RIDDIM SAUNTER







"DAYS LEAD"




日本のシンフォニックオルタナポップパンクバンドのアルバム。


FUJI ROCKSUMMER SONIC等に出演した経歴のあるバンドで、メンバーにトランペットプレイヤー
いるのが他と違う大きな特徴のようだ・・・。他のアルバムは知らず彼等の事はよく判らん
本作は明るくポップな要素の強いオルタナ系の軽い音作り生のストリングスや
ホーン、パーカッション
等を取り入れクラシック他ジャンルとの融合を図ったのかどうかは
知らんがただの明るい軟弱ポップロックに陥る寸前で踏みとどまるかのようなエモさ、
叙情性、ドラマティックさ
を感じさせる風変わりなアレンジが施されており思ったほど
悪い印象が無いのが良いな・・・!近いタイプだとくるりの“ワルツを踊れ”
ELECTRIC LIGHT ORCHESTRAが挙げられるかも知れん・・・!?ちなみに本作はジャケだけ
別売りで数種類ある
とか、よう判らん売り方がされている(爆)。

1曲目は早速の弦楽アンサンブルで明るく穏やかかつ室内楽的な格調高さを感じさせ
好印象じゃのう!2曲目は軽やかなギターのカッティングが軽快さを出しつつも
ストリングスやフルートがクラシカルさを演出しパーカッションもバックで鳴り
曲調自体は明るめのポップな叙情オルタナだがそこに多種多様な楽器が
隙間を埋め
よくあるスカスカさが無いのは良いな・・・!3曲目もポップで明るい
印象
が強くホーンも登場しハッピーなムードが漂っているがその中でストリングスが
ドラマティックさを放っており
パーカッションもポコポコ鳴りエモさも感じさせるのう!
4曲目はどこか南国っぽいムードを感じさせるミドル曲だがメロディーに微かな叙情性があり
ストリングスも顔を出しただの能天気マヌケポップとは異なる空気を醸し出しているな・・・!
5曲目はホーンやら何やらが異様に明るいムードを出しパンク的な疾走感が放たれる軽快で
ノリの良いファストチューン
だ!6曲目はアコーディオンホーンが自己主張しヴォーカル等に
ポップパンク、メロコア的なノリを感じさせる明るい曲。後半で短いながらパンク的な
疾走パート
も登場する!7曲目は加工されたギターの音色が聴けフルートがリードメロディーを
奏でる曲。途中でうねる電子音も顔を出しダンサブルなムードもありインストかと思いきや途中から
ファルセットのコーラスが登場するぞ。8曲目はピアノ、アコギのストロークが聴けるポップ
空気漂うおもちゃ箱のような曲でバックの部分部分で聴けるストリングスがやはり良いな・・・!
9曲目は軽快さのあるアップテンポ曲でコーラス、ファルセットを多用したヴォーカルが
美麗エモ的な風情を醸し出しつつもやはり曲調は明るくホーンや南国ライクな音色も顔を出し
メロディーもなかなかに悪くないな。10曲目はどこかクリスマスをイメージさせる華やかかつ
叙情的なムード
があり明るさは勿論あるが本作の中では最もエモーショナルな雰囲気を放っており
ストリングスもまるでディズニー映画のようだ・・・!11曲目はトランペットで始まりストリングスも
登場、華やかなポップさに満ちており明るさの中に冬のようなイメージを想起させる
これまたディズニーライクなムード漂う良曲だ!なぜかラストでヘナチョコな絶叫も登場し
自身のルーツがパンクである事を主張するかのようだ(笑)。12曲目は穏やかなシンセ、アコギ、
トランペットにストリングス
が聴けるアウトロ的なインスト。


楽曲自体はただ明るいだけのポップオルタナなんだがそこに格調高く優雅な生ストリングス
覆いかぶさりその結果軟弱セルアウトポップスに成り下がるのをギリギリで食い止め叙情的で
ドラマティックなムード
を放つ事に成功しており非常に危うい線だが雑食派のメタラーや
プログレッシャー
もまだ聴けるラインで踏みとどまっていると言えるかもな・・・!ギターの音が
全然聴こえない
ベースが目立っており曲によってはパンク的な疾走感を醸し出すのも大きな特徴だ。
案外このアレンジセンスはかなりのスグレモノなのかも知れんのう!?他のアルバムは判らんが
本作はシンフォニックオルタナポップとしてマニアックなリスナーも楽しめる
可能性を持った何気に高いポテンシャルを秘めた知られざる1枚である!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 77% お気に入り曲 Dedicated To You -Prologue-、Sweet & Still、The Moon At Dawn、
Waltz Of The Twins、What Comes After The Parade







もどる


inserted by FC2 system