンションの高さの前では
些細な問題だな。同人音楽の失敗は異様なペースの速さによるマンネリ化も
大きい
んで、今のペースが何だかんだで飽きられずに生き残る秘訣かもな・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 80% お気に入り曲 Schmied







もどる


inserted by FC2 system