ROACH







"No Reason in the Pit"




沖縄出身のハードコアバンドによるミニアルバム。


米軍相手にライヴで鍛えられた沖縄出身のハードコアバンドで、メタル、ラウド系の
バンドらと対バンを行ってきたキャリアがあり
その音楽性はハードコアではあるが
イマドキのバンドらしくメタルコア、エクストリームメタル要素が強くそこまで
ゴリゴリと言う訳では無いがメタリックさはしかとありヴォーカルもクリーンVoは
沖縄らしい土着要素を見せつつもキャッチーなメロディーを歌うがシャウト、咆哮系の
デスVo
も普通に飛び出しビートダウンも当たり前のように顔を出すぞ!ちなみに
ハードコアバンドでありながらムック・・・いやMUCCのMiyaギルガメッシュの左迅
ゲストで参加している他本作には5曲分のライヴ映像が収録されたDVDも付属している。

1曲目はハードコアバンドでありながらも何故かヒップホップ的な気だるい
ルーズさを見せるデジタルサウンド
によるイントロビビらされるが続く2曲目は
それなりにハードな音作りのバンドサウンドが聴けるもメタリックと言う程では無く
かといって爆走しまくりでも無い、意外と落ち着きのあるメロディアスな曲調
途中ビートダウンも聴けるがサビはキャッチーじゃのう・・・!中盤では沖縄らしい
土着性のあるメロディー
も歌われ一応はデスVoと呼べなくも無い咆哮系のシャウト
部分的に顔を出すがホンマモンのメタル・・・メタルコアでは無いので弱めだな。
3曲目はメタルコア色濃い疾走感を見せヴォーカルもハードコアらしいシャウトや
咆哮を披露、
音作り自体はゴリゴリと言う訳ではないがなかなかにメタリックだな。
サビはテンポダウンクリーンVoでやはりキャッチーなメロを歌うぞ。中盤は
ビートダウンになるのう・・・!4曲目は軽めのノリになりユルさを見せここら辺は
オールドスクールなパンク/ハードコアっぽいルーズさだな。シンガロングはメロコアに
近い感じ
である!中盤ではエモ、スクリーモ的な音作りのギターソロらしきパート
一応は聴けるぞ。5曲目もまたメロコア的なライトさを見せるアップテンポ曲だが
一応はメタルコアらしい部分がありシャウトも聴けるぞ。6曲目はスローテンポで
どこか退廃的なギターサウンド
が聴けヴォーカルは沖縄要素の強い土着メロディーを歌い
出自を強く感じさせる
のう・・・!歌い回しの節々がまさに琉球である!7曲目は
クリーンギターがメロウさを放った後モロにメタルコアなリフと共にブラストで疾走!
ヴォーカルも気合の入った咆哮デスVoを披露し硬派さを見せるがサビは
例によって沖縄ライクな節回しのクリーンVo明るくキャッチーなメロを歌うぞ。
中盤も例によってビートダウンになり高音絶叫もなかなか熱いがその後はスカっぽいリズム
軽快さを出し明るいサビに繋がるのう・・・!8曲目は退廃的なヘヴィサウンドが聴け
焦燥感を放つもその後はメロコア寄りのムードを醸し出すぞ。


ハードコアバンドだが80年代のパンク/ハードコアバンドとは異なりイマドキの
エクストリームメタル要素
が強くメタルコア好きのメタラーでも普通に聴けそうだが
やはりホンマモンのメタルコア、デスコアと比べるとサウンドは相当に軽くライトで
パンク直系のユルさ
も残っておりメタラー的にはこの辺が評価の分かれ所であろう・・・!
ギターソロの類も殆ど無いしな。メロコア色濃い部分も目立ちやはり
メタラーにはあまりオススメ出来ないだろうか!?




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 72% お気に入り曲 MY FRIENDS FOREVER  Be hardcore in Kin Town







もどる


inserted by FC2 system