RIGHT TO THE VOID







"Light Of The Fallen Gods"




フランス出身のメロディックデスメタルバンドによる2ndアルバム。


2010年に初のEPをリリースし、その後デビューアルバムも世に出し本作は
それに続く通産2作目のフルアルバムとなっている。音楽的にはメロデスが
基本となっているが、
昔ながらの慟哭系では無く今風のソリッドさ、ヘヴィさ
身に着けており、デスラッシュの突進力やブラックメタル的な禍々しさを見せ、
ヴォーカルは高音喚きシャウト、低音グロウルの双方を聴かせてくれるぞ。

1曲目は早速の叙情的なギターで幕を開け、その後はデスラッシュ的なテンションの
高さを放ち勢い良く疾走!
ギターソロは意外にも泣きを見せているのう・・・!
2曲目はブラストも交えこれまたハイテンションな疾走感を放ち、ギターワークも
細かい叙情性があるな。3曲目はさらに叙情的なギターが目立ち、勢いがありつつ
ミドルパートも見られるぞ。4曲目は叙情ギターに始まりこれまた勢い良く疾走し、
絶叫Voがまたハイテンションじゃのう・・・!5曲目は細かいアンサンブルでメカニカルな
ムード
を醸し出す、テクニカルな印象の強い曲だがやはり疾走しており、
ブラスト
も聴けるぞ。6曲目はクリーンギターが穏やかさを放ち、中盤からヘヴィになるインスト
7曲目は重厚な禍々しさを放ち、一部ブラストも聴けるが基本はスローテンポで展開、
8曲目は早速のブラスト禍々しさを演出するが、ミドルテンポのパートも目立ち
9曲目はテクニカル寄り勢いある疾走チューンとなるぞ!10曲目もまたかなりの
テンションの高さが印象的な疾走曲だが、ヘヴィなテンポダウンも見られるのう・・・!
ギターソロはやけにメロディアスで泣きを重視しているな。


デスラッシュ的なテンションの高さ、今風のソリッドなヘヴィさ、タイトさを見せる
メロディックデスで、かなりの勢いがあり近代的なエクストリームメタルとしても
十分に楽しめるんだが、そこはメロデスだけあってギターフレーズには叙情性があり、
ソロなんかこの手のアグレッシヴなメタルにおいて意外とメロディー重視の泣き
見せておりそこがまた聴き所になっているな・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 83% お気に入り曲 Swallow's Flight  Death Circles
The Sun of the Leaving Ones  Origins of a New World  This Is Our Time







もどる


inserted by FC2 system