Reinforce







"Deus Ex Machina"




日本のギタリスト率いる正統派メタルバンドの1stミニアルバム。


彼らに関するデータが少ないので詳しい事は判らんが
主にネット上で活動しさまざまなギタープレイを
披露し好評を博しているギタリスト率いるバンドの
6曲入りミニアルバムで、音楽的には女性ヴォーカル
擁した王道を行く正統派のパワーメタル歌謡曲/アニソンに
通じるキャッチーなメロディー
を取り入れたスタイルだと
言えるだろう!ベース、ドラムも生人間のプレイが聴けるという
点でもメタラーには有難い事だな。演奏面も滅茶苦茶上手いと
言うわけでは無いが音源聴く限りではタイトに纏まっているぞ!

1曲目はガツンとくる本格派のメタルリフで幕を開け疾走、
上手くは無いがパワフルなスタイルの媚びない女性Voが登場し
途中加工された声も聴けつつキャッチーさを撒き散らしながら
展開、ギターソロもドラマティックでベースとのユニゾンも
聴けるぞ!2曲目はアメリカンメタル風の明るめのリフ
聴けベースも目立ちアップテンポでギターソロはタッピング
駆使した熱いフレーズである!3曲目はソフトな歌い方
ヴォーカルが聴けるメロウさが演出されたスローテンポの
パワーバラード。メロディーがクサくて良いのう・・・!4曲目は
3曲目と対を成す曲同じメロディー、フレーズを持っている
こっちは疾走チューンでギターがクラシカルにピロピロと
シーケンスフレーズを弾く
待ってましたの疾走メロパワである!
リフは若干モダンなエクストリームメタル要素がありこの手の
メタルにしてはベースもキチンと目立っているのが良いな。サビでは
なぜかデスVoもバックで登場!これは別にいらんかのう・・・!?
ギターソロはメロディー重視泣きのフレーズを聴かせてくれるぞ!
5曲目もギターがイントロで目立ちアップテンポで突き進み
勇壮なフレーズを聴かせてくれるパワーメタルだ!インストパートは
各楽器がなかなかにテクニカルな絡みを見せるぞ。6曲目は
叙情的なメロディーラインを持ったミドル〜アップテンポのメタルで
ギターソロ後はドラム、ベースの出番となりギターが引っ込むのも
なかなか面白いな。ラストはヴォーカルが半音上がるのもお約束でたまらん!(笑)


プロダクションこそ多少の自主制作っぽさを感じさせるも
実にタイトでベース、ドラムもあまり上手いとは
言えない
のだが全て人間がプレイしている辺りもこのシーンでは
非常に珍しくどこからどう聴いても正統派パワーメタルである!
ギタリストのバンドだけに華麗に舞うギターソロも聴き所だが
それ以外でも終始ギターがリフやらオブリやらで自己主張しており
ギターアルバムとしても十分楽しめる曲つくりが施されているな。
女性ヴォーカルが日本語で歌うという点を
受け入れられるのであれば普通に本格志向のメタラーに
オススメできる
1枚だな・・・!CD-Rだがちゃんとプレスして・・・
まぁしなくても大丈夫だが是非ともディスクユニオン、
ディスクへヴン辺りに置いてもらいたい
もんじゃ・・・!









満足度 84% お気に入り曲 全部。特に“鋼鉄の女神”、
“Everlasting”、“TRUEEND”







もどる


inserted by FC2 system